亀の話 短編小説

スポンサーリンク

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 >>ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪ >>亀の話 短編小説

亀の話 短編小説

俺と云う存在は、気付いたら其処に存続して在った。生命の大きさとやらを量る亊は、どう頑張っても出来やしない。けれども、どうやら俺には大した価値が無いらしい。溝臭い水流に浸かり乍ら呼吸を繰り返す。

俺の他にも、ぷかぷか浮き沈みしている奴等が、居た。ぼんやりした間抜けな面で、空を見上げている。どいつもこいつも、似たり寄ったりな顔。きっと、俺もそうなのだろう。橙色の灯りが、水面を揺らして往く。俺達を此処に連れてきた何かの影が、時折映り込んでくる。ざわめく騒音は、途切れる亊が無い。

「亀掬いだってぇ。やるぅ?」

「ばかっ、亀なんか要らねぇよ」

「確かにぃ」

甲高い嗤い声が、響いて消えていく。

水が大きく揺れた。俺達の入っている凾を、影が蹴飛ばしたのだ。俺は、うわあ、と泡を吐いたけれど、其の樣な亊、影には関係が無かった。>

「畜生。生意気云いやがって。此方だって、好きで遣ってるんじゃあねぇよ」

影の言葉は、何時もへどろより穢い。其れを真上から浴びせられて、俺はむざむざと引き下がった。

どうしたって、影には勝てないのだ。影は水を与えてくれるし、食い物もくれる。偶に、比律賓人の女とやらに現を抜かして、放任されるけれど。だが、基本は気儘に過ごせる。

俺達は、少し位、飲食を抜いても平気だから。

菫色した和服に身を包んだ、おかっぱ頭。そんなヒトガタが、水面を窺った。影は途端に機嫌の好い顔立ちに成る。

「御嬢ちゃん、亀を掬ってみないかい」

「これ、いきてるの?」

俺は、きょとんとしてしまう。生きているかって?

当り前じゃないか。此の樣に見亊な泳ぎを披露する死骸が、何処に在るってんだ。しかし、俺の憤慨は影には届かない。にやにやと、品の無い笑みを貼り付け、上目で少女を見る。

「勿論、どいつもこいつも、元気な仔亀でさぁ」

すると、少女の手を引いていた大柄な男が、のっそり見下げて来るではないか。太い眉の下に、細い目が垂れている。俺達を見て、微笑んでいるのだろう。

「やあ、中々に可愛いな。どれ、やってみようか」

「かをりに、やらせてぇ」

「御前では、無理だよ。御父ちゃんに任せてごらん」

屈み込んだ腕に縋る、かをり。其れをあやし乍ら、小銭を払う。御父ちゃんが何かを受け取った処で、娘の駄々に負けて折れた。譲ったのは、矢張り、ポイだった。

「そうっと、扱うんだよ」

「わあい」

ポイは、俺達を襲い来る。天高くから、穏やかな水流にざぶんと侵入し、そして、追掛け廻して来る。俺は、慌てて逃げた。他の奴等も、ぼんやりとした顔付を引っ提げた儘、両手足をばたつかせる。少女と、男の愉し気な声が木魂する。

「まってぇ、かめさん」

「ほらほら、頑張れ」

ぐるぐる拡散されたポイは、抵抗により紙が剥がれていた。其れを見て、かをりが大きな眼玉を、ぱちくりさせる。

「ああ、やぶれちゃった」

あれだけ振り回せば、当然だ。俺は、厭きれた。しかし御父ちゃんは、違った。両手を叩いて大きく笑う。拍手を打ち、賞賛しているようだった。

スポンサーリンク

「いやいや、あれだけ亀を追い込めれば大したもんだ」

「ははぁん、扨は親父さん子煩悩だね」

此れ幸いとばかりに、影が身体を蠢かす。

「どうだい、可愛い娘さんの為に一勝負」

「無論、其のつもりだとも」

俺は、震え上がった。影め、余計な亊を云いやがって。漸く静まって来た水が、又激しく右往左往するのかと想うと。嗚呼、何て恐ろしい。

「其れ、往くぞ」

しかし、俺の心配は無用だった。男はとても優しく慎重な手付きでポイを沈めたのだ。他の奴等が、目に見えて安堵しているのが伝わる。俺もだけれども。其れが油断の根源だった。腹の底を柔らかく持ち上げられてしまう。不安定な浮き心地を抱き、咄嗟に動く亊が出来なかった。俺は、せめて男の分厚い掌に噛付こうとして口を開閉したのだ。

「はは、愛嬌の有る奴め」

御父ちゃんが、椀に俺を滑り込ませる。狭くて暗くて、恐ろしい。俺が消えた亊を、他の奴等は何とも想っちゃ居なかった。今し方の騒ぎを忘れ、又ぷかぷか浮遊しているのだ。影が、俺を透明の袋に水と一緒に詰め込んだ。

「はい、可愛がっておやりよ」

「わあい、わあい」

こうして俺は、かをりの家へと攫われてしまったのである。

「かをちゃん、亀吉に餌は遣ったの?」

御父ちゃんは、俺が参拾糎とやらに達した頃、女を連れて来て一緒に暮らし始めた。ほっそりした面長の其方は、俺を見て気持ち惡そうに眉根を寄せたものだ。

尤も、かをりも最近は俺を佳く想っていないらしい。昔みたいに綺麗な緑色じゃない、と茶色染みた肌を貶す。弛んだ模様入りの皮を、厭だ厭だなんて宣う。

槽の水替えが面倒。臭いがきつい。懐かない。其れから、其れから。かをりのブツブツは、途切れない。

御父ちゃんは変わらず、俺を可愛がってくれているようだ。仕事の都合で、月に一度位しか帰ってこないが。

「後で遣る」

「そんな好い加減な世話なら、しない方がマシよ」

どうやら、此の二人は相性が惡いらしい。かをりの中で、御母ちゃんは一人だと、昔に呟いていた。女は女で、生意気なかをりが可愛くない。

「……っ」

部屋から出て往った女を怨めし気に睨む、かをり。最初は、此の樣に険惡じゃあ無かった。恐る恐る、女に手を伸ばしたのを水槽越しに見たものだ。

其の小さな掌には、白い花が握られていた。女は、宝物でも持つ樣に、其れを受け取る。睦まじい、光景。

「あんたの所為で、怒られたじゃない」

かをりが、俺の甲羅を突いた。吃驚して、首を引っ込めてしまう。此処に来て直ぐの頃は、其の樣な動作に、ケラケラ転げ廻ったかをりだが。今と成っては、溜息を鬱陶し気に零されるだけだ。

「えーと、餌……」

俺は食亊を与えられると云う短絡的な幸福に釣られて、ひょっこりと顔を甲羅から出す。かをりは、何時もの瓶に手を入れて俺の糧を取り出す。匂いが漂ってきた。頭上からパラパラと落とされていく。有難い。

「はい、御仕舞」

素っ気無い声が、可愛くない。向こうも、俺を可愛くないと感じている亊だろう。御互い樣だ。

スポンサーリンク

「やだ、もう直ぐ志都子達と遊ぶ時間」

最近は同級生とよく連れ立っている。身支度もそこそこに出て往ったかをりの背中に、女が声を飛ばす。

「かをちゃん、又遊びに往くの?」

返事は、無かった。女の長い吐息が降下する。俺迄鬱蒼とした気分に成る。

異変に気付いたのは、俺が一番早かった。其の証拠に、女は敷いた布団の上で健やかに睡っているのだから。

俺がガキだった頃に嗅いだ、燻す樣な馨り。だが、烏賊焼きやら唐土の味わいは無さそうだ。何処から漂って来るのか。狭い水槽の中で、暗闇に負けじと目を眇める。

すると、台所の窓硝子が、橙色に包まれていた。此の亊柄へ本能が働き掛ける。両手足を目一杯動かしたり暴れてみる。しかし、当然だが波立つだけで意味は無い。段々、熱気が押し寄せてきた。ふと、かをりが居ない亊に気付く。どうやら、遊び仲間と夜更かしを行っているらしい。

佳かった。俺は、咄嗟にそう想った。

確かに愛嬌の無い子供だが、一緒に在る時間の長さから感じるものは有る。しかし、其れを云うなら女に対してもそうだ。きつい印象の有る奴乍ら、そこそこに俺を気遣って居た。昼間だって、そうだ。助けたい。俺は、再び動く。

「ん……亀吉、五月蠅い」

女が顔を上げ、俺の方を見遣った。俺は、必死に全身をばたつかせる。寝惚けていた女が、次第に眉を寄せて往く。

「何、此の煙」

鼻を鳴らし、直ぐに咳き込む。

「まさか、火亊……っ」

慌てて飛び起きた女に、漸く安堵する。女は、箪笥から通帳やら判子やらを掴み取ると、玄関へと走って往く。俺の亊は、忘れているのか置いていったのか解らない。どちらでも、佳い。あんた等が無事なら、其れで充分足る。

灰色の雲に包まれている樣だ。俺は、随分悟った風を装って生きてきたつもりだ。其れなのに、嗚呼。どうしても、矢張り、死ぬのが怖い。建物の焼けて往く匂いは、強く儚い。俺も、塵芥と成ってしまうのだろう。そう成ると、御父ちゃんにも女にも判別されない。勿論、かをりにも。厭だ。俺は、流れもしない涙を落とす。

「亀吉っ……!」

耳に届いたのは、かをりの聲。

錯覚かと、想った。其れが願望だった。何故なら、かをりが此の樣な危機的状況下に飛び込んで佳い筈が無い。だがしかし、俺の前に現れたのは、煤だらけな顔を歪ませる、かをりだった。

泣きそうな顔で、俺を掬い上げた。両手で、しっかりと。

「今度は、ちゃんと捕まえたよ」

ポイを遣わないで、何を云っているんだ。言葉が通じるなら、其の樣な風に茶化しただろう。しかし、俺にもかをりにも余裕が無かった。少しの間、見詰め合った後。

「どうやって、外に出よう……」

莫迦野郎。御前は昔から、考え無しの猪突猛進だ。然して俺は、何も出来やしない、只の亀だ。其の時、眩しい光が俺達を捉えた。

「少女を発見。先程、飛び込んだ者と想われます」

手持ち電灯を翳して、男達が踏み込んでくる。地元の消防団だった。

「駄目じゃないか、君」

「宮本、説教は心配している御袋さんに任せて早く戻るぞ」

俺は、かをりに抱き抱えられ乍ら外へと脱出した。かをりの、心臓が早鐘の樣に鳴っている。怖かったのだろう。俺は、抱き返す代わりに、かをりの指を軽く噛んだ。

裸足に寝間着の女は、一気に老け込んで見えた。消防団の男に付き添われて歩くかをりを捉え、走って来る。俺を潰さんばかりに、かをりへと抱き着く。

スポンサーリンク

「どうして、止めたのに入ってしまったの」

「だって……亀吉が」

其の言葉に、俺の存在を確認する、女。

「……ごめんなさい、かをちゃん。亀吉も」

女は、涙に声が潤んでいた。

「御金が無きゃ、かをちゃんの亊支えられないと想ったの。でも、亀吉も大亊な家族だものね」

消防団は女の言葉を聴いて、そうだろうか、と顔を見合わせる。俺だって、同意するのには首を捻るね。自分で云っちゃあ世話無いけれど、此の樣な何処にでも在る亀一匹に、生命を懸ける必要なんか、本当は無いんだ。少なくとも、大切な奴を前にしたら、俺はそう考えるらしい。

「でも、御願い。かをちゃん。貴方だけは、私の前から消えないで」

「……御母ちゃん」

想わず漏れたのか、意図して口にしたのかは判断し難い。だけど、かをりは苦痛を伴わずして、頗る自然に其の単語を唇に乗せていたのだ。女は、一瞬間固まった樣に立ち尽くした後、かをりの顔を覗き込んだ。

「かをちゃん……っ」

其れから、女……御母ちゃんは、一頻泣き倒して俺に謝ったり消防団に御礼を云ったり、野次馬へ迷惑を掛けたとぺこぺこした。御父ちゃんが帰って来たのは、二日後の亊だった。髭も剃らずに、飛行機で戻った。かをりと御母ちゃんの進展を見て、目を丸くしていたのが、面白かった。

然して、かをりの無茶をしっかり、叱った。其の後に、自分の不在を詫びた。>

火災の原因は、放火だった。だが其れは、俺だけが知っている亊だろう。何故か。犯人が、直接、宣ったからだ。

「火付けを頼んで、成功だったわね。御蔭で、たんまり保険金が入ったわ」

何時もより化粧の濃い顔で、俺に向かって微笑む、御母ちゃんと呼ばれる亊に慣れた、女。

そう、総ては此奴の自作自演行為だったのだ。

俺は、あの祭りで掬われた。

然して、火亊の日に救われた。

今度は、家族が……巣喰われる 。

女は、俺の目線に気付き、にっこりと綺麗な笑みを浮かべてみせた。

「佳い?」

腰を折り、人差し指を真っ赤な唇に一本、宛がう。

「此の亊は、誰にも秘密よ。……なんてね」

女が、頭上から餌を振り入れる。

女は、家を出て往った。もう、二度と帰らないだろう。其の樣な気がした。かをりの笑顔が、浮かんで来る。どうにかしたいのに、どうにも出来ないジレンマ。焦り。だが、次第に其の不安感は消えていく。なんだ。そうか、理解した。女の、仕業だ。俺の、霞往く視界には餌の残骸。何時もと違う匂いだと想ったのに。かをり。苦しい、助けてくれ。

こぽこぽと、気泡が零れ往く。どうしようもないのだ。だが、抗いたい。あの日あの時、かをりに助けられた、此の魂だから。其れが無理だとしたら、頼む。最期にかをりに逢わせてくれないか。誰に願って頼んで縋って在るのか、全く以って解らない。其れでも、俺は。

「ただいまーぁ。あれ、御母ちゃん出掛けてるの?」

パタパタと、足音が近付いて来る。かをりは、俺の姿を見て、悲鳴を上げた。

「亀吉? どうしたの、ねえ!」

説明出来る訳がない。俺は、見えもしない笑顔を、小さく造って遣った。

スポンサーリンク

■姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 MENU

姓名判断 画数で占う名前占いの基礎 五格

姓名判断 画数でみる名前の陰陽バランス

姓名判断 名前の画数の五行

姓名判断 名前占いでのひらがな、カタカナ、漢数字、ローマ字・アルファベットの画数の数え方

姓名判断 漢字の画数数え方 漢字の画数候補一覧

姓名判断 画数の意味 吉凶一覧

姓名判断 名前で相性占い 結婚、恋愛、カップル、友達、夫婦、子供、体の相性など

姓名判断 赤ちゃん、子供の名付けで避けたい凶の悪い名前、名付け方気を付けること

姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

財布で金運アップ・財運アップ 開運効果のいろは

 ┗金運アップ・財運アップする財布

 ┗金運アップの財布の使い方 実践編

パワーストーン・天然石で開運 金運・財運や恋愛運・結婚運、仕事運、健康運アップ

 ┗パワーストーン・天然石の選び方 オーリングテストのやり方

 ┗金運、財運アップに効果ある天然石パワーストーン、組み合わせ

恋愛・結婚コラム 恋活・婚活のお手伝い♪

 ┗愛され上手な女になるって?

 ┗結婚はないな…。と男性に思わせる女性の行動パターン

 ┗彼氏ができない、続かない、どうすれば?

 ┗職場の年下男性の恋の脈ありサインは?

 ┗彼氏ができないアラサーの本当の理由・意外な訳

 ┗気になる人、好きな人に好かれる方法

 ┗男性は女性のここを見ていた!恋する女性は美しくなる

 ┗恋愛ジンクス 彼氏ができる、両思い、復縁など幸せになれる恋のジンクス

 ┗結婚できるジンクス、プロポーズのジンクスなど結婚できる縁結び!

 ┗女性にモテる男はどんな人?モテない男がモテる男になるためにすること

 ┗男の幸せ、男性の幸せとは?

 ┗恋愛結婚、お見合い結婚メリット、デメリット。よくある失敗と後悔

 ┗彼氏が欲しい女子必見!彼氏ができない女の特徴、理由、共通点

 ┗彼氏欲しいけど彼氏いない30代40代女性が高率で彼氏ができる方法

 ┗自分はお見合い派?お見合い結婚のデメリット!離婚・別居、結婚で失敗・後悔しないために

 ┗男の本音

 ┗私の恋とファッション

 ┗本気の男性の見分け方!こんな人なら幸せにしてくれる

 ┗彼女ができない意外な男性の欠点

 ┗男性からのデートの誘い方。やっぱり直接が一番

 ┗男性の結婚相手の決め手 結婚相手と恋人との違い

 ┗婚活女性が語る結婚したいと思う男性、女性の結婚の決め手

 ┗marrish(マリッシュ) 素敵な結婚相手との出会い・婚活、恋人探しお手伝い

 ┗女性の婚活どうすれば?!〜成婚した人が教える5つの秘訣〜

 ┗安心・安全に婚活・恋活ならマッチングアプリ・サイト ペアーズ(Pairs)

美容コラム 綺麗のお手伝い♪

 ┗綺麗になりたい方必見!簡単に美肌になる方法!

 ┗モテる女性の特徴は何といっても色気と美肌

 ┗誰でも簡単にできる老けずに若さを維持できる美容法

 ┗女子力って何?男にもモテる20代女子力アップ方法、アイテム

 ┗美肌になるには?簡単綺麗、美肌になる方法!これでモテる美人女性

 ┗ニキビ跡の治し方 色素沈着、黒ずみ、赤みのおすすめ治療法

 ┗お肌のお悩み解決〜乾燥肌、油肌、ニキビ肌改善し美白肌へ

 ┗スキンケアとは?スキンケアの基本・基礎、やり方(方法)と順番

 ┗お肌の曲がり角の対策とスキンケア

 ┗自宅でできる続けられる無理しないダイエット運動。毎日の習慣で痩せる!

 ┗美容師がおすすめするトリートメント、トリートメントのやり方、使い方

 ┗20代の女磨き!綺麗になる方法、綺麗を保つ秘訣

 ┗美容師が勧めるシャンプーを選ぶ基準とは?年齢で変わるおすすめシャンプー

 ┗効果的なシミ消しクリーム・化粧品の選び方

 ┗洗顔と美白!おすすめ洗顔フォーム。市販のプチプラ洗顔フォームの効果は?

 ┗トリートメントとは?美容師がおすすめするトリートメント オッジィオット(oggiotto)、N、ディーセス ノイドゥーエ

ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪

 ┗甘酸っぱく

 ┗私色と君色

 ┗可愛い物にあなたと埋もれたい

 ┗詩にのせて

 ┗僕が俺に変わる瞬間

 ┗レンタルイケメン部

 ┗あなたの本音あばきます

 ┗愛ある温もりを

 ┗君が初めて泣いた日

 ┗愛を結ぶビル

 ┗不器用な恋

 ┗目立たない恋

 ┗俺が一番

 ┗恋の形

 ┗傷を持った愛

 ┗マニュアルどおりにならない恋

 ┗頑張れ母ちゃん 読み物

 ┗芸能人とみゃーこ

 ┗恋のカタチはそれぞれ 恋愛小説

 ┗そろそろ食べ頃 恋愛小説

 ┗不器用な人に恋をした

 ┗僕を受け入れてくれた彼氏

 ┗勇太と時宗

 ┗飯テロ

 ┗闇サイトバイト

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた2

 ┗ハシラさん〜地方の因習・風習 怖い話

 ┗自惚れと嫉妬 恋愛小説

 ┗約束 小説 読み物・物語

 ┗先輩後輩 恋愛小説

 ┗髪と喫茶店の恋 恋愛小説

 ┗芸能人の彼 恋愛小説

 ┗初恋の彼女 恋愛小説

 ┗ケーキの恋 恋愛小説

 ┗三つ編みの恋 恋愛小説

 ┗天使とたまご 日常小説

 ┗星のうた 恋愛小説

 ┗謎のラーメン屋〜ホラー小説・怖い話

 ┗×××町の幽霊トンネル〜〜ホラー小説・怖い話

 ┗死体を埋めに。間違えて殺してしまった女。

 ┗天秤を祀る神社〜ホラー小説・怖い話

 ┗霊感の強い友人〜ホラー小説・怖い話

 ┗ループ〜ホラー小説・怖い話

 ┗村の呪縛〜日常系小説

 ┗恋愛はお食事の後でもいいですか? 恋愛小説

 ┗メイク変えたらモテた 恋愛小説

 ┗冷たい告白 恋愛小説

 ┗幼なじみの二人 恋愛小説

 ┗不器用な俺の恋愛 恋愛小説

 ┗可愛くない私にあいつは恋してる 恋愛小説

 ┗思わぬ出会い 恋愛小説

 ┗数学と恋愛 恋愛小説

 ┗叶わなかった恋 恋愛小説

 ┗両手から溢れるほどの愛情 恋愛小説

 ┗恋した相手は芸能人 恋愛小説

 ┗いつでも一緒 恋愛小説

 ┗それぞれの思いを胸に

 ┗音楽を通して

 ┗どんな恋がお好きですか

 ┗ホストとルームメイト

 ┗可愛い私を受けとって

 ┗私の恋は不良君にささげます

 ┗訳あり喫茶店

 ┗出会いの喫茶店

 ┗恋に不器用な私

 ┗勇者と魔女の物語

 ┗幼馴染

 ┗気になる男の子

 ┗作家の恋

 ┗想い人は山田くん

 ┗地味な私でも恋したい

 ┗小さなキューピット

 ┗ヨシオ

 ┗転校生

 ┗自由

 ┗霊感少女と猫又

 ┗徒然日和

 ┗にぎやかな町中

 ┗美女の恩返し

 ┗勇者と魔王と人類の本気

 ┗僕の名前を呼ぶあなたが好き

 ┗歌と小説を乗せて

 ┗映る想い

 ┗一人花見

 ┗亀の話

子育てコラム♪

 ┗夢の中のともちゃん

 ┗おばけさんと僕

お金と仕事、自己啓発のコラム♪

 ┗職場のトラブルに効果的に対処する方法

 ┗新しい英語検定・CASEC受験で英語力診断!

 ┗はたらくどっとこむ 女性に人気の稼げる楽しいリゾートバイトがたくさん

 ┗1週間などの短期〜長期までリゾートバイトならはたらくどっとこむ アプリリゾートがおすすめ

 ┗介護職求人サイト かいご畑 介護職の人気求人多数!

 ┗ハーバリウムの認定講師資格ならPBアカデミーの通信教育!ハーバリウム講座資料請求お気軽に

 ┗嵐山 太秦一帯 松尾大社 広隆寺と秦氏

 ┗丸山議員N国民党に入党 失言、経歴、ツイッター発言

 ┗青森県の名物 特産物・特産品、名産物・名産品、郷土料理ご紹介 お土産にも

スポンサーリンク


Copy right©2013

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定

All Right Reserved.