姓名判断 名前の画数の五行

スポンサーリンク

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 >>姓名判断 名前の画数の五行

姓名判断 名前の画数の五行

姓名判断をはじめ、東洋系の占いは古代中国哲学を取り入れて発達してきましたが、陰陽説と同様その一つに五行説というものがあります。これは、宇宙のすべては「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素からできていて、この5つの要素の影響をバランスよく受けているかどうかにより人の運勢や相性の良し悪しが決まるとするものです。「木」「火」「土」「金」「水」のそれぞれは、

といった意味です。

五行別画数の区分

姓名判断においては五格の画数の下一桁により「木」「火」「土」「金」「水」に区別します。

「木」「火」「土」「金」「水」の相性〜相生と相剋

「相生(そうじょう)」とは相手を助けたり相手から助けられたりする吉の関係で、「相剋(そうこく)とは相生とは反対に、相手から悪い影響を受けたり、相手に悪い影響を与える凶の関係になります。

「木」「火」「土」「金」「水」の吉の関係〜相性

上記から分かるように、「木」「火」「土」「金」「水」の順で並ぶ隣り合わせの相性は吉となります。しかし、隣同士であっても「金」にとっては「水」との関係より「土」との関係の方が良いといった考えがあります。これは「水」はあくまで「金」からできるものであるため「金」にとっては「水」からの力より、「土」からの力の方が質も、力も良いと考えるためです。これからいくと「金」にとっては「土」は大吉になりますが、「水」は小吉といった感じになります。

名付け・命名において、ここまでの相生関係を追求し出すと名前が付けられなくなるので意識しすぎる必要はありませんが、相性診断などでどちらがリーダーシップ、優位な関係にあるかを判断する際には重要な要素の一つになります。

「木」「火」「土」「金」「水」の凶の関係〜相剋

姓名判断 名前占いにおける画数の五行〜相生と相剋

画数による姓名判断においては、五格のうち主として天格、人格、地格の五行の相生、相剋関係により名前の吉凶を判断します。

天格の画数と人格の画数、人格と地格の画数がそれぞれ相生の関係にあれば吉、相剋の関係であれば凶となり、相生の関係であれば天格、人格、地格の画数が吉数であれば吉の要素をよりより強め、相剋の関係であれば天格、人格、地格の画数が吉であっても吉の効果を弱めることになります。ただし天格、人格、地格の画数が凶数であれば、たとえ天格の画数と人格の画数、人格と地格の画数がそれぞれ相生の関係にあったとしても凶の名前になります。あくまで画数の吉凶が重視されます。また、天格、人格、地格の画数が凶数であり、相剋の関係であれば画数の凶作用をより強めますので絶対に改名をお勧めします。

なお、「金」と「金」、「火」と「火」の様に同じ五行の要素との関係を「比和(ひわ)」といいますが、画数による姓名判断においては同じ要素同士は相生と判断します。

相生の良い名前例

※上記は五行の関係のみの判断での吉例で、画数や陰陽の要素は考慮外です。

姓名判断占い・名前占いお勧めサイト 電話占いで無料相談も♪⇒こちら

スポンサーリンク

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 >>姓名判断 名前の画数の五行

■姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 MENU

姓名判断 画数で占う名前占いの基礎 五格

姓名判断 画数でみる名前の陰陽バランス

姓名判断 名前の画数の五行

姓名判断 名前占いでのひらがな、カタカナ、漢数字、ローマ字・アルファベットの画数の数え方

姓名判断 漢字の画数数え方 漢字の画数候補一覧

姓名判断 画数の意味 吉凶一覧

姓名判断 名前で相性占い 結婚、恋愛、カップル、友達、夫婦、子供、体の相性など

姓名判断 赤ちゃん、子供の名付けで避けたい凶の悪い名前、名付け方気を付けること

姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

財布で金運アップ・財運アップ 開運効果のいろは

 ┗金運アップ・財運アップする財布

 ┗金運アップの財布の使い方 実践編

姓名判断占い・名前占いお勧めサイト 電話占いで無料相談も♪

スポンサーリンク


Copy right©2013

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定

All Right Reserved.