芸能人の彼 恋愛小説

スポンサーリンク

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 >>ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪ >>芸能人の彼 恋愛小説

芸能人の彼 恋愛小説

『君がため惜しからざりし命さえ長くもがなと思ひけるかな』

「……綺麗な声」

午前十一時。

其大学校内で思わず聞き惚れてしまったその声に、現在バイトの配達でこの場所に訪れたフリーターの菱谷忍(23)は思わず足を止めてしまっていた。

今はまだ仕事の最中だと云うのにその声をいつまでも聞いてしまいたい、と思っていればバイト仲間に「早く」と急かされる。

無事に管理室へと注文の品を渡せば忍はもう一度聞きたいと先程の場所を通りかかるも、もうその声の主は居なかった。

「あーあ、もう一回聞きたかったのにな?」

「そんなに?私はなんとも思わなかったよ」

職場へと戻れば忍の頭には未だにあの声がリピートされている。

思わず足を止めてしまう程に惹きつけられたあの声ーー何故他の人は何も思わないのか。

そんな事を思っていれば、椅子に座っている忍の隣にバイト仲間も腰をおろし、ニヤニヤと口元に笑みを作っては顔を覗き込んできた。

「菱谷さん、もしかして一目惚れ?」

「は?何言ってんですか、第一、声しか聞いてないのに」

「だって?、帰ってきてからずーっとぼーっとしてるし」

自分と同性でひと回りも上の彼女は、噂話が欲しいのか忍の返答を期待している。

「ただ、本当に声が素敵だっただけですよ……」

「そう〜?でも菱谷さんずっと彼氏いないって言ってたしそろそろ作ったら〜?」

彼女の言う通り周りの同級生達は皆んな、彼氏がいたり早ければ結婚していたり。自分だけが取り残されている気がして、度々忍はそんな事が頭にあった。

かと言って、今までそんな機会はなかなかなく今の年齢まで引きずってしまったのである。

「お疲れ様です」

夕刻になればタイムカードを切り職場を後にする。

昼間は某チェーン店の飲食バイト、夜からは介護の夜勤の仕事。

高校を卒業後大学には進学せず就職を選んだのには特に理由はないが、今のうちに貯金を貯める為寝不足覚悟で掛け持ちして働いている。そんな遊ぶ時間のない私生活も原因なのか、昼間話題にでた様に色恋沙汰には縁がない。

「今日は夜勤休みだし、DVDでも借りて帰ろうかな」

自宅までの帰り道にあるレンタル屋が視界に入り、暇潰しに、とDVDを借りる事に。

店内へと足を踏み入れれば何を鑑賞するか決まっている訳でもなく店内をフラフラと模索する。すると、大きな垂れ幕が目に入りそこには偶然にも百人一首を主題にしたドラマの宣伝が書いてあった。

今日はなんだか百人一首関連に良く遭遇するな、と思い試しに、とそのDVDを借りようと手を伸ばせば、他にも同じ考えの人が居たのか手と手がぶつかった。

「すみません!」

と、すぐ謝罪を口にしてパッとその人物に視界を移せば凄く不愛想な顔で何も口にしない長身の男が忍にただただ視線を向けていた。

なんだかとっつきにくい人だなと、とりあえずDVDを譲るもやはり終始無言で内心感じ悪い、と思って見ていれば睨まれてしまう。慌てて視線を逸らせばそのままその男は早々に立ち去って行った。

「こっちが謝ったっていうのに……本当感じ悪いんだから!」

たったこの少しの出来事で気分を害してしまい、DVDを借りる気になれず帰宅する事にした。

「……それにしても、態度は悪かったけど顔はまぁまぁ男前だったな」

ついさっきまでは苛々が募っていた筈なのに、帰宅し数時間経てばそんな現金な事を忍は思っていた。

「……嘘、あの人」

いつも通り昼間のバイトが終われば、夜勤勤務の職場に出勤する。

すると、つい先日レンタル屋で遭遇したあの無愛想な男が介護施設のロビーの待合室のソファに座っていた。

スーツを着用しているのを見る限り会社員なのであろう。きっと男は忍の事は覚えてもいないのか、そこまで広くない建物の中で目が合うも何も反応はない。

「利用者の方の身内かな……」

世間は狭いな、そんな事を思いつつ忍は仕事に戻る。

それからいつも通り何事も無く朝を迎えれば帰宅時間がやってきた。

もう数年働いていると言ってもやはり、夜勤勤務は過酷なもので身体の節々が叫びをあげている。

お疲れ様でした、と職場を出れば建物の前にはあれから長時間経過したにも関わらずロビーにいたあの男が立っていた。

スポンサーリンク

もしかしてずっとこの周辺に居たのか、と思えば少し怪しくも見えて思わず声をかけてしまう。

「あのー、昨日の夜ロビーにいた方ですよね?」

敢えてここはレンタル屋の事は抜きにして問いかける。するとその男は忍を見ては驚いた顔をしている。突然声をかけたから吃驚したのだろう、と思ったがそうではなかったらしく、男は初めて口を開いた。

「俺を知らないのか?」

「え?は?……ご存知ないですけど」

(あれ、この声)

初めて出会った筈なのに男のこの声になんだか聞き覚えがある。けれど直ぐには思い出せない。

「……なら、良い」

「そうですか、……っじゃなくて、昨日の晩からずっとこの辺りに居たんですか?少し不審に思ったので声をかけさせてもらったんです」

「不審?俺が?」

「……はい」

直球で言葉を伝えたからか、あからさまに表情が強張った。けれどこの職場で働いている以上危険があれば対応しなければならない。

「……俺は今日この施設の中で仕事があるだけだ。それと昨日は挨拶に来た」

もっと噛み付いてくるかと思えば案外素直なもので、用件を淡々と述べている。それから忍の上司の名刺を見せられれば納得がついた。

「そうだったんですね。分かりました、私が勘違いしてしまい申し訳ないです」

さっ、と頭を下げて立ち去ろうとすれば腕を掴まれる。やはり疑った事に怒っているのか、と少し警戒すればどうやらそれは違ったーーー。

「俺を知らないのなら少し頼みたい事がある」

「は?……いきなり、なんです」

「婚約者のふりをして欲しい」

「はぁあ!?婚約者!」

思わず大声を出してしまえば、耳を塞いだ男が眉間に皺を寄せている。

「俺を知っている奴じゃ面倒くさい事が起きるからアンタなら変な心配をしなくて済む」

「……お断りします。やっぱり、怪しいし」

「駄目だ」

「駄目だってあなた何様のつもり!?」

得体の知れない人間の訳の分からない話なんかついていけない、と断るも驚く事にそれを拒否されてしまう。お互い殆ど今日初めて会ったに等しいと言うのに、この男は一体なんなのか、と忍は春野の手を振り解こうとする。けれど、力が強すぎて抵抗できない。

「記者会見で俺が言った事をただ隣で頷いてるだけでいいから」

「記者会見!?……って事はあなた芸能人とかなんか?」

「一応な。アンタテレビ見ないのか」

「いや見るのは見るけど芸能人に興味ないし」

「なら決まりだな」

「は?って……ちょっと!どこ行くんですかっ!」

「会見会場」

「はぁああ!?」

夜勤明けだというのに訳の分からない事に巻き込まれてしまい、まだ頭がついていけない。

話を詳しく聞けばどうやら春野は芸能界で何やらスキャンダルに巻き込まれてしまい、その件を解決させるにはメディアの前で婚約者がいる事を証明しなければならないらしい。

けれど口裏を合わせてくれる、なかなか都合のつく一般女性が見つからなかったらしく忍の上司と友人であった春野が頼み込んでいたらしい。仕事と先程は言っていたがそうではなかったみたいだ。

上司の友人だ、という事で少しは警戒心を解いた忍だったが疲れがどっと襲ってきた為眠くて仕方ない。

春野の愛車の助手席でうとうとと眠ってしまいそうになっていれば、ずっと無愛想で無表情だった春野が突然笑い出した。突然の笑い声にぱちっと目を覚ませば、それを見てまた笑っている。

「なんです?」

「ふっ、いや……俺見て騒がない女は初めてだったうえに、眠りこけてるなんて面白くて」

「はぁ!?馬鹿にしてるでしょ、私の事」

「馬鹿にはしてないけど、面白いんだって」

「ったく」

それから他愛も無い会話が車内で暫く続いていれば、あっという間に会場に辿りついた。

外観といい内観といい大きくて広い空間に、芸能人っていうのは本当だったのか、と忍は改めて理解したのだった。

スポンサーリンク

「……案外、芸能人って苦労するんですね」

「ああ、色々とな」

数十人以上余裕で入るだろうと思えるくらいの広さの中で予定していた会見が行われ約一時間以上の質問を迫られた。

それが無事終了すれば、用意されていた控え室で忍は項垂れた。

「後、春野さんって有名なんですね」

「そこそこにな」

「へー、自分で口にできるって事は本当なんですね」

「当たり前だろう」

「へぇ」

ここ数時間程、共に過ごして分かった事は春野は結構俺様気質で自信家という事。簡単な一言でまとめてしまえばナルシストにも近い。

「じゃ、これから色々と頼む事があるから、連絡先教えてくれ」

「……は!?」

会見も終わりやっと帰れる、と忍は帰り支度を進めていたがまた突然の言葉に驚いてしまう。

「なんだ?この一回で終わりな訳ないだろう。それとはい、これ。仕事だと思って受け取ってくれ」

「そ、そんな……って、え!給料?」

普通ここは礼に食事、とかいう展開ではないのかと内心思っていた忍は茶封筒を春野から受け取ればわりとずっしりした重さに思わず中身を確認してしまう。すると、視界に入った金額に唾をごくりと飲み込んだ。

「テレビではモザイクはかかってるが、報道陣には顔バレした訳だしこのくらいが妥当だろう?」

「いや、それは……でもこんな大金」

「気にする事はない。その代わりこれからも付き合ってもらうからな」

「……そんな」

ざっと数十万以上の一万円札の束に驚きで思考がついていけない。するとそうこうしているうちに「帰るぞ」と催促されてしまう。

結局なんだか理解が追いつかないまま、その日は別れを告げる事に。

謝礼としての金額には不足はないが、いくら芸能人と言っても強引じゃないのか、という考えは自宅のベットになだれ込めば睡魔と共に消え去ってしまった。

それからというもの春野の宣言通り度々呼び出されてはまた会見やインタビューばかり。いつまで続くのかと思いながら早一ヶ月。

当初は会話も少なかった忍と春野だったが今となればまるで友人と変わらない会話が成り立っている。それに用件の後は春野の自宅に招かれては特に何もする事なく帰りまでの日を過ごす。

そんなある日、この日も自宅に免れ一体何畳あるのかと思わせる程の広いリビングでテレビを見ていればドラマ告知の番組が流れる。

「あ…これって、前借りようと思った。って、ん?この声って」

同じシリーズの公開予定が決まったのかその前作のシリーズのシーンで一ヶ月前、大学校内で聞き惚れてしまった百人一首の一句を読み上げる声と同じ声が同じ句が流れ、誰の声なのかと目で追っていれば視界に入った人物に声を失ってしまう。

すると、テレビの前で様子のおかしい忍に気がついたのか春野がソファの隣に腰をおろし問いかける。

「何をそんなに驚いてるんだ?」

「いや、だって……この前大学で聞いた百人一首の声が……」

「大学?そう言えば少し前の撮影現場が確か大学だったな」

「……なんだかショック」

「何が?」

「いや、なんでもないです」

一ヶ月前の日から色々な事があったが、あの綺麗な声音が未だに頭にあった忍はその人物が春野だと今更気づくなんて、と肩を落とす。それにこんなにも側に居て気付かなかったなんて、と思い声と顔が当てはまらない、などと勝手に思っていれば春野が口を開く。

「この句何を伝えたいか分かるか?」

「……え、知らない」

「一度逢ってしまったら、物思いが深くなってしまったっていう作者の心情を句にしたものらしい」

「へー……ん?」

「ん?」

そう言った春野がじっと忍を見据え忍の肩にいつの間にか手を回していた。それを違和感に思い、見つめ返せば突然忍の髪に触れ思ってもいなかった言葉が告げられる。

「俺と付き合え」

「はぁあ!?」

出会いがないと項垂れていた一ヶ月前からすると想像もできない出来事。

まさか芸能人に告白されてしまうなんて。

頭が追いつかない、と訴えればそんな忍に春野は笑ったのだった。

END>

スポンサーリンク

■姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 MENU

姓名判断 画数で占う名前占いの基礎 五格

姓名判断 画数でみる名前の陰陽バランス

姓名判断 名前の画数の五行

姓名判断 名前占いでのひらがな、カタカナ、漢数字、ローマ字・アルファベットの画数の数え方

姓名判断 漢字の画数数え方 漢字の画数候補一覧

姓名判断 画数の意味 吉凶一覧

姓名判断 名前で相性占い 結婚、恋愛、カップル、友達、夫婦、子供、体の相性など

姓名判断 赤ちゃん、子供の名付けで避けたい凶の悪い名前、名付け方気を付けること

姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

財布で金運アップ・財運アップ 開運効果のいろは

 ┗金運アップ・財運アップする財布

 ┗金運アップの財布の使い方 実践編

パワーストーン・天然石で開運 金運・財運や恋愛運・結婚運、仕事運、健康運アップ

 ┗パワーストーン・天然石の選び方 オーリングテストのやり方

 ┗金運、財運アップに効果ある天然石パワーストーン、組み合わせ

恋愛・結婚コラム 恋活・婚活のお手伝い♪

 ┗愛され上手な女になるって?

 ┗結婚はないな…。と男性に思わせる女性の行動パターン

 ┗彼氏ができない、続かない、どうすれば?

 ┗職場の年下男性の恋の脈ありサインは?

 ┗彼氏ができないアラサーの本当の理由・意外な訳

 ┗気になる人、好きな人に好かれる方法

 ┗男性は女性のここを見ていた!恋する女性は美しくなる

 ┗恋愛ジンクス 彼氏ができる、両思い、復縁など幸せになれる恋のジンクス

 ┗結婚できるジンクス、プロポーズのジンクスなど結婚できる縁結び!

 ┗女性にモテる男はどんな人?モテない男がモテる男になるためにすること

 ┗男の幸せ、男性の幸せとは?

 ┗恋愛結婚、お見合い結婚メリット、デメリット。よくある失敗と後悔

 ┗彼氏が欲しい女子必見!彼氏ができない女の特徴、理由、共通点

 ┗彼氏欲しいけど彼氏いない30代40代女性が高率で彼氏ができる方法

 ┗自分はお見合い派?お見合い結婚のデメリット!離婚・別居、結婚で失敗・後悔しないために

 ┗男の本音

 ┗私の恋とファッション

 ┗本気の男性の見分け方!こんな人なら幸せにしてくれる

 ┗彼女ができない意外な男性の欠点

 ┗男性からのデートの誘い方。やっぱり直接が一番

 ┗男性の結婚相手の決め手 結婚相手と恋人との違い

 ┗婚活女性が語る結婚したいと思う男性、女性の結婚の決め手

 ┗marrish(マリッシュ) 素敵な結婚相手との出会い・婚活、恋人探しお手伝い

 ┗女性の婚活どうすれば?!〜成婚した人が教える5つの秘訣〜

 ┗安心・安全に婚活・恋活ならマッチングアプリ・サイト ペアーズ(Pairs)

美容コラム 綺麗のお手伝い♪

 ┗綺麗になりたい方必見!簡単に美肌になる方法!

 ┗モテる女性の特徴は何といっても色気と美肌

 ┗誰でも簡単にできる老けずに若さを維持できる美容法

 ┗女子力って何?男にもモテる20代女子力アップ方法、アイテム

 ┗美肌になるには?簡単綺麗、美肌になる方法!これでモテる美人女性

 ┗ニキビ跡の治し方 色素沈着、黒ずみ、赤みのおすすめ治療法

 ┗お肌のお悩み解決〜乾燥肌、油肌、ニキビ肌改善し美白肌へ

 ┗スキンケアとは?スキンケアの基本・基礎、やり方(方法)と順番

 ┗お肌の曲がり角の対策とスキンケア

 ┗自宅でできる続けられる無理しないダイエット運動。毎日の習慣で痩せる!

 ┗美容師がおすすめするトリートメント、トリートメントのやり方、使い方

 ┗20代の女磨き!綺麗になる方法、綺麗を保つ秘訣

 ┗美容師が勧めるシャンプーを選ぶ基準とは?年齢で変わるおすすめシャンプー

 ┗効果的なシミ消しクリーム・化粧品の選び方

 ┗洗顔と美白!おすすめ洗顔フォーム。市販のプチプラ洗顔フォームの効果は?

 ┗トリートメントとは?美容師がおすすめするトリートメント オッジィオット(oggiotto)、N、ディーセス ノイドゥーエ

ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪

 ┗甘酸っぱく

 ┗私色と君色

 ┗可愛い物にあなたと埋もれたい

 ┗詩にのせて

 ┗僕が俺に変わる瞬間

 ┗レンタルイケメン部

 ┗あなたの本音あばきます

 ┗愛ある温もりを

 ┗君が初めて泣いた日

 ┗愛を結ぶビル

 ┗不器用な恋

 ┗目立たない恋

 ┗俺が一番

 ┗恋の形

 ┗傷を持った愛

 ┗マニュアルどおりにならない恋

 ┗頑張れ母ちゃん 読み物

 ┗芸能人とみゃーこ

 ┗恋のカタチはそれぞれ 恋愛小説

 ┗そろそろ食べ頃 恋愛小説

 ┗不器用な人に恋をした

 ┗僕を受け入れてくれた彼氏

 ┗勇太と時宗

 ┗飯テロ

 ┗闇サイトバイト

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた2

 ┗ハシラさん〜地方の因習・風習 怖い話

 ┗自惚れと嫉妬 恋愛小説

 ┗約束 小説 読み物・物語

 ┗先輩後輩 恋愛小説

 ┗髪と喫茶店の恋 恋愛小説

 ┗芸能人の彼 恋愛小説

 ┗初恋の彼女 恋愛小説

 ┗ケーキの恋 恋愛小説

 ┗三つ編みの恋 恋愛小説

 ┗天使とたまご 日常小説

 ┗星のうた 恋愛小説

 ┗謎のラーメン屋〜ホラー小説・怖い話

 ┗×××町の幽霊トンネル〜〜ホラー小説・怖い話

 ┗死体を埋めに。間違えて殺してしまった女。

 ┗天秤を祀る神社〜ホラー小説・怖い話

 ┗霊感の強い友人〜ホラー小説・怖い話

 ┗ループ〜ホラー小説・怖い話

子育てコラム♪

 ┗高齢出産のリスク〜高齢出産は怖い?

お金と仕事、自己啓発のコラム♪

 ┗職場のトラブルに効果的に対処する方法

 ┗新しい英語検定・CASEC受験で英語力診断!

 ┗はたらくどっとこむ 女性に人気の稼げる楽しいリゾートバイトがたくさん

 ┗1週間などの短期〜長期までリゾートバイトならはたらくどっとこむ アプリリゾートがおすすめ

 ┗介護職求人サイト かいご畑 介護職の人気求人多数!

 ┗ハーバリウムの認定講師資格ならPBアカデミーの通信教育!ハーバリウム講座資料請求お気軽に

 ┗嵐山 太秦一帯 松尾大社 広隆寺と秦氏

スポンサーリンク


Copy right©2013

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定

All Right Reserved.