美女の恩返し 短編小説

スポンサーリンク

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 >>ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪ >>美女の恩返し 短編小説

美女の恩返し 短編小説

会社内に貼られたポスターの中の愛する人を見る。俺はもう誰も愛せないと思っていた。

君に会うまでは…

会社帰り車の後部座席で外を何となく眺めていた。…!

(吉城透真)「止めてくれ!」

(運転手)「どうなさいました?」

(吉城透真)「いいから早く!」

(運転手)「かしこまりました」

見間違いではない。ホテル街の光の中…中学生くらいの女の子を男から必死で守る女性をみた。

(男)「こっちは金払ってるんだよ!」

(中学生)「お金なんてもらってない!」

(戸々木優美)「この子、未成年よ!その手放して!」

車から出たら会話が聞こえた、中学生の手くびは男が握っていてその前に立ちはだかるかたちで立つ女性。

男はもう片方の手で何度も何度も女性を殴った。それでも女性は女の子から離れない。早く!たどり着け!

(吉城透真)「はぁ…止めろ!」

(男)「何だよ?!は、その脚で出しゃばるなよ!どっかいけ!」

男は一瞬ひるんだが、俺を見て強がった。

…俺の足が不自由で杖をついているから。俺は…無力だ。どうせ何も出来ない。何故来てしまったのだろう。

(戸々木優美)「ありがとう、助かった。この子の側にいてくれますか?」

驚いた。彼女から意外な言葉が飛んできたから、言われたとおりそっと女の子の横に立った。すると彼女はさっきとは別人のように男に向かって回し蹴りをした。

(戸々木優美)「これ、距離とらないと出来ないから困ってたの。あなたが来てくれて良かった、おかげでそのこをあいつから離すことが出来た!私こう見えて結構強いのよ、ふふ」

(男)「いてぇ…ふざけんじゃねーぞ!」

倒れたまま叫ぶ男。けれど彼女は怯むことなくこう言った。

(戸々木優美)「それはこっちのセリフよ!女をなめんな!」

思いきってかかと落としをした。男は痛さのあまり声すらでない様子だった。

(戸々木優美)「さて、問題は一つ解決したとして、あなた、一人でこんな所にいたら危ないじゃない!もしかして、家出?」

彼女は女の子に問いかける。

(中学生)「違います!姉が近くに一人暮らししていて遊びに来たんです。でも、迷ってしまって、そしたらさっきの人が…」

手…震えてる。無理もないか。まだ中学生だもんな。

(戸々木優美)「そっか、じゃぁお姉ちゃんの所まで一緒するよ?」

(吉城透真)「それなら俺もつき合うよ。ちょっと待って」

俺はスマホを取り出した。

(吉城透真)「今すぐ迎えに来てくれ…今車呼んだから、ナビで調べればすぐ分かるし、…あなたも手当てしないと」

彼女の顔は所々腫れていて口の中も切れているのか唇から血が出ていた。服もよれている。

(戸々木優美)「あー、これじゃぁ仕事いけない!」

…心配するところそこだろうか。

スポンサーリンク

電話が鳴った。

(吉城透真)「寄りたいところ二カ所ある。あと、二人のるから、ああ、待ってる。…もうすぐ迎えが来るから」

(中学生)「ありがとうございます」

(戸々木優美)「私、本当はもっとましな顔なの!」

…変わった人だ。

小走りで走ってくる陰。

(運転手)「お待たせしました透真様、あちらにお車寄せてますのでもう少々お待ちください」

(吉城透真)「いや、歩くから大丈夫だ」

(運転手)「しかし、透真様、無理なさいますと…」

歩けなくなる。

そんなこと自分が一番よく分かっているつもりだ。

(戸々木優美)「分かったわ!私がかつぎます!」

(吉城透真)「あなたは本当に変わった人だ、はは、では肩を貸してください。杖は…君、持っててくれる?」

(中学生)「はい!」

ゆっくり車まで歩き、静かに車内に乗り込んだ。

女の子の姉の家はすぐに分かった。

姉もすごく心配していた。何度もお礼を言われたが助けたのは彼女だ。俺ではない。

次は彼女の家…その前に

(戸々木優美)「あれ、私の家こっちじゃないよ?」

(吉城透真)「病院よります。そのままだと跡残る」

俺が通院している大きな病院に向かっている。救急もやってるからそこで見てもらえる。

(戸々木優美)「ありがとう、優しいのね、その辺の男より頼りになるわ。あそこにいた人達は見て見ぬ振りだったのに、あなたは違ったもの。人はね見た目じゃないの…私は痛いほどそれを知ってるから」

目を伏せた彼女が美しく見えた。切なくて悲しい横顔…

(吉城透真)「そんなふうに考えられる君は美しい」

(戸々木優美)「ふふ、そんなこと始めて言われた。…あ、そういえば名前言ってなかったわね、わたし、戸々木優美です。あなたは?」

(吉城透真)「俺は吉城透真。よろしく」

戸々木優美。綺麗に艶のある茶髪の巻髪。肌はすきとおるように白い。

スポンサーリンク

病院 診察後

(戸々木優美)「大したことないって!ただちょっと腫れてくるかもしれないから冷やすように言われちゃった…仕事は2、3日休むかな」

(吉城透真)「何の仕事?」

(戸々木優美)「キャバ嬢!ふふ。だから、この顔じゃね…透真さんは?」

突然下の名前で呼ばれて鼓動が速まった気がした。

(吉城透真)「CM会社の社員」

(戸々木優美)「え?!CM造ってるの?凄いなぁ」

凄くなんてない。俺にはこれしかなかった。選択肢がなかった。

(笹技実梨)「透真さん!」

(吉城透真)「実梨?」

こっちに向かって息を切らして走ってくる彼女は笹技実梨。俺の交際相手。仕事仲間でもある。

(笹技実梨)「お家に伺ったら病院だと聞いたので何かあったのかと思って…そちらの方は?」

(吉城透真)「実梨には関係ない、心配するようなことでもないから」

彼女のその目は嫌いだ。

“女の目”嫉妬の目だ。

(戸々木優美)「吉城さんに酔っぱらいに絡まれていたとこれろを助けていただいたんです。それだけです。」

(笹技実梨)「そうだったんですね、お怪我大丈夫ですか?」

戸々木さんのほうがよっぽど大人だ。空気をよんでる。

(戸々木優美)「はい、大丈夫です。ちょっと腫れてるだけですから」

(吉城透真)「家まで送る」

(戸々木優美)「タクシーで帰るから大丈夫だよ?彼女さんでしょ?送ってあげないと」

(吉城透真)「実梨、車で来てるだろ?」

(笹技実梨)「あ、はい…」

(吉城透真)「じゃぁ彼女送ってくる。またあとで連絡するから」

戸々木さんの手を取りゆっくり歩いた。こういうとき、普通に歩けないのがもどかしい。

車内

(戸々木優美)「よかったの?彼女さん」

(吉城透真)「今はこっちのほうが大事」

(戸々木優美)「ふふ、ありがとう優先してくれて」

今は好きで付き合ってる訳じゃないんだ。

(吉城透真)「俺が今、一番優先するなら仕事だ。今度流すCMのモデル探してて、それの結果次第で俺の立場が大きく変わる」

(戸々木優美)「どんなイメージの人探しているの?」

(吉城透真)「簡単にまとめると清楚で黒髪の似合う子」

(戸々木優美)「…そっかぁ鶴の恩返しになるかなー」

(吉城透真)「何がだ?」

(戸々木優美)「ううん、あ、名刺持ってるでしょ?ちょうだい。」

不思議に思いながらも名刺を渡し、彼女を家まで送り届けた。

スポンサーリンク

数日後

ミーティング中 ノックの音がした。

(社員)「吉城さん、お客様いらしてます。」

(吉城透真)「分かった、少し席を外す」

そう言って待合室まで足を運んだ。

ドアをノックし、中に入る

(吉城透真)「お待たせしました。…戸々木さん?」

(戸々木優美)「どうも」

にっこり笑う彼女は、白いワンピースに控えめなメイクにストレート艶のある黒髪。

(吉城透真)「どうした…」

(戸々木優美)「恩返しにきました、ふふ。まだモデル見つかってないなら私を使ってくれない?」

驚いた…彼女は本気なのか?

ミーティングに戻った。彼女を連れて。

ちょうど、モデルの話をしていたからだ。彼女は俺のCMのイメージにピッタリだった。社員達も驚いていたが賛成してくれた。実梨以外は。

俺はここの会社の息子。多少のわがままは通ってきた。だから今回だってモデルを彼女にする事が出来る。

それから彼女とCMの仕事を一緒に造った。側に彼女を感じる。一緒にいる時間が新鮮だった。笑い合うこともあった。優美と呼び捨てに呼ぶようになり…優美が欲しくなった。

気がつけば3ヶ月…

退社時間

(吉城透真)「実梨、話がある」

(笹技実梨)「はい」

車内

(吉城透真)「別れてほしい」

(笹技実梨)「その脚を受け入れられるのは私だけです。」

(吉城透真)「それは違う。この脚のこと優美に話そうと思っている」

(笹技実梨)「どうして?!」

(吉城透真)「君は罪悪感で俺と付き合ってただけだ」

実梨は車内で声を上げて泣いた。俺は何も言わず車からでた。

翌日 休日

優美を呼び出した。全部話した。俺の気持ちと、俺の脚のこと。脚は実梨がどうしても2人でドライブしたいとお願いされ、運転した…運悪く衝突事故にあった。

俺の脚はそのときだめになった。実梨は無事だった。だから余計俺に対してガラスに触れるように慎重に接してきた。それが、重くて辛かった。それも全部彼女に話した。

(戸々木優美)「それで?」

彼女の瞳は冷たかった。

(吉城透真)「だから…」

(戸々木優美)「私は彼女の気持ち分かるわ、結局透真さんは自分しかみえていないのよ。ちゃんと向き合った?話し合った?重いとか辛いとか自分だけだと思ってない?悪いけど今のあなたは好きじゃない」

そう言って振り返ることなく俺から離れていった。

俺は間違っている?…実梨のわがままはあの事故以来聞いたことはなかった。いつも心配してくれていた。無理をさせていたのは…俺の方だ。

翌朝、出勤

(吉城透真)「実梨おはよう」

(笹技実梨)「!…おはようございます」

実梨はいつも俺より早く出勤しフォローをしてくれている。今日は俺が早く出勤した。

(吉城透真)「実梨…悪かった。ちゃんと話し合おう」>

(笹技実梨)「私は罪悪感だけでここまでしません!本当に好きだった!脚なんて関係ない。不自由なら私があなたの脚になればいいと思ってた!なのに、急に知らない女が現れてその人が好きだから別れてほしい?身勝手よ!」

こんな彼女を始めてみた。我慢させていたのか?

(吉城透真)「実梨」

(笹技実梨)「でも!もういい、疲れたわ良い人でいるの、昨日戸々木さんから電話があったの“好きな男をめぐって殴り合わない?”って。私、最初彼女が気に入らなかったわ。でも一緒に仕事してて正直楽しかった。ふふ、だからあなたみたいな身勝手な人もういらないわ。」

そう言って笑った実梨は昔の無邪気な顔をしていた。

(笹技実梨)「戸々木さん、いるんでしょ?」

(戸々木優美)「あら、ばれてた?ふふビンタでもしないかなぁてわくわくしてたのに期待外れ」

扉から入ってきた彼女は笑ってた。

美優は俺だけじゃなく実梨も救ったんだな。

そんなところも、全てが好きだ。

スポンサーリンク

■姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 MENU

姓名判断 画数で占う名前占いの基礎 五格

姓名判断 画数でみる名前の陰陽バランス

姓名判断 名前の画数の五行

姓名判断 名前占いでのひらがな、カタカナ、漢数字、ローマ字・アルファベットの画数の数え方

姓名判断 漢字の画数数え方 漢字の画数候補一覧

姓名判断 画数の意味 吉凶一覧

姓名判断 名前で相性占い 結婚、恋愛、カップル、友達、夫婦、子供、体の相性など

姓名判断 赤ちゃん、子供の名付けで避けたい凶の悪い名前、名付け方気を付けること

姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

財布で金運アップ・財運アップ 開運効果のいろは

 ┗金運アップ・財運アップする財布

 ┗金運アップの財布の使い方 実践編

パワーストーン・天然石で開運 金運・財運や恋愛運・結婚運、仕事運、健康運アップ

 ┗パワーストーン・天然石の選び方 オーリングテストのやり方

 ┗金運、財運アップに効果ある天然石パワーストーン、組み合わせ

恋愛・結婚コラム 恋活・婚活のお手伝い♪

 ┗愛され上手な女になるって?

 ┗結婚はないな…。と男性に思わせる女性の行動パターン

 ┗彼氏ができない、続かない、どうすれば?

 ┗職場の年下男性の恋の脈ありサインは?

 ┗彼氏ができないアラサーの本当の理由・意外な訳

 ┗気になる人、好きな人に好かれる方法

 ┗男性は女性のここを見ていた!恋する女性は美しくなる

 ┗恋愛ジンクス 彼氏ができる、両思い、復縁など幸せになれる恋のジンクス

 ┗結婚できるジンクス、プロポーズのジンクスなど結婚できる縁結び!

 ┗女性にモテる男はどんな人?モテない男がモテる男になるためにすること

 ┗男の幸せ、男性の幸せとは?

 ┗恋愛結婚、お見合い結婚メリット、デメリット。よくある失敗と後悔

 ┗彼氏が欲しい女子必見!彼氏ができない女の特徴、理由、共通点

 ┗彼氏欲しいけど彼氏いない30代40代女性が高率で彼氏ができる方法

 ┗自分はお見合い派?お見合い結婚のデメリット!離婚・別居、結婚で失敗・後悔しないために

 ┗男の本音

 ┗私の恋とファッション

 ┗本気の男性の見分け方!こんな人なら幸せにしてくれる

 ┗彼女ができない意外な男性の欠点

 ┗男性からのデートの誘い方。やっぱり直接が一番

 ┗男性の結婚相手の決め手 結婚相手と恋人との違い

 ┗婚活女性が語る結婚したいと思う男性、女性の結婚の決め手

 ┗marrish(マリッシュ) 素敵な結婚相手との出会い・婚活、恋人探しお手伝い

 ┗女性の婚活どうすれば?!〜成婚した人が教える5つの秘訣〜

 ┗安心・安全に婚活・恋活ならマッチングアプリ・サイト ペアーズ(Pairs)

美容コラム 綺麗のお手伝い♪

 ┗綺麗になりたい方必見!簡単に美肌になる方法!

 ┗モテる女性の特徴は何といっても色気と美肌

 ┗誰でも簡単にできる老けずに若さを維持できる美容法

 ┗女子力って何?男にもモテる20代女子力アップ方法、アイテム

 ┗美肌になるには?簡単綺麗、美肌になる方法!これでモテる美人女性

 ┗ニキビ跡の治し方 色素沈着、黒ずみ、赤みのおすすめ治療法

 ┗お肌のお悩み解決〜乾燥肌、油肌、ニキビ肌改善し美白肌へ

 ┗スキンケアとは?スキンケアの基本・基礎、やり方(方法)と順番

 ┗お肌の曲がり角の対策とスキンケア

 ┗自宅でできる続けられる無理しないダイエット運動。毎日の習慣で痩せる!

 ┗美容師がおすすめするトリートメント、トリートメントのやり方、使い方

 ┗20代の女磨き!綺麗になる方法、綺麗を保つ秘訣

 ┗美容師が勧めるシャンプーを選ぶ基準とは?年齢で変わるおすすめシャンプー

 ┗効果的なシミ消しクリーム・化粧品の選び方

 ┗洗顔と美白!おすすめ洗顔フォーム。市販のプチプラ洗顔フォームの効果は?

 ┗トリートメントとは?美容師がおすすめするトリートメント オッジィオット(oggiotto)、N、ディーセス ノイドゥーエ

ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪

 ┗甘酸っぱく

 ┗私色と君色

 ┗可愛い物にあなたと埋もれたい

 ┗詩にのせて

 ┗僕が俺に変わる瞬間

 ┗レンタルイケメン部

 ┗あなたの本音あばきます

 ┗愛ある温もりを

 ┗君が初めて泣いた日

 ┗愛を結ぶビル

 ┗不器用な恋

 ┗目立たない恋

 ┗俺が一番

 ┗恋の形

 ┗傷を持った愛

 ┗マニュアルどおりにならない恋

 ┗頑張れ母ちゃん 読み物

 ┗芸能人とみゃーこ

 ┗恋のカタチはそれぞれ 恋愛小説

 ┗そろそろ食べ頃 恋愛小説

 ┗不器用な人に恋をした

 ┗僕を受け入れてくれた彼氏

 ┗勇太と時宗

 ┗飯テロ

 ┗闇サイトバイト

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた2

 ┗ハシラさん〜地方の因習・風習 怖い話

 ┗自惚れと嫉妬 恋愛小説

 ┗約束 小説 読み物・物語

 ┗先輩後輩 恋愛小説

 ┗髪と喫茶店の恋 恋愛小説

 ┗芸能人の彼 恋愛小説

 ┗初恋の彼女 恋愛小説

 ┗ケーキの恋 恋愛小説

 ┗三つ編みの恋 恋愛小説

 ┗天使とたまご 日常小説

 ┗星のうた 恋愛小説

 ┗謎のラーメン屋〜ホラー小説・怖い話

 ┗×××町の幽霊トンネル〜〜ホラー小説・怖い話

 ┗死体を埋めに。間違えて殺してしまった女。

 ┗天秤を祀る神社〜ホラー小説・怖い話

 ┗霊感の強い友人〜ホラー小説・怖い話

 ┗ループ〜ホラー小説・怖い話

 ┗村の呪縛〜日常系小説

 ┗恋愛はお食事の後でもいいですか? 恋愛小説

 ┗メイク変えたらモテた 恋愛小説

 ┗冷たい告白 恋愛小説

 ┗幼なじみの二人 恋愛小説

 ┗不器用な俺の恋愛 恋愛小説

 ┗可愛くない私にあいつは恋してる 恋愛小説

 ┗思わぬ出会い 恋愛小説

 ┗数学と恋愛 恋愛小説

 ┗叶わなかった恋 恋愛小説

 ┗両手から溢れるほどの愛情 恋愛小説

 ┗恋した相手は芸能人 恋愛小説

 ┗いつでも一緒 恋愛小説

 ┗それぞれの思いを胸に

 ┗音楽を通して

 ┗どんな恋がお好きですか

 ┗ホストとルームメイト

 ┗可愛い私を受けとって

 ┗私の恋は不良君にささげます

 ┗訳あり喫茶店

 ┗出会いの喫茶店

 ┗恋に不器用な私

 ┗勇者と魔女の物語

 ┗幼馴染

 ┗気になる男の子

 ┗作家の恋

 ┗想い人は山田くん

 ┗地味な私でも恋したい

 ┗小さなキューピット

 ┗ヨシオ

 ┗転校生

 ┗自由

 ┗霊感少女と猫又

 ┗徒然日和

 ┗にぎやかな町中

 ┗美女の恩返し

 ┗勇者と魔王と人類の本気

 ┗僕の名前を呼ぶあなたが好き

 ┗一人花見

 ┗亀の話

子育てコラム♪

 ┗夢の中のともちゃん

 ┗おばけさんと僕

お金と仕事、自己啓発のコラム♪

 ┗職場のトラブルに効果的に対処する方法

 ┗新しい英語検定・CASEC受験で英語力診断!

 ┗はたらくどっとこむ 女性に人気の稼げる楽しいリゾートバイトがたくさん

 ┗1週間などの短期〜長期までリゾートバイトならはたらくどっとこむ アプリリゾートがおすすめ

 ┗介護職求人サイト かいご畑 介護職の人気求人多数!

 ┗ハーバリウムの認定講師資格ならPBアカデミーの通信教育!ハーバリウム講座資料請求お気軽に

 ┗嵐山 太秦一帯 松尾大社 広隆寺と秦氏

 ┗丸山議員N国民党に入党 失言、経歴、ツイッター発言

 ┗青森県の名物 特産物・特産品、名産物・名産品、郷土料理ご紹介 お土産にも

スポンサーリンク


Copy right©2013

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定

All Right Reserved.