嵐山 太秦一帯 松尾大社 広隆寺と秦氏

スポンサーリンク

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 >>お金と仕事のコラム♪ >>嵐山 太秦一帯 松尾大社 広隆寺と秦氏

嵐山 太秦一帯 松尾大社 広隆寺と秦氏

京都市の西部、右京区一帯の嵯峨野(さがの)地域は、嵐山・太秦(うずまさ)をはじめとする観光地として有名です。

その歴史は古く、古代から主に渡来系氏族である秦氏(はたうじ)によって開発されてきました。

ここではこの地域がどのように発展してきたのか、名所の案内とともにご説明します。

渡来民、秦氏

古代の日本では、弥生時代あたりから、異なる人種の人々が大陸から列島に次々と集団で渡来してきました。かれら渡来系集団の中には、大和朝廷に重く用いられたり、あるいは地域に土着して支配階層として勢力を拡大する氏族も現れました。

その中で、かなりの人口を擁した秦氏という一族が存在していました。かれらは公の史料に出てくることが少なく、日本に来た経緯についていくつかの説が唱えられている謎の民族です。

景教

秦氏のルーツは、中央アジアのユダヤ教徒だとする説があります。 古代キリスト教の一派であったネストリウス派は、5世紀のキリスト教公会議で異端だと認定され、排斥されました。その後ネストリウス派の信仰はペルシャ帝国を経由して、7世紀ごろには中央アジア・モンゴルへと伝播します。

中央アジアで流浪生活を送っていた一部のユダヤ人は、ユダヤ教の教えをネストリウス派と融合して広めました。彼らはさらに中国に移住し、今度は仏教などの要素を取り入れて景教(けいきょう)として広めました。実際、中国の開封という大都市では、現代でもユダヤ人の子孫とされる人々が確認されています。

彼らの一部はさらに東へ移動し、朝鮮半島へ入りました。

朝鮮半島〜日本へ

『日本書紀』によれば、西暦283年ごろに朝鮮半島の百済国(現在の韓国西部)に住んでいた大集団が、弓月君(ゆづきのきみ)と呼ばれる代表者に率いられ、日本へ移住したそうです。彼らは秦の始皇帝の子孫を名乗り、秦氏と呼ばれるようになります。

彼らの人口は数万人規模で、これは記録に残っている渡来系氏族の中では最大勢力だとされています。

全国へ移住

秦氏は日本に移住してから、初め豊前国(現在の福岡県東部・大分県北部)を拠点とし、徐々に東方へ進出していきました。

大和国(現在の奈良県)や、山背国(現在の京都府南部)、河内国(現在の大阪府東部)、摂津国(現在の大阪府北部)など各地に土着して栄えました。

6世紀の欽明天皇の時代には、秦大津父(はたのおおつち)という人物が朝廷の役職に任ぜられ、7世紀に現れた秦河勝(はたのかわかつ)は、聖徳太子のブレーンとして活動しました。

スポンサーリンク

秦氏の特徴

秦氏は、当時の日本社会にとって極めて高度な技術を持っていました。彼らは秦部(はたべ)、秦人(はたひと)と呼ばれる集団を従えて、その技術を応用し、住み着いた土地の開発を行いました。

その理由ははっきりと分かりませんが、彼らは土木、治水、建築、機織り、酒造などの技術に優れており、日本にやってきてからも文化、生活面で様々な影響を及ぼしました。機織りの「ハタ」は、「秦」が由来だとする説があります。

秦氏は、朝廷や寺社に直接仕える職能民や芸能民、修験者・山伏など、中世以降の下層民の源流となる者たちとのつながりが非常に強く、実質的にそれらをまとめる存在だったと考えられています。ある研究者は、秦氏を「著しく底辺の大勢力」と表現しています。

一方で、彼らは非常に裕福だったようで、京都府葛野(かどの)郡(現在の右京区・北区)の地誌には、「秦氏は商売で成功し、本当に進んだ文化と巨万の富を得ている」と記されています。

秦氏と京都

平安時代の初期、秦氏はその圧倒的な人口と経済力で、隠然たる力を誇っていました。8世紀、ついに彼らは私財を投じて朝廷に貢献し、自分たちの縄張りに都を誘致することに成功しました。桓武天皇が進めた平安京遷都です。京都は秦氏の町と言っても過言ではありません。

秦氏が土着して開発を行った地域のうち、最も有名な地域は、現在の京都市西部の嵐山・太秦地区です。「太秦」の名前自体が、秦氏由来なのです。

この一帯は、現代では日本屈指の観光地として知られていますが、付近に存在している有名な松尾大社、広隆寺などの寺社も、秦氏と強い関連があります。

嵐山の特長と歴史

京都市西部、平安京があった場所の北西に位置する「嵐山」。丹波地方の水を集めた桂川(保津川)が、険しい山間部を抜けてから東へ向けて一気に扇状地を広げています。

桂川の扇状地が始まる付け根のところには渡月橋(とげつきょう)という橋がかけられ、南北の交通を支えています。この橋を渡る途中で見る両サイドの景色は絶景です。

渡月橋の北端から、北へ嵐山のメインストリートが南北約500メートルにわたって延びており、数多くの商店、飲食店が軒を連ねています。

その通りの西側には、足利尊氏を開基とし、夢窓疎石を開山として開かれた禅宗の古刹・世界遺産の天龍寺があり、その北側には、東西400メートルにわたって数万本の竹が生い茂る竹林が広がっています。

このエリアの歴史は古く、古代には既に秦氏が桂川に治水用の堰(せき)を築き、そこから桂川中流域、鴨川下流域を支配下においていました。

嵐山は平安時代ごろから桜と紅葉が美しい景勝地として知られており、貴族の別荘地としても人気を博しました。現在でも日本さくら名所100選・日本紅葉の名所100選に選定され、京都の代表的な観光地として賑わっています。

桂川はもともとよく氾濫を起こしており、人がほとんど立ち入らない土地でした。そこを秦氏が開発したことが、現在の嵐山の繁栄のもとになっているようです。

嵐山の地名の由来

『日本書紀』によると、487年に神託があり、人々がそれに従って宇田荒洲田(うらあらすだ)の地に社を造り、月読尊(つくよみのみこと)という神様を祀ったそうです。

この社の厳密な場所は、嵐山からやや南に下った、松尾大社の近くにある月読神社だと考えられています。

この神社の背後にそびえていた一帯の山が、「うらあらすだにある山」ということで「あらす山」となって、「嵐山」になったと考えられているでのです。

「宇田荒洲田」は、「宇(良い)田(地)であり、荒洲(中洲)にできた田(地)」と言う意味であり、桂川の土砂が集まってできた肥沃な土地を指しています。

スポンサーリンク

松尾大社

京都市西部、市内を東西に貫いているメインストリート・四条通の西端に位置する松尾大社は、大宝元年(701年)に秦忌寸都理(はたのいみきとり)が社殿を建てさせました。

その後も秦氏の氏神として崇敬され続けますが、中世以降は秦氏が持ち込んだともされるお酒の神としても信仰され、現在においても全国の醸造業者からの信望を集めています。

本殿は室町時代に建てられたもので、国の重要文化財に指定されています。また多くの神像を有することでも知られ、国の重要文化財指定の神像を計3躯保有しています。

現在の氏子区域は京都市右京区・西京区・下京区をカバーしており、総戸数は約4万戸とも言われています。

秦氏による奉斎

松尾大社では、養老2年(718年)に秦忌寸都駕布(はたのいみきのつがふ)が初めて神職を務めたのを契機として、以後はその子孫が代々神職を務めています。

松尾大社に祀られている神は、複数ある秦氏の氏神のなかで最も位が高く、秦氏ゆかりの社として第一に挙げられる神社です。

この神は、元々は秦氏特有の神ではありませんでした。本殿背後にある松尾山がその源流で、山頂付近に神が降臨するという岩があり、元来それをこの地に住む人々が山の神として崇めてきたのです。秦氏は入植の際に、この神を移転して継承しました。

このように、秦氏は移住するたびに、移住先の元々の信仰を受け継いで自分たちのものとすることを常としていました。

太秦

JR京都駅から山陰線で約15分。京都市右京区と北区の境界付近に広がる一帯が、太秦(うずまさ)地区です。現在は閑静な住宅地が広がっています。

京都最古の寺である広隆寺、蛇塚古墳などの前方後円墳、また東映太秦映画村などの観光施設が知られています。

地域内を走る京福電気鉄道(嵐電)の駅から太秦映画村に向かう道中にある大酒神社境内には、西暦372年に秦氏の祖先である弓月王が、百済から一万八千六百七十余人の人々を連れて帰化したことを記した由来書の看板が立てられています。

太秦の地名の由来

「太秦」という地名の由来には諸説がありますが、有力なものとしては、雄略天皇の御世に、秦氏が絹を「うず高く積んだ」ことから、「禹豆満佐=うずまさ」の号を与えられ、これに「太秦」の漢字を当てた、という説が知られています。

このエピソードは、秦氏が主力産業の機織りで生産した製品=絹織物を大量に税として納めていたことを示唆しています。

スポンサーリンク

広隆寺

広隆寺 (こうりゅうじ)は、京都市右京区太秦地区にある寺で、古くは蜂岡寺、太秦寺、秦寺、秦公寺、葛野寺などとも呼ばれていました。

603年に秦河勝が聖徳太子から賜った仏像を本尊として建立しました。その本尊は、我が国の国宝として初めて指定を受けた弥勒菩薩半跏思惟像です。

沿革を記した「日本書紀」などの史料の記述によれば、広隆寺は秦氏の氏寺であり、平安京遷都以前から存在した京都最古の寺院でもあります。

平安時代前期の歌人・藤原兼輔が記した『聖徳太子伝暦』という史料には、この寺の沿革として、聖徳太子の別荘を寺にしたという真偽不明の言い伝えが載っています。

その内容は、「太子がある夜、夢で楓の林に囲まれた土地を見た。そこには大きな桂の枯木を囲むように、五百人もの仏教の聖者が集まって経典を音読していた。太子が河勝にこのことを語ったところ、河勝はその土地は自らの支配地であった葛野(かどの)の地だと言う。河勝の案内で太子が葛野へ行ってみると、夢に見たような枯木があり、その周囲に集まったおびただしい数の蜂が立てる羽の音が、太子の耳には尊い説法のように聞こえた。太子はここに別荘を営み、河勝に命じて寺を建てさせた」というものです。

所蔵する国宝・半跏思惟像は、赤松を彫って造られており、高さが約120cm。右足を左膝に乗せ、右手をやさしく頬に当て、少し微笑んだ表情で思索にふけるその容姿は、韓国ソウル市の博物館に安置されている弥勒菩薩像と形状が酷似しています。

仏像の形状や製造技術は渡来人が朝鮮半島から持ち込んで広めたとされるため、このような現象が起こるのです。

しかしこの像が作成された経緯は不明であり、朝鮮半島で制作された像が直輸入された、半島から持ち込まれた木材を日本で彫った、初めから日本で制作された、などの説があります。

昭和35年(1960年)に京都大学の学生がこの像に触れて、その指を折ってしまうという衝撃的な事件が起こりましたが、指はきれいに修復され、現在は外見からその痕跡を判別することはできません。

名前の変遷

広隆寺が建立された時期と同じころ、中国では景教が急速に広まり、ついに638年、唐王朝によって公認されました。

景教の寺院は、ペルシャ語の「ファシイ」にちなんで、「波斯」(はし)という字を用いて「波斯寺」と名付けられました。日本でもこれに倣って、秦氏初の寺院を、「波斯経」(はしおく)の当て字として「蜂岡」寺と名付けたのです。

その後、景教は651年、「大秦景教」と名を改め、その寺院も「大秦寺」と呼ばれ始めます。この影響で、蜂岡寺も「太秦寺」と呼ばれるようになったのです。この字は、太秦ともつながっています。

この「蜂岡寺=太秦寺」が、いつしか広隆寺と呼ばれるようになったのですが、その経緯についてはっきりと分かっていません。

蛇塚古墳

蛇塚古墳(へびづかこふん)は、太秦にあり、国の史跡に指定されている前方後円墳です。6世紀末から7世紀初め頃の築造と推定されています。

元は埋葬施設として巨大な岩石を使って築かれた京都府内で最も大きい全長約18メートルの石室を有していましたが、その上に長さ推定約75メートルにわたって盛られていた土は宅地化や自然風化で失われ、現在は石室だけが残存しています。

誰が葬られていたのかは不明ですが、太秦地域ではほかにも6世紀以降に築かれたとみられる複数の古墳が分布していることから、秦氏のリーダーの可能性が高いと推測されています。

石室の規模については、棺を納める部屋の幅という観点では、奈良県高市郡明日香村にあり蘇我馬子の墓とされている石舞台古墳(いしぶたいこふん)を超える規模です。またその部屋の床面積という観点では、全国第4位の大きさです。このことからも、当時の秦氏の影響力の強さがうかがえます。

まとめ

歴史的に深い関係のある京都と秦氏。現在でも、様々な場所や形でその痕跡を知ることができます。

スポンサーリンク

■姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 MENU

姓名判断 画数で占う名前占いの基礎 五格

姓名判断 画数でみる名前の陰陽バランス

姓名判断 名前の画数の五行

姓名判断 名前占いでのひらがな、カタカナ、漢数字、ローマ字・アルファベットの画数の数え方

姓名判断 漢字の画数数え方 漢字の画数候補一覧

姓名判断 画数の意味 吉凶一覧

姓名判断 名前で相性占い 結婚、恋愛、カップル、友達、夫婦、子供、体の相性など

姓名判断 赤ちゃん、子供の名付けで避けたい凶の悪い名前、名付け方気を付けること

姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

財布で金運アップ・財運アップ 開運効果のいろは

 ┗金運アップ・財運アップする財布

 ┗金運アップの財布の使い方 実践編

パワーストーン・天然石で開運 金運・財運や恋愛運・結婚運、仕事運、健康運アップ

 ┗パワーストーン・天然石の選び方 オーリングテストのやり方

 ┗金運、財運アップに効果ある天然石パワーストーン、組み合わせ

恋愛・結婚コラム 恋活・婚活のお手伝い♪

 ┗愛され上手な女になるって?

 ┗結婚はないな…。と男性に思わせる女性の行動パターン

 ┗彼氏ができない、続かない、どうすれば?

 ┗職場の年下男性の恋の脈ありサインは?

 ┗彼氏ができないアラサーの本当の理由・意外な訳

 ┗気になる人、好きな人に好かれる方法

 ┗男性は女性のここを見ていた!恋する女性は美しくなる

 ┗恋愛ジンクス 彼氏ができる、両思い、復縁など幸せになれる恋のジンクス

 ┗結婚できるジンクス、プロポーズのジンクスなど結婚できる縁結び!

 ┗女性にモテる男はどんな人?モテない男がモテる男になるためにすること

 ┗男の幸せ、男性の幸せとは?

 ┗恋愛結婚、お見合い結婚メリット、デメリット。よくある失敗と後悔

 ┗彼氏が欲しい女子必見!彼氏ができない女の特徴、理由、共通点

 ┗彼氏欲しいけど彼氏いない30代40代女性が高率で彼氏ができる方法

 ┗自分はお見合い派?お見合い結婚のデメリット!離婚・別居、結婚で失敗・後悔しないために

 ┗男の本音

 ┗私の恋とファッション

 ┗本気の男性の見分け方!こんな人なら幸せにしてくれる

 ┗彼女ができない意外な男性の欠点

 ┗男性からのデートの誘い方。やっぱり直接が一番

 ┗男性の結婚相手の決め手 結婚相手と恋人との違い

 ┗婚活女性が語る結婚したいと思う男性、女性の結婚の決め手

 ┗marrish(マリッシュ) 素敵な結婚相手との出会い・婚活、恋人探しお手伝い

 ┗女性の婚活どうすれば?!〜成婚した人が教える5つの秘訣〜

 ┗安心・安全に婚活・恋活ならマッチングアプリ・サイト ペアーズ(Pairs)

美容コラム 綺麗のお手伝い♪

 ┗綺麗になりたい方必見!簡単に美肌になる方法!

 ┗モテる女性の特徴は何といっても色気と美肌

 ┗誰でも簡単にできる老けずに若さを維持できる美容法

 ┗女子力って何?男にもモテる20代女子力アップ方法、アイテム

 ┗美肌になるには?簡単綺麗、美肌になる方法!これでモテる美人女性

 ┗ニキビ跡の治し方 色素沈着、黒ずみ、赤みのおすすめ治療法

 ┗お肌のお悩み解決〜乾燥肌、油肌、ニキビ肌改善し美白肌へ

 ┗スキンケアとは?スキンケアの基本・基礎、やり方(方法)と順番

 ┗お肌の曲がり角の対策とスキンケア

 ┗自宅でできる続けられる無理しないダイエット運動。毎日の習慣で痩せる!

 ┗美容師がおすすめするトリートメント、トリートメントのやり方、使い方

 ┗20代の女磨き!綺麗になる方法、綺麗を保つ秘訣

 ┗美容師が勧めるシャンプーを選ぶ基準とは?年齢で変わるおすすめシャンプー

 ┗効果的なシミ消しクリーム・化粧品の選び方

 ┗洗顔と美白!おすすめ洗顔フォーム。市販のプチプラ洗顔フォームの効果は?

 ┗トリートメントとは?美容師がおすすめするトリートメント オッジィオット(oggiotto)、N、ディーセス ノイドゥーエ

ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪

 ┗甘酸っぱく

 ┗私色と君色

 ┗可愛い物にあなたと埋もれたい

 ┗詩にのせて

 ┗僕が俺に変わる瞬間

 ┗レンタルイケメン部

 ┗あなたの本音あばきます

 ┗愛ある温もりを

 ┗君が初めて泣いた日

 ┗愛を結ぶビル

 ┗不器用な恋

 ┗目立たない恋

 ┗俺が一番

 ┗恋の形

 ┗傷を持った愛

 ┗マニュアルどおりにならない恋

 ┗頑張れ母ちゃん 読み物

 ┗芸能人とみゃーこ

 ┗恋のカタチはそれぞれ 恋愛小説

 ┗そろそろ食べ頃 恋愛小説

 ┗不器用な人に恋をした

 ┗僕を受け入れてくれた彼氏

 ┗勇太と時宗

 ┗飯テロ

 ┗闇サイトバイト

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた2

 ┗ハシラさん〜地方の因習・風習 怖い話

 ┗自惚れと嫉妬 恋愛小説

 ┗約束 小説 読み物・物語

 ┗先輩後輩 恋愛小説

 ┗髪と喫茶店の恋 恋愛小説

 ┗芸能人の彼 恋愛小説

 ┗初恋の彼女 恋愛小説

 ┗ケーキの恋 恋愛小説

 ┗三つ編みの恋 恋愛小説

 ┗天使とたまご 日常小説

 ┗星のうた 恋愛小説

 ┗謎のラーメン屋〜ホラー小説・怖い話

 ┗×××町の幽霊トンネル〜〜ホラー小説・怖い話

 ┗死体を埋めに。間違えて殺してしまった女。

 ┗天秤を祀る神社〜ホラー小説・怖い話

 ┗霊感の強い友人〜ホラー小説・怖い話

 ┗ループ〜ホラー小説・怖い話

子育てコラム♪

 ┗高齢出産のリスク〜高齢出産は怖い?

お金と仕事、自己啓発のコラム♪

 ┗職場のトラブルに効果的に対処する方法

 ┗新しい英語検定・CASEC受験で英語力診断!

 ┗はたらくどっとこむ 女性に人気の稼げる楽しいリゾートバイトがたくさん

 ┗1週間などの短期〜長期までリゾートバイトならはたらくどっとこむ アプリリゾートがおすすめ

 ┗介護職求人サイト かいご畑 介護職の人気求人多数!

 ┗ハーバリウムの認定講師資格ならPBアカデミーの通信教育!ハーバリウム講座資料請求お気軽に

 ┗嵐山 太秦一帯 松尾大社 広隆寺と秦氏

 ┗丸山議員N国民党に入党 失言、経歴、ツイッター発言

 ┗青森県の名物 特産物・特産品、名産物・名産品、郷土料理ご紹介 お土産にも

スポンサーリンク


Copy right©2013

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定

All Right Reserved.