自由 短編小説

スポンサーリンク

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 >>ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪ >>自由 短編小説

自由 短編小説

「アリシア様、ヨハネス王子がお見えになりましたよ。」

アリシアの部屋の外から、控えめなノックの後に執事ブラハムの声が聞こえてくる。アリシアはため息とともに立ち上がると、姿見の前に自分を映した。

きれいにセットしてもらったドレスに髪型、メイク、どれをとっても文句の言いようがない。だが、彼女の表情はずっと浮かないままだった。

アリシアはこの国の王の娘であった。アリシアには年の離れた姉、エルミーがいた。エルミーはすでに婿をもらい、この国のために父、母と共に国政に加わっていた。

幼いころから姉が国のトップに立つために様々な勉強をしているところを間近で見て来たアリシアは、真っ向からそれに反抗して勉強などはほとんどせずに外で遊んでいた。

もちろん、父や母にはちゃんと教養をつけなければならないと言われてきたが、そのたびにエルミーがかばってくれた。

アリシアはそんな姉が大好きだったが、いつの間にか姉は結婚して国の仕事をし、気が付くと同じ城に住んでいてもほとんど会話をすることがなくなってしまっていた。

アリシアは今年十七歳になる。いつ結婚してもおかしくない歳になってしまった。アリシアは次女であるため、基本的にはほかの国の王子のところに嫁ぐことになるのだが、自分がそうなったところを想像するだけでも身震いをしてしまう。

だんだんとお見合いの回数も増えてきたため、今の生活がもうすぐ終わりを迎えてしまうということに寂しさを覚えていた。

毎回、他国の王子とのお見合いは父がいる前では当たり障りのないことを言ってその場をしのぎ、王子と二人っきりになった瞬間にはっきりとお断りするという流れがアリシアの中に出来上がっていた。今回もそうしようと思いながらヨハネス王子が待つ部屋へと向かった。

部屋の前に着くと、アリシアは一呼吸おいてドアに手をかけた。だが、なぜかドアを開こうとすると、ふいにほとんど休みなしで仕事用の広間から出てくることのない姉の姿が瞼の裏に映った。
(もし、何かの手違いで婚約が決定してしまったら・・・。私もエルミー姉さんと同じ未来を歩くことになるんだろうか・・・。)

急にそんな思いがアリシアの脳内を駆け巡った。今まではただ嫌だという気落ちだけで婚約を断ってきたアリシアだったが、今回はあのお見合いの空間に入ろうとするだけで気分が悪くなってしまう。

ドアの取っ手に手をかけたままうつむいてしまったアリシアに、ブラハムは心配そうに顔色を伺った。そんな状況で、アリシアはブラハムが心配した一瞬のスキをついて一気にブラハムの横を駆け出し、全力で城の外を目指した。

「アリシア様!?一体どちらへ行かれるんですか!!」

ブラハムの驚いた声が聞こえてくるが、アリシアは振り返ることなく長い廊下を駆け抜ける。時折すれ違う城の使用人たちもびっくりした様子を見せるが、誰の声にも耳を貸すことなくただ光のさす外へ・・・・。

城を出て、敷地からも出る。誰にも告げずに出て来たので、もちろん車などなく自分の足で歩くしかない。これまで一人で、ましてや自分の足で城の外に出たことがなかったため、自分が今進んでいる方向など全く分からない。

一応、必要最低限のことは勉強させられていたため、この国の地理もなんとなくは記憶にある。

だが、自分がどの方向に向かっているのかがそもそもわからないためそんな知識はあってないようなものだった。

アリシアは今自分がどこにいるのか分からないが、それでも不安や恐怖などの気持ちは全く芽生えなかった。

むしろ、足を進めるたびに広がる新しい世界にわくわくする気持ちが抑えきれなかった。心なしか足取りも軽くなっていく。

だんだん人通りが増えてきて、アリシアは町がありそうな方へと向かった。しばらく進むと、そこは市場のようだった。

城からそんなに離れていないため、おそらくここが城下町なのだろう。多くの人で賑わっているが、アリシアの服装はあまりにも町の人々と違いすぎて目立ってしまうため、町に入ってみたくても少し離れたところから見守ることしかできなかった。

すると、アリシアの背中に何かが当たった。アリシアは咄嗟に振り向くと、そこには大きな荷物を抱えた青年がいた。

「あ、すいません。前がよく見えていなくて・・・。」

「いえ・・・。大丈夫です。」

アリシアがそう答えたとき、青年は荷物の隙間からようやくアリシアのことを見た。目の前にいた少女が市場には場違いな服装をしていたため、驚いて目を丸くさせた。その視線に気が付いたアリシアは、慌てて青年に近づいて耳打ちした。

「あ、あの、私、道に迷ってしまって・・・。」

ほかに何も言い訳が思いつかず、中途半端に口をつぐんで黙り込んでしまう。だが、青年はアリシアに何か事情があることを察した。

スポンサーリンク

「そうなんですね。一緒に来られた方はいるんですか?」

「それが・・・はぐれてしまって・・・。」

アリシアの言葉に青年は少し考えた様子を見せると、突然抱えていた荷物を置いた。

「すいません、ちょっとこの荷物をここで見ていてくれませんか?」

「は、はい・・・。」

アリシアが返事をすると、青年は走って市場の方へと行ってしまった。しかたなく、アリシアはその場で青年が戻てくるのを待った。

しばらくすると、青年は息を切らして戻ってきた。

「はぁ、はぁ、お待たせしてしまってすいません・・・。よかったら、これ着てください。」

そういって青年が手渡してきたものは、全身がすっぽりと覆えるほど大きなマントだった。

「これを着ていれば、そんなに目立たないと思うので。」

「ありがとう・・・ございます。あの、このお代は・・・。」

「これくらい、いいですよ。」

「いいえ、そんなわけにはいきません。良ければ、何かお手伝いさせてくれませんか?これって、売り物ですよね?」

そういって、アリシアは足元に置いてある大きな荷物を指さした。

「それはそうなんですけど・・・。」

「売るのを手伝わせてください!このままじゃ私の気が収まりません。」

全く引く様子のないアリシアを見て、青年はしぶしぶその提案を受け入れることにした。

「それじゃあ、よろしくお願いします。俺はロキっていいます。」

「こちらこそ。私はア・・・・あ、リーシャって言います。」

アリシアは、つい本名を言ってしまいそうになったが何とかとどまって嘘の名前を告げた。

父に連れられて城下町に来ることもあるため、アリシアという名前を聞いたら、王家の人間であるということに勘づく人もいるかもしれなかった。

アリシアはロキがいつも品物を売っているという場所に行った。ロキは手際よく品物を広げていくと、あっという間に小さな店が完成した。

何もないところから人の手だけでものが作り出されることにアリシアは感動していた。

「すごい!!あっという間に小さなお店ができたわ。」

「これくらい普通ですよ。何回もすればあっという間にできるようになります。」

ロキは、この市場では常連のようでたびたびロキのことを知っている人が店に訪れた。

「あら、ロキ。今日はかわいい子がいるじゃないか。もしかしてお嫁さんかい?」

「いやいや。彼女は店の手伝いをしてくれているんです。」

ノリのよいその女性は、アリシアにも声をかけて来た。

「ロキは家族思いのとてもいい子なのよ。あなたみたいな可愛いお嫁さんを早く見つけてほしいんだけどねぇ。ふふふ。」

そういうと、笑顔で手を振りながら店を離れていった。

「ロキさんも、結婚の話家族からされますか?」

「え?結婚は・・・俺がしたいと思える人が見つかった時にするって親には言ってあるんです。」

アリシアは言葉をなくした。

「そんなことが・・・できるの・・・?」

「確かに、母親は早く落ち着けっていうんだけど、結婚って自分だけじゃなくて相手の人も幸せになれないといけないと思うんだ。だから、親同士の話で決まってしまうのは違うような気がするんだ。」

「私は・・・結婚したくないんですけど、最近親から頻繁にお見合いの話があって気が重くなってて・・・。今日もそれが嫌で逃げ出して来ちゃったんです・・・。」

アリシアは、ロキの穏やかな雰囲気につい今まで誰にも言ったことのなかった悩みを打ち明けた。ロキはアリシアの話に、ようやく納得することができた。

スポンサーリンク

「そうか・・・だからそんなきれいな格好をしていたんですね。」

「そ、そうなんです・・・。今まではちゃんと会って話をしてお断りしていたんですけど、なぜか今回は我慢できなくて、気が付いたらここまできてしまっていました。本当はいけないことだと分かっているんですけど・・・。」

「リーシャさんは、自分がしたいって思うことありますか?」

「私が・・・したいこと・・・。」

アリシアはふとこれまでのことを思い返してみた。

「自由が欲しい。」

真っ先に出て来た言葉はそれだった。今までの生活に不自由したことはない。だが、ずっと小さな箱庭の中に閉じ込められているような気がして息苦しくてしょうがなかった。

「ここにいる人はみんな自由そうでいいですよね・・・。」

「そんなことないですよ。あなたみたいに、外に出ることが自由だと思う人もいれば、働かずに遊び続けることを自由だと思う人もいる。人それぞれ与えられた環境は違う、だけどその中で生きていくしかない。」

「そう・・・ですよね・・・。」

アリシアは自分の手を握りしめてうつむいた。だが、その手にロキは優しく自分の手を重ねた。

「それは悲観するようなことじゃない。みんな、自分の置かれた環境の中から自由を見つけ出そうとしている。俺もそうです。もっと裕福な家に生まれたら、こんなに働きに出なくてもよかったのかなとか思うことがあります。でも、もしそうだったら君には出会えなかったかもしれないから、このままでいいってやっぱり思うんですよね。」

アリシアはロキの言葉が一つ一つ胸にしみこんでくるのを感じた。この先、自分の目の前には何も道がないと思っていた。

だが、一筋の光が見えたような気がする。アリシアは、その光を見失わないように立ち上がる。

「ロキさん、私もあなたに会えてよかったです。また、ここに会いに来てもいいですか?」

アリシアの言葉に、ロキは笑顔でうなずいた。

「いつでも歓迎しますよ。俺から会いに行くことはできないかもしれませんが、あなたが来てくれるのを待っています。」

「今日はありがとう。」

そういうと、アリシアは一人市場を出た。

「アリシア様は見つかったか!!」

「い、いえ・・・まだです。」

「急いで探せ!!」

国の騎士が、突然姿を消してしまったアリシアを探していた。アリシアはこっそりと近づくと、目深にかぶっていたマントのフードを外した。

「あの、隊長さん。私、アリシアです。」

「アリシア様!?ご無事でよかった!!すぐに車を呼びますから、ここで少々お待ちください。」

「車は呼ばなくていいわ。みんな、ここまで歩いて探しに来てくれたんでしょう?一緒に歩いて帰りましょう。もう少し、この国の土地をよく知りたいの。」

そう言ったアリシアの表情は、普段城の中で見せることのない、全く曇りのない笑顔だった。

城にたどり着くと、そこには厳しい表情をした父である国王がアリシアを待ち構えていた。

「アリシア。」

「お父様、ごめんなさい。ヨハネス王子には、私からお詫びのお手紙を書きます。」

普段のアリシアからは出てこない言葉が出てきて、国王は一瞬驚いた表情を見せた。

「それで、折り入ってお父様にお願いがあります。私、この国から出たくありません。だから、ほかの国に嫁ぐというお話は、これから受けないでいただきたいのです。今日、今まで知らなかったこの国のことを自分の目で見てきました。私の置かれた環境で、私は私の思う自由を手に入れます。私は今日、生まれて初めて自分が欲しいものを見つけました。手に入れたい未来のために、この国にいることをお許しください。」

すべて言い切ったアリシアに、国王は大きく息を吐いて表情を緩めた。

「お前は、いつも言い出したらきりがないからな。だが、自分の理想や夢を持つことは大事なことだ。私は自分の娘の未来を掌握したいのではない。お前の進む道を行けばよい。」

「お父様・・・・ありがとうございます。」

アリシアは、自分の未来への新しい一歩を踏み出した。

スポンサーリンク

■姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 MENU

姓名判断 画数で占う名前占いの基礎 五格

姓名判断 画数でみる名前の陰陽バランス

姓名判断 名前の画数の五行

姓名判断 名前占いでのひらがな、カタカナ、漢数字、ローマ字・アルファベットの画数の数え方

姓名判断 漢字の画数数え方 漢字の画数候補一覧

姓名判断 画数の意味 吉凶一覧

姓名判断 名前で相性占い 結婚、恋愛、カップル、友達、夫婦、子供、体の相性など

姓名判断 赤ちゃん、子供の名付けで避けたい凶の悪い名前、名付け方気を付けること

姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

財布で金運アップ・財運アップ 開運効果のいろは

 ┗金運アップ・財運アップする財布

 ┗金運アップの財布の使い方 実践編

パワーストーン・天然石で開運 金運・財運や恋愛運・結婚運、仕事運、健康運アップ

 ┗パワーストーン・天然石の選び方 オーリングテストのやり方

 ┗金運、財運アップに効果ある天然石パワーストーン、組み合わせ

恋愛・結婚コラム 恋活・婚活のお手伝い♪

 ┗愛され上手な女になるって?

 ┗結婚はないな…。と男性に思わせる女性の行動パターン

 ┗彼氏ができない、続かない、どうすれば?

 ┗職場の年下男性の恋の脈ありサインは?

 ┗彼氏ができないアラサーの本当の理由・意外な訳

 ┗気になる人、好きな人に好かれる方法

 ┗男性は女性のここを見ていた!恋する女性は美しくなる

 ┗恋愛ジンクス 彼氏ができる、両思い、復縁など幸せになれる恋のジンクス

 ┗結婚できるジンクス、プロポーズのジンクスなど結婚できる縁結び!

 ┗女性にモテる男はどんな人?モテない男がモテる男になるためにすること

 ┗男の幸せ、男性の幸せとは?

 ┗恋愛結婚、お見合い結婚メリット、デメリット。よくある失敗と後悔

 ┗彼氏が欲しい女子必見!彼氏ができない女の特徴、理由、共通点

 ┗彼氏欲しいけど彼氏いない30代40代女性が高率で彼氏ができる方法

 ┗自分はお見合い派?お見合い結婚のデメリット!離婚・別居、結婚で失敗・後悔しないために

 ┗男の本音

 ┗私の恋とファッション

 ┗本気の男性の見分け方!こんな人なら幸せにしてくれる

 ┗彼女ができない意外な男性の欠点

 ┗男性からのデートの誘い方。やっぱり直接が一番

 ┗男性の結婚相手の決め手 結婚相手と恋人との違い

 ┗婚活女性が語る結婚したいと思う男性、女性の結婚の決め手

 ┗marrish(マリッシュ) 素敵な結婚相手との出会い・婚活、恋人探しお手伝い

 ┗女性の婚活どうすれば?!〜成婚した人が教える5つの秘訣〜

 ┗安心・安全に婚活・恋活ならマッチングアプリ・サイト ペアーズ(Pairs)

美容コラム 綺麗のお手伝い♪

 ┗綺麗になりたい方必見!簡単に美肌になる方法!

 ┗モテる女性の特徴は何といっても色気と美肌

 ┗誰でも簡単にできる老けずに若さを維持できる美容法

 ┗女子力って何?男にもモテる20代女子力アップ方法、アイテム

 ┗美肌になるには?簡単綺麗、美肌になる方法!これでモテる美人女性

 ┗ニキビ跡の治し方 色素沈着、黒ずみ、赤みのおすすめ治療法

 ┗お肌のお悩み解決〜乾燥肌、油肌、ニキビ肌改善し美白肌へ

 ┗スキンケアとは?スキンケアの基本・基礎、やり方(方法)と順番

 ┗お肌の曲がり角の対策とスキンケア

 ┗自宅でできる続けられる無理しないダイエット運動。毎日の習慣で痩せる!

 ┗美容師がおすすめするトリートメント、トリートメントのやり方、使い方

 ┗20代の女磨き!綺麗になる方法、綺麗を保つ秘訣

 ┗美容師が勧めるシャンプーを選ぶ基準とは?年齢で変わるおすすめシャンプー

 ┗効果的なシミ消しクリーム・化粧品の選び方

 ┗洗顔と美白!おすすめ洗顔フォーム。市販のプチプラ洗顔フォームの効果は?

 ┗トリートメントとは?美容師がおすすめするトリートメント オッジィオット(oggiotto)、N、ディーセス ノイドゥーエ

ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪

 ┗甘酸っぱく

 ┗私色と君色

 ┗可愛い物にあなたと埋もれたい

 ┗詩にのせて

 ┗僕が俺に変わる瞬間

 ┗レンタルイケメン部

 ┗あなたの本音あばきます

 ┗愛ある温もりを

 ┗君が初めて泣いた日

 ┗愛を結ぶビル

 ┗不器用な恋

 ┗目立たない恋

 ┗俺が一番

 ┗恋の形

 ┗傷を持った愛

 ┗マニュアルどおりにならない恋

 ┗頑張れ母ちゃん 読み物

 ┗芸能人とみゃーこ

 ┗恋のカタチはそれぞれ 恋愛小説

 ┗そろそろ食べ頃 恋愛小説

 ┗不器用な人に恋をした

 ┗僕を受け入れてくれた彼氏

 ┗勇太と時宗

 ┗飯テロ

 ┗闇サイトバイト

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた2

 ┗ハシラさん〜地方の因習・風習 怖い話

 ┗自惚れと嫉妬 恋愛小説

 ┗約束 小説 読み物・物語

 ┗先輩後輩 恋愛小説

 ┗髪と喫茶店の恋 恋愛小説

 ┗芸能人の彼 恋愛小説

 ┗初恋の彼女 恋愛小説

 ┗ケーキの恋 恋愛小説

 ┗三つ編みの恋 恋愛小説

 ┗天使とたまご 日常小説

 ┗星のうた 恋愛小説

 ┗謎のラーメン屋〜ホラー小説・怖い話

 ┗×××町の幽霊トンネル〜〜ホラー小説・怖い話

 ┗死体を埋めに。間違えて殺してしまった女。

 ┗天秤を祀る神社〜ホラー小説・怖い話

 ┗霊感の強い友人〜ホラー小説・怖い話

 ┗ループ〜ホラー小説・怖い話

 ┗村の呪縛〜日常系小説

 ┗恋愛はお食事の後でもいいですか? 恋愛小説

 ┗メイク変えたらモテた 恋愛小説

 ┗冷たい告白 恋愛小説

 ┗幼なじみの二人 恋愛小説

 ┗不器用な俺の恋愛 恋愛小説

 ┗可愛くない私にあいつは恋してる 恋愛小説

 ┗思わぬ出会い 恋愛小説

 ┗数学と恋愛 恋愛小説

 ┗叶わなかった恋 恋愛小説

 ┗両手から溢れるほどの愛情 恋愛小説

 ┗恋した相手は芸能人 恋愛小説

 ┗いつでも一緒 恋愛小説

 ┗それぞれの思いを胸に

 ┗音楽を通して

 ┗どんな恋がお好きですか

 ┗ホストとルームメイト

 ┗可愛い私を受けとって

 ┗私の恋は不良君にささげます

 ┗訳あり喫茶店

 ┗出会いの喫茶店

 ┗恋に不器用な私

 ┗勇者と魔女の物語

 ┗幼馴染

 ┗気になる男の子

 ┗作家の恋

 ┗想い人は山田くん

 ┗地味な私でも恋したい

 ┗小さなキューピット

 ┗ヨシオ

 ┗転校生

 ┗自由

 ┗霊感少女と猫又

 ┗徒然日和

 ┗にぎやかな町中

 ┗美女の恩返し

 ┗勇者と魔王と人類の本気

 ┗僕の名前を呼ぶあなたが好き

 ┗一人花見

 ┗亀の話

子育てコラム♪

 ┗夢の中のともちゃん

 ┗おばけさんと僕

お金と仕事、自己啓発のコラム♪

 ┗職場のトラブルに効果的に対処する方法

 ┗新しい英語検定・CASEC受験で英語力診断!

 ┗はたらくどっとこむ 女性に人気の稼げる楽しいリゾートバイトがたくさん

 ┗1週間などの短期〜長期までリゾートバイトならはたらくどっとこむ アプリリゾートがおすすめ

 ┗介護職求人サイト かいご畑 介護職の人気求人多数!

 ┗ハーバリウムの認定講師資格ならPBアカデミーの通信教育!ハーバリウム講座資料請求お気軽に

 ┗嵐山 太秦一帯 松尾大社 広隆寺と秦氏

 ┗丸山議員N国民党に入党 失言、経歴、ツイッター発言

 ┗青森県の名物 特産物・特産品、名産物・名産品、郷土料理ご紹介 お土産にも

スポンサーリンク


Copy right©2013

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定

All Right Reserved.