一人花見 短編小説

スポンサーリンク

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 >>ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪ >>一人花見 短編小説

一人花見 短編小説

桜。

日本の文化を象徴する一つの植物、『日本人の心』なんて言われる事もある美しく、儚い植物。

私は桜が大好きだ。

ただ、一つ勘違いをしないで欲しいのが、『花見』などという乱痴気騒ぎに興じる気はないということだ。

花を見ると書いて花見というが、花見を楽しむ連中の一体どれほどの人間が真剣に桜を見ていると言えるだろうか。

大人数で大勢集まり、酒や食い物にばかり目を向け酔っぱらいみっともなく騒ぎ回る。

彼らのように、花見という季節のイベントに乗じて飲んで騒ぎたいだけの連中とは私は違うのだ。

私は一人、河川敷に腰を落ち着け桜を目で見て愛でながらその美しさを堪能しているのだ。

これぞ本当の花見、これぞ本当の日本人のあるべき姿という物。

大勢で群れて集まって、騒ぎ散らかすなど日本の心というものを全くわかっていない。

「おじちゃん、ひとりでなにしてるの?」

ふと、桜を楽しむ私に横から声がかかる。

目線を横に向けて見れば、そこにいたのは10も行ってないだろうか?少女が一人こちらを不思議そうに覗き込んでいた。

「私は花見をしているんだよ。」

何の淀みもなく答える私に、少女は目をぱちくりとさせた。

「ひとりでおはなみ?」

ああ、可哀想に。

この少女も現代人の誤った花見という物に毒された哀れな被害者の一人というわけだ。

「いいかいお嬢ちゃん。花見というのはね、桜を見て楽しむ物なんだ。騒いで飲んで食べてたりしたら桜を見る事が出来ないだろう?あれは本物の花見じゃない。花見、というのは私のように一人静かに桜を…」

「おじちゃん、おともだちいないの?」

練習してきたかのように滑らかで、つらつらと花見の真たる姿を語る私の言葉を遮って少女は問うた。

「…………………。」

「いないの?」

「……は、花見、というのは…だね、友達と見るものでは…。」

おかしい、先程まではあれほどスムーズに口から出ていた言葉がつかえつかえになる。

何だか視界も悪くぼやけて来ている気がするぞ。

「……かわいそうだね。」

少女の不思議そうな視線が、憐れむような物に変わる。

そう、私は友達がいなかった。

幼少期より内向的で、あまり人とコミュニケーションを取る事を得意としていなかった私は、学生時代より親しい友人、という物を持った事がなかった。

スポンサーリンク

だが、別に気にしてはいない。

あんな日本の心や侘び寂びも理解せぬような人間と友達になるなど此方から願い下げという物だ。

しかし、子どもというのは時に残酷な言葉を平気で口にするものだ。

私が友達がいないことなど全く気にしない人間だったから良かったものの、思春期の友達の居ない繊細な人に同じ言葉をぶつけていたら大きなトラウマを残していただろう。

私は断じて平気だ、なぜなら友達が出来ないのではなく自ら選択して友達を作っていないからである。

だがなぜだろう、先程から視界が妙にぼやけてしまうのは。

「そ、そういう君こそこんなところで一人で何をしているんだい…。」

決して気になどしていないのだが、これ以上踏み込まれると泣…ではなく、花見の雰囲気が台無しになってしまうので話を少女の方へとすり替える。

私のような中年男性ならともかく、小学生くらいの年頃であろう少女はこんな場所を一人でふらふらした挙げ句、一人で寂し…ではなく風流に桜を見上げるおじさんに声をかけてくるとは。

「んー。わたしもね、ひとりなんだ。」

何だ、この少女も友達がいなかったのか。

そうか、内気で一緒に花見に行く友達もおらずこうして一人でいる私ならば仲間になれるのではないかとシンパシーを感じていたというわけだ。

「そ、そうかい。君も友達がいないんだね。」

何故か声の弾む私、相手に友達がいないことで喜ぶなど人間性としては最低だと思うが、傷口を若干抉られた私も被害者なのだ、多少は多めに見て欲しい。

いや、傷口などなかったが、あくまで客観的に一般的に見て傷口を抉るような物言いをされた側だから、という意味だ。

「んーん、がっこうにはいるよ。きょうはみんなかぞくとおはなみなんだって。」

「ええ!?」

「わっ」

騙されたぞ畜生、何だこの少女も無垢そうな顔をして友達を持つリア充どもの仲間だったというわけだ、私のような独り者を笑いにきたのか。

友達がいないフリをして一瞬心を開かせ裏切るとは何たる狡猾、何たる悪辣。

いや、私が勝手に早とちりをしただけか…いかん、どうも感情が暗い方向に走ってしまう。

中学生の頃を思い出し……いやいや、なんでもない、何もなかった。

「す、すまない。大きな声をあげてしまって。」

「んーん、いいよ。」

そう言いながら、少女はどういうわけか私の隣に座った。

「………お嬢ちゃんも家族と花見には行かないのかい?」

このまま沈黙が続くのも気まずく、ついと彼女の話しを思い出して問いを向ける。

「うん、ママもパパもきょうはおしごとだから。」

「そうか…だからと言って、知らないおじさんに近寄ったら危ないと思うよ。」

寂しそうな表情をしている、というわけではないがこんな見知らぬ男の花見に付き合う時点で一人の時間を持て余しているのは間違いないだろう。

とは言え、何かと物騒な時代だ。

彼女のあまりに無防備な姿はどこか危うさを感じた。

スポンサーリンク

「おじちゃん、わたしにあぶないことするの?」

「いや、寧ろ危ないのは私の方かな」

何せ昨今は成人男性が少女に声をかけただけで通報される時代だ。

こんな所で一人で花見をしているという世間的に見れば不審者丸出しな私が通報された場合、社会的地位がどうなるかは想像に難くない。

「わたし、あぶないことしないよ?」

「君のバックにいる国家権力という物が危険なんだよ」

「そーなんだ。よくわからないけど、おとなはたいへんだね。」

そう、なので私は自分の身を守ることを考えるならば一目散に立ち去るべきなのだ。

しかし、ここで我が身可愛さに逃げ出すのも彼女を傷つけるのではないかとその場を立ち去る気にはならなかった。

決して、ひとりぼっちの花見がちょっと寂しくて見知らぬ少女とは言え嬉しかったわけではない。

「そう、大変なんだよ。」

「おともだちもいないしね。」

「重ねて言わないでくれたまえ。」

なぜこの子は平気で人の心を更に抉るようなことを言うのだ、無邪気というのは恐ろしい。

「でも、たださくらをぼーっとみるのつまんなくない?」

私の隣で三角座りになった少女は小首を傾げ此方を見上げてくる。

「そんなことはない、桜の美しさは見ているだけで人の心を満たしてくれるものだ。」

そう、これが花見の真の姿だ。

花をそっちのけで桜の下でどんちゃん騒ぎなど下品というもの。

桜にも無礼であろう。

「そーかな、でもみんなでいっしょのほうがもっとたのしいよね。」

そのみんなが私にはいないのだから仕方ない。

いや違う、そんな物は必要ないのだ。

「そーだ、それじゃおじちゃんわたしといっしょにおはなみしよ!」

「は?」

唐突な少女の誘いに私は桜にずっと向けていた顔を思わず彼女に向けた。

「おおぜいじゃないけど、ひとりよりふたりのほうがたのしいよ!」

「い、いや、私はそういうのは…!」

「あ、でもおべんとないね。じゃあかわりにこれ!」

戸惑う私にそう言って少女が差し出したのはポケットに入っていたチョコレート菓子だった。

それを2つに割ると、片方を私に差し出してくる。

「はい、ないよりはいーよね!」

「あ、ありがとう…。」

無邪気な笑顔で差し出されるそれを突っ返す程の勇気は私にはなく、押し切られるようにして受け取ってしまった。

スポンサーリンク

「おかしもね、ひとりでたべるよりふたりでたべたほうがおいしーんだよ。」

得意気に笑いながら、チョコを口に放り込む少女。

私も倣うようにしてチョコを口に入れる。

何てことはない普通のチョコ菓子だ。

なのになぜだろう、この満足感というか充足感は。

「ね?」

「あ、ああ…そうだね…」

どうだ、言った通リだろうと言わんばかりの少女に私は思わず頷いてしまった。

二人で食べたからと言って味が美味しくなるわけではないのだ。

だが、何とも言えない満たされるような気持ちを私は確かに感じていた。

「つぎは、おうただ!」

「へ!?」

続く少女の提案には流石に私も狼狽した。

お菓子を一緒に食べる程度ならいざしらず、流石にこんなところで歌うのはいくら何でも抵抗がある。

何より目立つ、中年男性と小学生くらいの女の子。

こんな状況で目立てばそれこそ通報の危険性が倍増どころの話ではない。

「さん、はい!」

しかし、少女は私の慌てふためく様子など気にせずいきなり拍子を取ったかと思うと唐突に歌いだした。

しかも、その歌はというと日曜朝にやっている女児向けのテレビアニメのオープニングソングだった。

悪いことに、私はいい年してそういったアニメが大好きな部類の人間だったので歌えてしまうのだ。

お世辞にも歌の上手いといえる方ではない私だが、少女が歌いながらさあ早くと言わんばかりの目線を送って来ては、観念して歌いだした。

河川敷で桜を前に、子供向けアニメの歌をおじさんと女の子二人で歌う様はやはりというか、当然というか注目を集める事となった。

しかし、一度歌いだしたからはもうヤケだと私は全力で声を張り上げて歌ってやった。

もうここまで恥をかいたんだ、これ以上下がることはあるまいと。

「あはは!たのしかったね!」

「いや、大変恥ずかしかったよ…」

満足気な少女に対して、私は顔が真っ赤になっているのが自分でもわかるくらいだった。

しかし、それだけではなくちょっとだけ楽しかったのも事実だ。

注目を浴びて、恥ずかしくなり桜を見るという当初の目的がすっかり頭からすっ飛んでいたのを思い出す。

やれやれ、私も形はかなり違うが花見と言いながら桜から意識を離してしまった愚か者の仲間入りというわけだ。

「全く、君はとんでもない子だよ…。」

「えへへ…」

褒めたわけではないのだが、なぜだか少女は照れくさそうに笑っている。

しかし、あんなに大声で歌ったのは何年ぶりだろうか?声を張り上げて流石に喉が乾いた。

私は近くにあった自動販売機でジュースを2本買って一つを少女に差し出す。

スポンサーリンク

「それじゃあ、最後はお酒の代わりに飲み物で乾杯しよう。」

「いいの?」

「チョコレートのお礼だよ。」

少女はそれからにっこりと笑って礼を口にし、受け取ってくれた。

二人並んで缶ジュースで乾杯。

風情はないが、これも悪くはない。

「ね?おはなみたのしーでしょ!」

「……そうだね。」

めちゃくちゃだが、正直楽しくなかったと言えば嘘になる。

甘いジュースを流し込み、喉を潤しながら一息ついて思った。

先程のお菓子の充足感と言い、ただのジュースだというのに同じように充足感を感じていた。

「……わかってたんだ、本当は。」

「え?」

私は思わずぽろりと本音を漏らす。

そう、わかっていたのだ。

そして、私は本当は羨んでいただけなのだ。

花見、というのは花を見て楽しむものではない。

そこにある雰囲気を楽しむ物なのだ。

私は常に言い訳をして、踏み出す勇気がないことを誤魔化していただけ。

童話のすっぱいぶどうと同じ。

味わったことがない、手に入らない物だからそれはつまらない物だと決めつけていたのだ。

「花見はやっぱり、楽しいよな」

「そーだよ!だから、おじちゃんもおともだちつくってみんなでおはなみしよ!」

ぱしん、と少女が私の背中を叩く。

「…出来るかな?」

「できるよ、わたしがおともだちいちごーね!」

そう言って、少女は私にハイタッチの構えを取った。

私も思わずその手に自分の手を軽く合わせた。

「それじゃ、わたしそろそろかえるね!ばいばいおじちゃん!」

そう言って少女は立ち上がると、ジュースごちそうさまと言葉を添えて元気よくかけていった。

一人取り残された私は、なんとも言えない寂寞の思いを抱えため息をついた。

「あれ、先輩じゃないっすか?もしかしてさっきの歌うたってたの先輩ですか?」

ふと、私の背中に声をかけるものがいた。

振り返るとそこには私の勤める会社の後輩の男性社員と女性社員が一人ずつ。

それぞれスーパーか何かのビニール袋に大量のお菓子やら酒やらが入っているものを抱えていた。

「えー!あれ先輩だったんですか?もう、超笑いましたよ!」

どうも、先程の少女との全力熱唱デュエットを聞かれていたらしい。

「あ、あはは…いや、何友達にそそのかされてしまってね。」

恥ずかしさに頭をかきながら目を逸らす。

「てかちょうどよかった、今から丁度花見なんすよ。先輩いっつも就業時間終わるとさっさと帰っちゃうから誘う暇なかったんすけど、一緒に飲みません?」

「そーだ、さっきの歌もっかい歌ってくださいよ!」

若い二人は実にグイグイと来る。

しかも、先程の赤っ恥を今度は知った顔の前でやれということだ。

普段の私ならばきっと何かと理由をつけて断っていただろう。

「……仕方ないなぁ、そのかわり君らも歌うんだぞ!一人で歌うことほど寂しい物はない!」

だが、今の私に断る理由はなかった。

恥ずかしさも勿論あったが、何より。

誰かと花見をする楽しみを、私は知ってしまったのだから。

スポンサーリンク

■姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 MENU

姓名判断 画数で占う名前占いの基礎 五格

姓名判断 画数でみる名前の陰陽バランス

姓名判断 名前の画数の五行

姓名判断 名前占いでのひらがな、カタカナ、漢数字、ローマ字・アルファベットの画数の数え方

姓名判断 漢字の画数数え方 漢字の画数候補一覧

姓名判断 画数の意味 吉凶一覧

姓名判断 名前で相性占い 結婚、恋愛、カップル、友達、夫婦、子供、体の相性など

姓名判断 赤ちゃん、子供の名付けで避けたい凶の悪い名前、名付け方気を付けること

姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

財布で金運アップ・財運アップ 開運効果のいろは

 ┗金運アップ・財運アップする財布

 ┗金運アップの財布の使い方 実践編

パワーストーン・天然石で開運 金運・財運や恋愛運・結婚運、仕事運、健康運アップ

 ┗パワーストーン・天然石の選び方 オーリングテストのやり方

 ┗金運、財運アップに効果ある天然石パワーストーン、組み合わせ

恋愛・結婚コラム 恋活・婚活のお手伝い♪

 ┗愛され上手な女になるって?

 ┗結婚はないな…。と男性に思わせる女性の行動パターン

 ┗彼氏ができない、続かない、どうすれば?

 ┗職場の年下男性の恋の脈ありサインは?

 ┗彼氏ができないアラサーの本当の理由・意外な訳

 ┗気になる人、好きな人に好かれる方法

 ┗男性は女性のここを見ていた!恋する女性は美しくなる

 ┗恋愛ジンクス 彼氏ができる、両思い、復縁など幸せになれる恋のジンクス

 ┗結婚できるジンクス、プロポーズのジンクスなど結婚できる縁結び!

 ┗女性にモテる男はどんな人?モテない男がモテる男になるためにすること

 ┗男の幸せ、男性の幸せとは?

 ┗恋愛結婚、お見合い結婚メリット、デメリット。よくある失敗と後悔

 ┗彼氏が欲しい女子必見!彼氏ができない女の特徴、理由、共通点

 ┗彼氏欲しいけど彼氏いない30代40代女性が高率で彼氏ができる方法

 ┗自分はお見合い派?お見合い結婚のデメリット!離婚・別居、結婚で失敗・後悔しないために

 ┗男の本音

 ┗私の恋とファッション

 ┗本気の男性の見分け方!こんな人なら幸せにしてくれる

 ┗彼女ができない意外な男性の欠点

 ┗男性からのデートの誘い方。やっぱり直接が一番

 ┗男性の結婚相手の決め手 結婚相手と恋人との違い

 ┗婚活女性が語る結婚したいと思う男性、女性の結婚の決め手

 ┗marrish(マリッシュ) 素敵な結婚相手との出会い・婚活、恋人探しお手伝い

 ┗女性の婚活どうすれば?!〜成婚した人が教える5つの秘訣〜

 ┗安心・安全に婚活・恋活ならマッチングアプリ・サイト ペアーズ(Pairs)

美容コラム 綺麗のお手伝い♪

 ┗綺麗になりたい方必見!簡単に美肌になる方法!

 ┗モテる女性の特徴は何といっても色気と美肌

 ┗誰でも簡単にできる老けずに若さを維持できる美容法

 ┗女子力って何?男にもモテる20代女子力アップ方法、アイテム

 ┗美肌になるには?簡単綺麗、美肌になる方法!これでモテる美人女性

 ┗ニキビ跡の治し方 色素沈着、黒ずみ、赤みのおすすめ治療法

 ┗お肌のお悩み解決〜乾燥肌、油肌、ニキビ肌改善し美白肌へ

 ┗スキンケアとは?スキンケアの基本・基礎、やり方(方法)と順番

 ┗お肌の曲がり角の対策とスキンケア

 ┗自宅でできる続けられる無理しないダイエット運動。毎日の習慣で痩せる!

 ┗美容師がおすすめするトリートメント、トリートメントのやり方、使い方

 ┗20代の女磨き!綺麗になる方法、綺麗を保つ秘訣

 ┗美容師が勧めるシャンプーを選ぶ基準とは?年齢で変わるおすすめシャンプー

 ┗効果的なシミ消しクリーム・化粧品の選び方

 ┗洗顔と美白!おすすめ洗顔フォーム。市販のプチプラ洗顔フォームの効果は?

 ┗トリートメントとは?美容師がおすすめするトリートメント オッジィオット(oggiotto)、N、ディーセス ノイドゥーエ

ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪

 ┗甘酸っぱく

 ┗私色と君色

 ┗可愛い物にあなたと埋もれたい

 ┗詩にのせて

 ┗僕が俺に変わる瞬間

 ┗レンタルイケメン部

 ┗あなたの本音あばきます

 ┗愛ある温もりを

 ┗君が初めて泣いた日

 ┗愛を結ぶビル

 ┗不器用な恋

 ┗目立たない恋

 ┗俺が一番

 ┗恋の形

 ┗傷を持った愛

 ┗マニュアルどおりにならない恋

 ┗頑張れ母ちゃん 読み物

 ┗芸能人とみゃーこ

 ┗恋のカタチはそれぞれ 恋愛小説

 ┗そろそろ食べ頃 恋愛小説

 ┗不器用な人に恋をした

 ┗僕を受け入れてくれた彼氏

 ┗勇太と時宗

 ┗飯テロ

 ┗闇サイトバイト

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた2

 ┗ハシラさん〜地方の因習・風習 怖い話

 ┗自惚れと嫉妬 恋愛小説

 ┗約束 小説 読み物・物語

 ┗先輩後輩 恋愛小説

 ┗髪と喫茶店の恋 恋愛小説

 ┗芸能人の彼 恋愛小説

 ┗初恋の彼女 恋愛小説

 ┗ケーキの恋 恋愛小説

 ┗三つ編みの恋 恋愛小説

 ┗天使とたまご 日常小説

 ┗星のうた 恋愛小説

 ┗謎のラーメン屋〜ホラー小説・怖い話

 ┗×××町の幽霊トンネル〜〜ホラー小説・怖い話

 ┗死体を埋めに。間違えて殺してしまった女。

 ┗天秤を祀る神社〜ホラー小説・怖い話

 ┗霊感の強い友人〜ホラー小説・怖い話

 ┗ループ〜ホラー小説・怖い話

 ┗村の呪縛〜日常系小説

 ┗恋愛はお食事の後でもいいですか? 恋愛小説

 ┗メイク変えたらモテた 恋愛小説

 ┗冷たい告白 恋愛小説

 ┗幼なじみの二人 恋愛小説

 ┗不器用な俺の恋愛 恋愛小説

 ┗可愛くない私にあいつは恋してる 恋愛小説

 ┗思わぬ出会い 恋愛小説

 ┗数学と恋愛 恋愛小説

 ┗叶わなかった恋 恋愛小説

 ┗両手から溢れるほどの愛情 恋愛小説

 ┗恋した相手は芸能人 恋愛小説

 ┗いつでも一緒 恋愛小説

 ┗それぞれの思いを胸に

 ┗音楽を通して

 ┗どんな恋がお好きですか

 ┗ホストとルームメイト

 ┗可愛い私を受けとって

 ┗私の恋は不良君にささげます

 ┗訳あり喫茶店

 ┗出会いの喫茶店

 ┗恋に不器用な私

 ┗勇者と魔女の物語

 ┗幼馴染

 ┗気になる男の子

 ┗作家の恋

 ┗想い人は山田くん

 ┗地味な私でも恋したい

 ┗小さなキューピット

 ┗ヨシオ

 ┗転校生

 ┗自由

 ┗霊感少女と猫又

 ┗徒然日和

 ┗にぎやかな町中

 ┗美女の恩返し

 ┗勇者と魔王と人類の本気

 ┗僕の名前を呼ぶあなたが好き

 ┗歌と小説を乗せて

 ┗一人花見

 ┗亀の話

子育てコラム♪

 ┗夢の中のともちゃん

 ┗おばけさんと僕

お金と仕事、自己啓発のコラム♪

 ┗職場のトラブルに効果的に対処する方法

 ┗新しい英語検定・CASEC受験で英語力診断!

 ┗はたらくどっとこむ 女性に人気の稼げる楽しいリゾートバイトがたくさん

 ┗1週間などの短期〜長期までリゾートバイトならはたらくどっとこむ アプリリゾートがおすすめ

 ┗介護職求人サイト かいご畑 介護職の人気求人多数!

 ┗ハーバリウムの認定講師資格ならPBアカデミーの通信教育!ハーバリウム講座資料請求お気軽に

 ┗嵐山 太秦一帯 松尾大社 広隆寺と秦氏

 ┗丸山議員N国民党に入党 失言、経歴、ツイッター発言

 ┗青森県の名物 特産物・特産品、名産物・名産品、郷土料理ご紹介 お土産にも

スポンサーリンク


Copy right©2013

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定

All Right Reserved.