初恋の彼女 恋愛小説

スポンサーリンク

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 >>ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪ >>初恋の彼女 恋愛小説

初恋の彼女 恋愛小説

イヤホンから聞こえて来るクラシックに合わせて、ゆったりと歩みを進める。

乍らスマホはいけないと理解しつつも、フリックする指を止められない。

現代病というやつだなあ、と。

遠山小太郎は、苦笑してしまう。そして慌てて、通り過ぎる人が他に居ないか確認した。

昼間の閑静な住宅地には小太郎だけだった。今度は意識して、にやっとした。

歩きスマホについての指摘は恐れていないのに、人間的な気持ち悪さを抱かれることは恐ろしい。それもそうだろう。今の時代、スマートフォンや携帯電話を触らないやつは、珍しい。それが生活の総量を占めるのも理解に難くない。だからというわけでは無いけれど、自分の挙動は簡単に正当化で出来る。しかし、そこに伴う人格は、危うい。どういうことか。簡単なことだ。

人見知り。

流行りの言葉で表すなら、コミュ障。

だらだらと能書きを垂れても、小太郎の笑みは引っ込まない。

基本的には大人しく、地味な青年。それが、遠山小太郎。

では、範疇外ではどうなのか。

それは、残念ながら知り得る人間が居なかった。

彼は幼少の頃に、孤児院へ入れられてしまう。それにより、人へ心を許さない子供であった。

勿論、小太郎を気にしてくれた人も少なくはない。しかし、それらへ対して邪険とまではいかなくとも、煙たがったのは事実。その繰り返しの先に、ひとりという結果を生み出した。

そんなどこか鬱屈した小太郎だが、今日は幾分の前向きさを持ち合わせてきた。何故なら、人と会うからだ。ただの人ではない。恋人である。初めて、会うのだ。

付き合っているのに、どうして初対面なのか。

これも、今となっては別段珍しくもない。

所謂、ネット恋愛だ。オンラインゲームに登録している小太郎は、とあるプレイヤーに恋をした。少々ミスの目立つプレイも、自分が助けてあげたくなる。よく跋扈しているネカマ─ネット上で女性のふりをする男性─ではないことは、音声チャットで確認済み。共闘を重ねていくうち、想いは強く、確かなものになる。そして、ある日。我慢が切れてしまった。

「みゅうのことが、好きだ」

みゅう、というのが相手の名前。勿論、ゲーム上のものだ。小太郎は、グレイという名をつけている。産まれて初めての告白は、思った以上にすんなり終わった。

咄嗟の一言だったのもあるだろうが、それ以上に、告白するつもりなんて無かったことが起因しているのだろう。まるで、息を吐くだけのような作業だった。それでも、感情と熱はしっかり伝わったらしい。相手が息を呑み、沈黙を作る。

やがて、いつもの甘い声が聞こえてきた。

「……あたしも、グレイが好き」

こうして二人の交際は、スタートしたのである。

小太郎は、みゅうから個人的な連絡先を受け取った。そして、日がな一日、遣り取りをしたものだ。無論、みゅうも小太郎も実際本当にスマホへ噛り付くわけにはいかない。なので、時間をぎゅっと詰めたら、一日の三分の一に届くかも、判らない。だが、大切なのは二人の心が急速に近付いている点だと、小太郎は思う。

みゅうの本名は、浅利夏未といった。初夏に生まれたのが、名前の由来らしい。身長は、百五十二センチ。体重は秘密。髪型、黒のミディアムストレート。服装、フェミニン。顔については、まだ判っていない。写真を送って欲しいと、小太郎が催促したことは何度かある。

しかし、なんだかんだで、毎回はぐらかされてしまっていた。仕方が無いので、小太郎も引き下がる。だからこそ、今日会えるというのが、とても嬉しい。

今まで恋というものをしてこなかったので、自分がどんな女性をタイプとしているかは把握していない。それでも、面食いではないことは、なんとなく感じていた。顔やスタイルよりも夏未の懐っこい愛らしさが好きなのだ。

住宅地を抜けて、唐突に現れた一軒のカフェ。どうやら、近所の主婦が片手間でやっているらしい。この古民家を改築したようなレトロ感漂う店が、待ち合わせ場所。

小太郎と夏未は決して近場に住んでいたわけではない。電車とバスを乗り継ぎ、二時間。やっとのことで、辿り着いた。

夏未に会えることを考えれば、この木枯らしも苦ではない。しかし、いつまでも寒空の下佇んでいる理由もなかろう。小太郎は、扉のベルを鳴らし、中に入った。

スポンサーリンク

イヤホンを外し、上着のポケットに仕舞う。店内は大して広くはない。客も多くはなかった。

ぽつりぽつりと、数人で固まって座っている。そんな中、奥の方にちんまりと席に着く女性が居た。薄桃色のニットセーターを着込み、ハーフアップの髪型が控えめな印象を与える。

小太郎と目が合うと、彼女は顔を上げた。そして、瞳を細めて片手を振る。まるで、親しい人にするように。戸惑う小太郎。すると、彼女はスマホを取り出し何か打ち込む。途端、小太郎のポケットが震える。

手を突っ込むと、スマートフォンに受信履歴があるではないか。開いてみた。

小太郎、だよね。夏未だよ。

女性の方を見ると、スマホを翳し、にこにこと笑っている。小太郎は意を決して、彼女へと近寄った。今更ながら、店員である男が怠そうに出迎える。席に着いた小太郎の前へ、適当な所作でグラスを置く。

「アイスコーヒー」

取り敢えず生、と変わらないノリで、そう口にした。店員が去って行くのを見送ってから、彼女は口を開いた。

「はじめまして。……で、いいのかな。えへへ、みゅうです」

どうやら本当に、目の前の女性は、夏未らしい。少女性を感じさせる身の捩じり方は、仔猫のような声によく合う。小太郎も釣られるようにして、頭を下げた。

「グレイです。……初めまして」

御互いを確認したので、改めて本名で呼ぶ運びとなる。

「小太郎は……呼び捨てで、いいんだよね」

「あぁ、問題ない」>

普段人と話すことが極端に少ない為、小太郎の口調はどこか芝居めいてしまう。それを気にする風でもなく、夏未はにこにこと笑顔を見せた。林檎の香りが漂う紅茶を啜ると、言葉の続きを連ねる。

「ありがとう。小太郎は、ネットで知り合った人と実際に会ったことってあるの?」

探るような視線を向けられた気がする。紛い成りにも恋人同士なので、ヤキモチやそれに準じた感情が生まれても、不思議ではない。小太郎は、遠慮や気遣いからではなく、本当に正直な気持ちで否定した。

「いや、無いよ。俺は、あまり人と群れないからな」

「ふふ。やっぱり、小太郎はクールなんだね」

ただ単に、人の懐へ入れないだけだ。それを好意的な感想に包まれるのを、黙って受け流す。

ふと周りを見てみれば、細やかに行われる会話。小太郎と夏未を捉えている。どうやら、二人の声が届いたらしい。

オンライン上の知人と会うことがそんなに珍しいのか。

不服そうに唇を尖らせ、目を伏せる。運ばれて来たアイスコーヒーへミルクとガムシロップを投入。そして、飲み干さんばかりに喉の奥へ流す。冷たい液体が体内を一気に冷やした所為で、脳味噌の詰まっている頭が痛んだ。

米神辺りをぐりぐりと抑えて、眉を顰める。気付けば、店内にはアップテンポな曲が流れていた。それとマッチングするように、夏未の口は軽やかに動かされる。

「私、小太郎と出逢って運命だなと思ったの」

両の手を組んで、頬に宛がう仕草は乙女そのもの。雰囲気は非常に甘く無垢であり、幾何かの残酷さすら見え隠れする。先を促してもいないのに、夏未は語るが如く、喋り続けた。

小太郎は胸中で渦巻く感覚を必死に誤魔化す。

「それまで家でひとり、退屈な日々を送っていた私を、連れ出してくれた」

勿論、言葉の綾。比喩だ。

現実には小太郎だって、自宅に張り付く頻度の高い毎日を繰り返してきている。人様にそんな風な感情を抱いてもらえるほど、尊厳高くなどない。しかし、それを自覚していながらも、そのように吐露出来る純然さも持ち合わせてはいなかった。

「……夏未は、俺を実際に見て、どう思った」

「そりゃ、もう理想の王子様だよ」

「会って、十五分くらいしか経ってないのに、そんな過大評価出来るのか」

「過大でも誇大でもないよ。私、判るの」

彼女は、笑い皺を増やした。

スポンサーリンク

芝居掛かった調子で、自身の胸部を軽く叩く。拳の動きは不慣れな様子で、どうも夏未迄、無理をしているように思えた。

無意味なんじゃないだろうか。

小太郎は、そんな気持ちに揺り動かされた。

夏未により、外へ出てきた小太郎だけれども、別に彼女じゃなくたってきっかけは、ごろごろ転がっている。

逸る気持ちを抑えられなかったのは本当だ。

夏未に色々な、様々な期待をして生きていた。

みゅうという存在が、小太郎を支えていたのだから。

しかし、それも今となっては虚しく感じる。何故だろうか。

「小太郎だって、そうでしょう。じゃなきゃ、私と会ったりしないものね。小太郎が私を選んでくれた。私は、小太郎に選ばれた。ふふ、それってどう考えても、運命ってことよね」

何を言っているのか、理解する気はなかった。きっと、自分には判りっこない。

寧ろ、この練り香水みたいな喋り口調は、全く関係のないところに降り注がれている。

小太郎の瞳を真直ぐに見つめてくる彼女を、ぼんやりと返しながら、そう思った。

ふと、腹が痛くなってきた。じんわりと。しかし、確実に。

アイスコーヒーを一気に飲んだからだろうか。

小太郎は、短く断りを入れて、席を立つ。

用を足して、洒落た鏡に自身の顔を映す。相変わらずの、垢抜けない男。

今日という日を楽しみにして、どれだけ気合を入れたか。

服だって、実はわざわざ新しく買い揃えたものだ。靴も、磨いた。ヘアスタイルも、流行りを気にしてみた。

それなのに。

項垂れて、大きく溜息を吐く。

一体全体、どういうことなのだろうか。

目の前に居る女性、みゅう……夏未は、どう見ても老婆だった。

皺だらけの顔面に、枯れ枝のような、手。声だけは蜜を溶かした水の如き甘さを放っている。不似合いな存在感が、どこまでも不気味であった。

小太郎は、会ってからずっと悩んでいたことを問う。

「なあ、夏未。お前、今いくつなんだ?」

「えぇ、やだ。年齢の話は、女性にすべきじゃないわよ」

クスクスと悪戯めいた少女の笑顔で、夏未は言う。何かの差を感じた。表すなら、自分の年を十代かそこらと勘違いしているかのような。

「お前、俺の母親……いや、祖母と変わらないんじゃないか」

無論、事実上のおばあさんにあたる親族は居る、小太郎。見た記憶はないけれど、でも、ざっと計算をすればそう弾き出される。

敬語というものを放り捨てて突き詰めれば、夏未はきょとんとした表情で迎え撃つではないか。この男は何を言っているのだろうと、思っているのかもしれない。それほどまでに、純然たる疑問を浮かべていたのだ。その反応が想定外だった為、小太郎の方こそが不可解なのかと当惑してしまう。

「私が小太郎のおばあちゃんなんて、おかしいでしょう。確かに、幼い子供じゃないけれど、それにしたって……」

気分を害したというよりは、不可思議がっているようだ。小太郎は、ふと周りを見渡す。客がいつのまにか居なくなっており、静まり返った店内が広がる。どことなく、不気味なものを抱いた。

「ねえ、小太郎。あなたは、私のことが好きよね」

確定した喋り口調。小太郎は唸るように苦しんだ。いや、苦しむように唸った。

確かに夏未のことは好きだ。だがしかし、それは自分と同年代かそこらだと信じていたから。信じる信じない以前に、まさか、老婆を相手に熱を上げていたなんて。小太郎は、目元を抑える。

「小太郎、どうしたの」

「どうしたもこうしたもない。お前なんか、誰が好きになるもんか」

とてつもなく幼稚な文句を垂れて、小太郎は席を立った。背凭れが後ろの椅子に遠慮なくぶつかった。構うものか。いきなりの行動に、夏未は驚いた様子で見上げる。

「小太郎?」

「帰る」

「え、待って。どうして……」

財布から紙幣を抜いて、テーブルへと叩くように置く。慌てた夏未だが、年の所為か俊敏には動けない。

店を出て、歩き出す。嗚呼、腹立たしい。小太郎は、すっかり騙された気分でいた。

今までかけてきた時間とここに来るまでに使った金が、勿体無い。彼の横を通り過ぎる親子は、とても楽しそうである。それすらも、どうにかなりそうなくらい、イライラした。自分の不幸を呪う小太郎。追いかけるものは、何もない。代わりに、子供が嬉しげに母親へ言う。

「ねえ、ママ。帰ったら、この絵本、読んでね」

冠を乗せた蛙の描かれたそれが、無邪気に掲げられる。

スポンサーリンク

■姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 MENU

姓名判断 画数で占う名前占いの基礎 五格

姓名判断 画数でみる名前の陰陽バランス

姓名判断 名前の画数の五行

姓名判断 名前占いでのひらがな、カタカナ、漢数字、ローマ字・アルファベットの画数の数え方

姓名判断 漢字の画数数え方 漢字の画数候補一覧

姓名判断 画数の意味 吉凶一覧

姓名判断 名前で相性占い 結婚、恋愛、カップル、友達、夫婦、子供、体の相性など

姓名判断 赤ちゃん、子供の名付けで避けたい凶の悪い名前、名付け方気を付けること

姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

財布で金運アップ・財運アップ 開運効果のいろは

 ┗金運アップ・財運アップする財布

 ┗金運アップの財布の使い方 実践編

パワーストーン・天然石で開運 金運・財運や恋愛運・結婚運、仕事運、健康運アップ

 ┗パワーストーン・天然石の選び方 オーリングテストのやり方

 ┗金運、財運アップに効果ある天然石パワーストーン、組み合わせ

恋愛・結婚コラム 恋活・婚活のお手伝い♪

 ┗愛され上手な女になるって?

 ┗結婚はないな…。と男性に思わせる女性の行動パターン

 ┗彼氏ができない、続かない、どうすれば?

 ┗職場の年下男性の恋の脈ありサインは?

 ┗彼氏ができないアラサーの本当の理由・意外な訳

 ┗気になる人、好きな人に好かれる方法

 ┗男性は女性のここを見ていた!恋する女性は美しくなる

 ┗恋愛ジンクス 彼氏ができる、両思い、復縁など幸せになれる恋のジンクス

 ┗結婚できるジンクス、プロポーズのジンクスなど結婚できる縁結び!

 ┗女性にモテる男はどんな人?モテない男がモテる男になるためにすること

 ┗男の幸せ、男性の幸せとは?

 ┗恋愛結婚、お見合い結婚メリット、デメリット。よくある失敗と後悔

 ┗彼氏が欲しい女子必見!彼氏ができない女の特徴、理由、共通点

 ┗彼氏欲しいけど彼氏いない30代40代女性が高率で彼氏ができる方法

 ┗自分はお見合い派?お見合い結婚のデメリット!離婚・別居、結婚で失敗・後悔しないために

 ┗男の本音

 ┗私の恋とファッション

 ┗本気の男性の見分け方!こんな人なら幸せにしてくれる

 ┗彼女ができない意外な男性の欠点

 ┗男性からのデートの誘い方。やっぱり直接が一番

 ┗男性の結婚相手の決め手 結婚相手と恋人との違い

 ┗婚活女性が語る結婚したいと思う男性、女性の結婚の決め手

 ┗marrish(マリッシュ) 素敵な結婚相手との出会い・婚活、恋人探しお手伝い

 ┗女性の婚活どうすれば?!〜成婚した人が教える5つの秘訣〜

 ┗安心・安全に婚活・恋活ならマッチングアプリ・サイト ペアーズ(Pairs)

美容コラム 綺麗のお手伝い♪

 ┗綺麗になりたい方必見!簡単に美肌になる方法!

 ┗モテる女性の特徴は何といっても色気と美肌

 ┗誰でも簡単にできる老けずに若さを維持できる美容法

 ┗女子力って何?男にもモテる20代女子力アップ方法、アイテム

 ┗美肌になるには?簡単綺麗、美肌になる方法!これでモテる美人女性

 ┗ニキビ跡の治し方 色素沈着、黒ずみ、赤みのおすすめ治療法

 ┗お肌のお悩み解決〜乾燥肌、油肌、ニキビ肌改善し美白肌へ

 ┗スキンケアとは?スキンケアの基本・基礎、やり方(方法)と順番

 ┗お肌の曲がり角の対策とスキンケア

 ┗自宅でできる続けられる無理しないダイエット運動。毎日の習慣で痩せる!

 ┗美容師がおすすめするトリートメント、トリートメントのやり方、使い方

 ┗20代の女磨き!綺麗になる方法、綺麗を保つ秘訣

 ┗美容師が勧めるシャンプーを選ぶ基準とは?年齢で変わるおすすめシャンプー

 ┗効果的なシミ消しクリーム・化粧品の選び方

 ┗洗顔と美白!おすすめ洗顔フォーム。市販のプチプラ洗顔フォームの効果は?

 ┗トリートメントとは?美容師がおすすめするトリートメント オッジィオット(oggiotto)、N、ディーセス ノイドゥーエ

ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪

 ┗甘酸っぱく

 ┗私色と君色

 ┗可愛い物にあなたと埋もれたい

 ┗詩にのせて

 ┗僕が俺に変わる瞬間

 ┗レンタルイケメン部

 ┗あなたの本音あばきます

 ┗愛ある温もりを

 ┗君が初めて泣いた日

 ┗愛を結ぶビル

 ┗不器用な恋

 ┗目立たない恋

 ┗俺が一番

 ┗恋の形

 ┗傷を持った愛

 ┗マニュアルどおりにならない恋

 ┗頑張れ母ちゃん 読み物

 ┗芸能人とみゃーこ

 ┗恋のカタチはそれぞれ 恋愛小説

 ┗そろそろ食べ頃 恋愛小説

 ┗不器用な人に恋をした

 ┗僕を受け入れてくれた彼氏

 ┗勇太と時宗

 ┗飯テロ

 ┗闇サイトバイト

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた2

 ┗ハシラさん〜地方の因習・風習 怖い話

 ┗自惚れと嫉妬 恋愛小説

 ┗約束 小説 読み物・物語

 ┗先輩後輩 恋愛小説

 ┗髪と喫茶店の恋 恋愛小説

 ┗芸能人の彼 恋愛小説

 ┗初恋の彼女 恋愛小説

 ┗ケーキの恋 恋愛小説

 ┗三つ編みの恋 恋愛小説

 ┗天使とたまご 日常小説

 ┗星のうた 恋愛小説

 ┗謎のラーメン屋〜ホラー小説・怖い話

 ┗×××町の幽霊トンネル〜〜ホラー小説・怖い話

 ┗死体を埋めに。間違えて殺してしまった女。

 ┗天秤を祀る神社〜ホラー小説・怖い話

 ┗霊感の強い友人〜ホラー小説・怖い話

 ┗ループ〜ホラー小説・怖い話

 ┗村の呪縛〜日常系小説

 ┗恋愛はお食事の後でもいいですか? 恋愛小説

 ┗メイク変えたらモテた 恋愛小説

 ┗冷たい告白 恋愛小説

 ┗幼なじみの二人 恋愛小説

 ┗不器用な俺の恋愛 恋愛小説

 ┗可愛くない私にあいつは恋してる 恋愛小説

 ┗思わぬ出会い 恋愛小説

 ┗数学と恋愛 恋愛小説

 ┗叶わなかった恋 恋愛小説

 ┗両手から溢れるほどの愛情 恋愛小説

 ┗恋した相手は芸能人 恋愛小説

 ┗いつでも一緒 恋愛小説

 ┗それぞれの思いを胸に

 ┗音楽を通して

 ┗どんな恋がお好きですか

 ┗ホストとルームメイト

 ┗可愛い私を受けとって

 ┗私の恋は不良君にささげます

 ┗訳あり喫茶店

 ┗出会いの喫茶店

 ┗恋に不器用な私

 ┗勇者と魔女の物語

 ┗幼馴染

 ┗気になる男の子

 ┗作家の恋

 ┗想い人は山田くん

 ┗地味な私でも恋したい

 ┗小さなキューピット

 ┗ヨシオ

 ┗転校生

 ┗自由

子育てコラム♪

 ┗高齢出産のリスク〜高齢出産は怖い?

お金と仕事、自己啓発のコラム♪

 ┗職場のトラブルに効果的に対処する方法

 ┗新しい英語検定・CASEC受験で英語力診断!

 ┗はたらくどっとこむ 女性に人気の稼げる楽しいリゾートバイトがたくさん

 ┗1週間などの短期〜長期までリゾートバイトならはたらくどっとこむ アプリリゾートがおすすめ

 ┗介護職求人サイト かいご畑 介護職の人気求人多数!

 ┗ハーバリウムの認定講師資格ならPBアカデミーの通信教育!ハーバリウム講座資料請求お気軽に

 ┗嵐山 太秦一帯 松尾大社 広隆寺と秦氏

 ┗丸山議員N国民党に入党 失言、経歴、ツイッター発言

 ┗青森県の名物 特産物・特産品、名産物・名産品、郷土料理ご紹介 お土産にも

スポンサーリンク


Copy right©2013

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定

All Right Reserved.