姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

スポンサーリンク

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 >>姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

姓名判断で運勢が良いとなっても、運には金運、財運、結婚運、健康運、家庭運、仕事運など色々な運があり、吉運と判断されても必ずしも金運や財運に恵まれるとは限りません。 すなわち、金運や財運に恵まれるためには姓名判断占い上は金運や財運に強い画数が必要になります。

もちろん、お金に恵まれても病弱、短命であったり、家庭環境が複雑であったり、異性運、人間関係運が悪いと幸せ度は減ります。しかし、この世の中、お金があれば実現できることも多く、幸せ度に占めるお金の割合は非常に高いのが現実です。

(金運と財運の違いは、金運はお金回りの良いことをいい、財運は大きなお金を蓄財できる運をいいます。よって金運が良くても財運が悪い場合は、お金は必要な時に入ってきますが、出費もあるため蓄財はできないといったことになります。)

真面目で勤勉に働いているにもかかわらずお金が入ってこない人、過酷な残業をしても会社の業績不振で給料も上がらずボーナスももらえない人、危険・汚い・臭いの3Kで人の嫌がる仕事をしても良い収入にならない人など、どう見ても金運、財運から見放されているとしか言いようのない人がいます。また、ギャンブル癖、浪費癖もなくある程度の収入はあるのですが、何故か出費が重なり蓄財できない人、お金が必要な時にお金が入ってくるのですが、支出がなくなり蓄財しようとすると収入が減ったりなくなったりして、貯金ができない人などがいます。

一方で、お金に恵まれる人は、周囲にお金持ちも多く、「金が金を呼ぶ」ごとく、お金になる仕事や情報、アイデア、また運にも恵まれ、何をしなくてもお金が入ってきて、また貯まります。

姓名判断でこういった人の名前を占うと、多くの場合、貧乏な人はお金に縁のある名前を持っていないか、金運、財運に対して凶の名前になっていて、お金持ちの人はお金や財に縁のある名前になっている場合が多いものです。「富める者はますます富み、 貧しき者は持っているわずかな物でさえ取り去られる」とありますように、運勢の面からいえば、吉運あればその吉を利用してますます吉を呼び、凶運がさらに凶運を呼び込むようになります。

ここでは、金運、財運に的を絞って、姓名判断占いで金運、財運の良い名前はどのような名前なのかをお伝えしようと思います。なお、金運、財運に比較的関係する仕事運についても補足的に説明します。

(なお、吉の画数であることはもちろん重要なのですが、陰陽のバランス五行の配列なども重要です。)

改名を考える際などにおいても参考にしてください。

姓名判断占いでの金運、財運に吉の画数

姓名判断占いの観点から金運、財運に恵まれるか否かは、まずは姓名の総格(姓名全ての字画数の合計)に金運、財運に吉の画数があるかどうかで判断します。また、姓名の人格(姓名の姓と名のつなぎ部分で姓の終わり一文と名の始めの一字の合計画数)は運勢の吉凶を判断する上で最も重要な要素でありますので人格の要素も考慮します。

画数による姓名判断占いでは名前の画数に六大吉数(6画、15画、24画、31画、47画、63画)というものがあり、金運や結婚運、家庭運など運の種類に関係なく最高の吉数です。この六大吉数が姓名の総格や人格にある場合、他の五格のどこかに凶の画数(特に9画、10画、19画、20画の四大凶数)が無い限り金運、財運に最高に恵まれます。

・6画

大富豪の家に生まれたり、養子、玉の輿で裕福な家に嫁ぐことにより大きな富を得ることのできる非常に徳高き運です。努力や実力はともかく経済的にも精神的にも非常に恵まれます。周囲からの援助にも恵まれますので努力や実力が伴えば、天運が味方し、自らも大きな事業で成功し、財を得る画数です。勧めるわけではないですが、ギャンブルでも一財を築けるほどの金運、財運があります。また、一生安泰の金運、財運です。

・15画

仕事運も金運、財運も非常に強いものを持ちます。また名誉も手に入れることができ、絵に描いたように出世していきます。どのような分野でも成功し、財を得ます。事業運もあり、周りの人を幸せにしながら成功しますので、嫉妬されたり足元をすくわれることも少ない吉数です。計画性に優れ、計画実行を妨げる悪運が無く、財務、経理にも長けますので、大きな事業をしても継続できます。サポーターに恵まれれば、金運、財運をより大きく活かしきることができます。

・24画

大富豪、大金持ちに多い画数です。巨万の富を稼いで大金持ちになるというより、金銭感覚に優れ、お金の扱い方を知っていますので浪費、無駄遣いなどは一切せずに一定以上の安定収入を確保することにより必然的に資金が貯まるタイプです。若いころに少しの苦労は経験するかもしれませんが、晩年は経済的に安泰です。四方から財を引き寄せる力がありますので事業を起こしても成功します。とにかくお金を貯めることができます。

・31画

事業などで大きく成功するためには、周囲の力を借りながらも幾度となく大きな困難や障害を乗り越える必要がありますが、31画の人は困難を乗り越える不屈の精神をもち、周囲に援助者が現れる運を持ちます。困ったときに助けてもらえる、とにかくツキで金運、財運を手繰り寄せます。誠実を貫き通すことで金運、財運が巡ってきます。中年期以降に経済的に安定していきますので、途中で色気を出して楽して稼ぐ道に染まらないことです。

・32画

お金に対する執着心はありませんが、タナボタ式に金銭に恵まれます。特異な才能を持ち、何故か周囲からの援助にも恵まれ、自分の努力を超えた金運、財運に恵まれます。困難に遭遇し、つぶれそうになっても運よくチャンスや援助に恵まれ助けられます。生まれ持った才能やヒラメキだけに頼らず、精進努力で実力をつければ、鬼に金棒です。若いうちから成功していくでしょう。困難を乗り越える経験が、さらに金運、財運を加速します。

・37画

タナボタではなく、勤勉に努力をコツコツ積み上げて金運、財運をつかみ取れる運です。そのため成功の仕方は地味ですが、リスクなく確実に財が築けます。特殊な個性を持っていますので、その特徴を活かすには組織にいるより独立し他方が良い場合があります。時間はかかるかもしれませんが人間関係に気を付け、手を抜かなければ晩年には大きな財産を手に入れることのできる吉運です。後世に大きなものを残す可能性を秘めていますので、焦らないことを心掛けてください。

・47画

バラ色の金運、財運、お金に関する天からの運を独占したような金運、財運です。華やかで、お金に対する執着があまりありませんので、お金のありがたみを意識しません。浪費家とはいいませんが結構散財もします。しかし、入ってくるお金の規模が半端でないので、簡単には減りません。財布の紐をきちんと管理できるパートナーが見つかれば、経済的に困ることはありません。目標が大きくても計画性を持ってきちんと努力を継続すれば、晩年には大きな成果が期待できます。

・63画

自分だけでなく、子供や孫までも財産が残せるほどの金運、財運を持っていることが特徴です。これは、自分以外の人に喜ばれながら築き上げた財であるので、後世まで残るのです。生涯にわたりお金に恵まれます。礼節を持ってお金を使えばより金運はアップしていきます。子供や孫にも、自分だけでなく他人のために財を使うことを、家訓として残していけば家代々財運が残っていきます。ここまでの運は通常持てませんので、有意義に使ってください。

以上が金運、財運に特に吉とされる画数ですが、8画、11画、13画、39画も比較的お金に恵まれる画数です。改名や命名などの際には是非とも取り入れたいものです。
39画については、女性がこの画数を持つと仕事運は良いのですが家庭運が弱くなる傾向があるようです。

スポンサーリンク

姓名判断占いでの金運、財運に良くない画数

総格、人格に金運、財運の強い画数があるにこしたことはありませんが、無い場合でも、金運、財運に凶とされる画数が無ければそれなりの生活は営んでいけます。逆に六大吉数(6画、15画、24画、31画、47画、63画)を持っていても、四大凶数(9画、10画、19画、20画)もあれば、運勢は幸せな部分もあれば不幸な部分もあるといったように、幸せなのか不幸なのか分からない人生になってしまいます。

金運、財運に関心がある方は、自分の名前に致命的な欠点が無いか確認してください。会社などの組織の運は社長などの代表者の運に左右されます。株式会社などの営利企業において金運、財運の無いことは致命的な欠点になりますが、絹ん、財運含め会社の運は社長がそのほとんどを担います。ですから、組織のトップに立つ人や、これからトップを目指す人は、名前に凶の画数、特に四大凶数が無いかを確認することをお勧めします。

もし、運勢的に致命的な欠点がある場合は、積極的に改名などを検討したほうがいいと思われます。運勢の弱点が自分や家族だけでなく、従業員や取引先に迷惑をかける可能性があるからです。

・9画

何事も中途半端、中途挫折の運で、短命の場合もあります。金運、財運を考える前に運勢の基本が最悪の状態ですので、総格や人格にこの画数がある場合は改名や改印など運勢の大きな欠点を補う方法を採ったほうがよさそうです。芸術的な感性に優れたり、特定分野で突出した才能を発揮する人がいます。稀ですが、そういった分野で大成功し大きな資産を築く人はいます。仕事の方向性を誤ると、金運、財運は最悪の方向に向いていきます。

・10画

一発勝負などギャンブル的な行動に出がちですが、必ずと言っていいほど失敗します。根本的に運が無く、自滅もするし外からの被害も被るといったように八方ふさがりで、常識を超えた不運に見舞われ、誠実に努力しても悪い方向へ引きずられるます。9画は稀に成功者が出ますが、10画は姓名判断では最悪中の最悪です。金運、財運は無いに等しく、努力で何とかなる問題ではないレベルですので絶対的に改名したり改印することをお勧めします。

・12画

知識欲あり勉強家で、大きな収入を得るために努力を惜しみません。一時的に努力が報われお金にも恵まれますが、運勢的な不安定さがあり良い時期は続きません。また、晩年にかけて運勢が下降しますので金運、財運にも見放されていきます。頑固な性格から他人と衝突気味で、このことも晩年の金運、財運の悪さに繋がっています。晩年の衰退に備えて、一人でもやっていけるよう特殊な技術など手に職をつけておくことをお勧めします。

・19画

芸術的な感性に優れますが、気性、感受性が激しいので人との協同が必要な経営者や営業には向きません。また、いいところまで行っても最後に破滅になる運で、金運、財運もこの傾向があります。お金に縁が無いというより、物事が成就できない、人から引き立てや援助が無いためにお金が回ってこない運です。選ぶ職業によっては相当お金に困ることもありますので注意が必要です。四大凶数ですので、人としての努力だけではどうしようもない不運が付きまといますので、改名や改印などをお勧めします。

・20画

2の分離、分割の不運を10倍したような運勢です。金運、財運に恵まれることはありません。職業も転々とし収入も安定しません。ギャンブル好きで稼いだ金は全て使い果たします。節約や浪費を抑えても、不慮の事故などでとにかくお金が出ていきます。ただし、勝負師としての運があり、ごくごく稀ですがスポーツの世界や賭博で大金を手にする人もいるようです。それでも晩年は、衰退の一途をたどります。四大凶数ですので、改名や改印で運的な欠点を抑えた方がいいと思われます。

・34画

凶数4画の力を最も増幅させた数が34画です。借金しだすとお金回りが悪くなり雪だるま式に増えていきます。知力あり才能に恵まれてもお金の運が悪すぎ全てをダメにします。儲け話が入ってきても実現することは無く、途中で頓挫します。組織の中で生きる場合は、家庭レベルの金欠で済みますが、経営者などになると倒産・破産が目に見えてますので、起業などは絶対に控えた方がいいです。とにかく借金に弱い運ですので、住宅ローンなど個人レベルであっても極力借金しないことが大切です。

・36画

親分肌で世話好き、義理人情に厚く人間的に非常に優れているのですが、報われることが少なく、むしろ人に裏切られ徒労に終わります。義理を貫くことに価値観を感じるのでさほどショックを受けることは無いかもしれませんが、金銭的には相当の損害を被る可能性があります。人に裏切られる運ですので保証人などはもってのほかで、ほぼ100%借金の肩代わりをする破目になります。縁の下の力持ち、二番手でトップをサポートする立場になると世話好き、義理人情に深いといった長所が活かされます。

・40画

自己主張が激しく、自己中心に物事を考えますので、人は寄ってきません。また、見栄っ張りで稼ぎ以上の支出をしますのでお金も貯まりません。ギャンブル好きの人も多く、勝負運もありませんので儲けることはありません。周囲から認められたい願望が強すぎることが虚栄心となり破綻していく原因、また結果的に信用が得られずギャンブルにのめり込んでいく原因であります。自己主張を控えダメな自分をさらけ出す勇気が周囲の評価を勝ち取り破綻を食い止めます。

・44画

抜群の才能に恵まれ究極の理想を追い求めますが、理想と社会の現実のギャップに苛まれ挫折していきます。芸術や文学など感性を生かす分野での才能、革命家としての才能に傑出する人が多く、その裏返しに金運、財運は乏しく、運的には破産、短命の気があります。一時的にお金回りが良くなることもありますが、長くは続きません。後世に名を残すほどの天才になる場合もあるのですが、世界でほんの数人しかありえませんので、この画数が総格や人格にある場合は改名するか改印で運勢のマイナス要素を減らすことをお勧めします。

・54画

金運、財運に限らず全体的に運の悪くなる画数です。真面目に努力しますが報われにくく、積極策は裏目に出がちです。意味のない事、実益の無い趣味などにのめり込む癖もあり、特に異性関係にのめり込み、異性に騙されお金をつぎ込んだりなど異性関係が原因で金運、財運に見放されることも多いようです。勝負運も弱いので、ギャンブルや一か八かの一発大逆転を狙った大勝負に出ても必ず負けます。コツコツと真面目に努力を続けることがお金を貯めるコツと心得てください。

姓名判断占いでの金運、財運に良くない五格の配列(横同格)

画数による姓名判断で厄介なのが同格と呼ばれる概念です。天格、人格、地格、外格、総格の五格のうち天格と地格、天格と外格など五格のそれぞれの画数が同じ場合に同格といいます。

姓名判断占いでは、同格は基本的に凶の場合が多く、五格の組み合わせになかでもとりわけ人格と外格の画数が同じ(横同格)場合に金運、財運が悪いといわれています。 これは、天格や人格、地格、外格、総格の画数が吉数でも凶数でも関係なく、同格であること自体が基本的に凶とされています。ですから、画数が凶で同格なら凶の作用がさらに強くなります。

人格と外格が同じ画数の横同格の場合は、気を付けていても予想もしないところからお金が出ていく場合が多く、自分が節約していても家族がお金を使いこんだり、親分肌で義理人情を重んじても結局裏切られたりと、こちらの誠実な行為や態度に関係ありません。

横同格の方で、今までも今も上手くいっているから大丈夫、名前なんて関係ないといわれる方もいると思います。姓名判断占いが100%当たるとは思いませんが、横同格の方は破産、倒産、離別、最悪は死など最後は駄目になっていく傾向が多いのが現実です。組織のトップに立つ社会的責任の重い方や家族の大黒柱の方は、周囲の人の幸せも考え、真剣に改名や改印を検討してみるべきと思います。

姓名判断占い・名前占いお勧めサイト 電話占いで無料相談も♪⇒こちら

スポンサーリンク

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 >>姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

■姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 MENU

姓名判断 画数で占う名前占いの基礎 五格

姓名判断 画数でみる名前の陰陽バランス

姓名判断 名前の画数の五行

姓名判断 名前占いでのひらがな、カタカナ、漢数字、ローマ字・アルファベットの画数の数え方

姓名判断 漢字の画数数え方 漢字の画数候補一覧

姓名判断 画数の意味 吉凶一覧

姓名判断 名前で相性占い 結婚、恋愛、カップル、友達、夫婦、子供、体の相性など

姓名判断 赤ちゃん、子供の名付けで避けたい凶の悪い名前、名付け方気を付けること

姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

財布で金運アップ・財運アップ 開運効果のいろは

 ┗金運アップ・財運アップする財布

 ┗金運アップの財布の使い方 実践編

姓名判断占い・名前占いお勧めサイト 電話占いで無料相談も♪

スポンサーリンク


Copy right©2013

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定

All Right Reserved.