髪と喫茶店の恋 恋愛小説

スポンサーリンク

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 >>ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪ >>髪と喫茶店の恋 恋愛小説

髪と喫茶店の恋 恋愛小説

一つに結んだ長い黒髪を左右に揺らし、ヒールをコツコツ鳴らしながら、エレベーターに乗り込み、3階のボタンを押す。今日も、いつも通りの一日が始まる。

「おはよう」

「おはようございまーす。あっ、沙織さん今日も寄ってきたんですか?」

オフィスの扉を開き、先に出社している後輩たちに挨拶をする。私の手にある、コーヒーショップのロゴが入ったタンブラーに気付いた後輩が話しかけてきた。

「沙織さんがオススメしてたソイラテ、私も飲みに行きましたよー!優しい味わいで、美味しかったです!」

このビルの1階に先月オープンしたコーヒーショップで、ソイラテを購入してから出社するのが日課になっていた。何度か通い、いろいろ試したのだが、濃いめのエスプレッソにクリーミーな豆乳が絶妙にマッチしているソイラテが、一番のお気に入りだった。

「優しいといえば、あのお店の店員さん優しいですね!ちょっとワイルドな感じの男の人、わかります?」

「ああ、いつもいる人ね。店長かしら」

分かるも何も、私が今想いを寄せている人だった。私も最初は、その見た目から苦手なタイプだと敬遠していたのだが、接客が丁寧で、そのギャップに惹かれた。2度目の来店時に名札を盗み見て、平野さんだと知った。

ある日、昼休みにその店でノートパソコンを開いてコーヒーを飲んでいたとき。ベビーカーを押して入店してきた客が、席が空いていなくて困っていたので、私が席を空けようとパソコンを閉じた瞬間、そのベビーカーに乗った赤ちゃんが泣き出した。周りの客が迷惑そうな視線を向け、その客はコーヒーも買わずに店から出ようとしたのだが、平野さんがその様子に気付いて、「元気なお子さんですね。奥のソファー席が、もう少しで空きそうです。よかったら、ベビーカーお預かりしますので、少し休まれて行きませんか?」と声をかけていた。私に向けられたものではなかったけれど、その優しい言葉と、優しい笑顔に、恋に落ちたのだった。

「もう少し話したいところだけど、そろそろ朝礼の時間」

後輩を促し、私も自分のデスクにバッグとタンブラーを置いた。

「あっ、ほんとだ。すみませーん」

全員で集まって挨拶をし、連絡事項を伝え、それぞれの仕事に取り掛かった。

我が社は社員30人ほどの小さな会社だ。女性社員が多く、そのほとんどが30代を目前に寿退社していく。その抜けた穴を新卒の社員で埋めていくので、20代の子ばかり。女性社員の中では、30代の私が一番の古株となってしまった。

中には寿退社せず、育児休暇を取得したのち復帰する社員もいたのだが、育児との両立は難しいようで、定時に上がれる仕事へ転職していった。女性社員が多い割に、女性が働くのには厳しい環境だった。

昼休み、職場から一番近いベビー用品店へ向かった。元同僚が出産したというので、お祝いを買おうと思ったのだが、仕事後はどの店も閉まっているので、昼に寄ることにしたのだ。

スマホで地図を見ながら歩いていく。ついでに喜ばれる出産祝いランキングも検索したのだが、店内に入り、ずらっと並べられた商品を見ても、どう使う物なのか、ネットで上位だった商品がどこに置いてあるのか、さっぱり分からない。

「あれっ、沙織??」

私の存在に気付き声をかけて来たのは、茶髪でショートカットの、まだ1歳にも満たないであろう乳児をベビーカーに乗せた女性だった。髪型が変わりすぎていてすぐに気が付かなかったが、高校の同級生の玲奈だった。

「なに、もしかして妊娠したの!?」

遠慮なく、人の心にズカズカと土足で踏み込んでくるところは、相変わらずだった。

「結婚もまだよ」

「そうだよね?。ってそれも失礼か!」

昼休み中に出産祝いを買いに来たことを伝えると、「服とかだと好みがあるもんね?。絵本は?自分じゃあんまり買わないし、もらうと嬉しいよー!なんか沙織っぽいし!」と助言してくれたので、絵本コーナーへ行って、音の鳴る絵本と、0歳でもよく見えるという原色の絵本を購入した。

その後、「お昼食べた?軽くランチしない?」と誘われ、近くのファミリーレストランへ入った。コーヒーショップとは違い、席間や通路にゆとりがあり、玲奈の子どもはベビーカーに乗ったままテーブルの横へ置かれた。ここまで歩いてくる間に揺られたのが心地よかったのか、すやすや寝息を立てている。

スポンサーリンク

「玲奈、髪の毛ばっさり切ったんだね」

「ああ、これ?育児してると髪乾かす時間もないからさ?。沙織は変わらないね。ほんと黒髪似合うよね」

そう言いながら、テキパキとメニューを開き、店員を呼び、注文を済ませる。幼い子を持つ母親は、食事の時間が限られているようだ。子どもが昼寝している今がチャンスらしい。

「ねぇ、結婚はまだって言ってたけど、彼氏は?」

「仕事が忙しくて、なかなか」

「沙織キレイなのにもったいなーい。仕事関係で出会いとかないの?あれじゃない、仕事バリバリのキャリアウーマンで、近寄りがたい雰囲気出てるんじゃない!?思い切ってイメチェンしちゃえば!?」

思い立ったが吉日、と言わんばかりに、スマホを取り出しどこかへ電話を掛けた。まさかとは思ったが、玲奈の行きつけの美容院だった。

「次の日曜、10時からなら空いてるって!沙織どう?」

と、どんどん話を進めてくる。その勢いに押されて、「あ、うん……」と返事をしてしまった。

丁度その時、料理が運ばれてきたので、それ以上は何も言えず、赤ちゃんも起きてしまったので、掻き込むようにして料理を平らげた。

「あとで美容院の住所送るね?!」

そう言って大きく手を振る玲奈に、顔の近くで小さく手を振って別れた。

「はあ……」

午後の仕事を終え、帰宅してそのままソファーに倒れ込む。スマホを開くと、玲奈から美容院の情報が送られてきていた。その美容院のサイトにアクセスし、住所や料金のページを見る。さすが主婦、生活圏内にあり、良心的な価格の美容院だった。

「イメチェンかあ……」

いつからこの髪型なのだろう。それも忘れてしまった。美容院へ行っても、毛先を切りそろえてトリートメントしてもらうだけだった。

鏡を見て、髪を短くした自分を想像する。長さではなく、色を変えてみようか?あれこれ想像して見たが、どれもピンとこなかった。

寝る前に、ベッドで横になりながら、人気の髪型ランキングも検索してみたが、結局はモデルが可愛いから似合うんでしょ、という結論に至り、そのまま眼を閉じた。>

仕事に追われているうちに、あっという間に日曜日になった。スマホのナビに従ってやって来たその場所は、美容院というよりカフェのような外観だった。一瞬、入るのを躊躇ったが、「Hair Salon」と書かれている看板を見つけ、深呼吸して扉を開けた。

「あの、10時に予約してるんですけど」

「あっ、玲奈さんのお友達ですね!お荷物ロッカーへ入れて、こちらにどうぞ」

案内されるまま席に座り、正面の大きな鏡を見ると、後ろから、ボブヘアーの美容師さんが覗き込んできた。

「こんにちは。担当させて頂くサユミです、よろしくお願いします」

同じくらいの歳だろうか。ふわっとした、優しい茶色の髪の毛が揺れた。

「今日はどうされますか?」

「えーと……はっきりとは決めてきていないんですけど」

少し恥ずかしかったが、正直に、イメチェンしたいがどんな髪型が似合うのかわからないことを伝えると、サユミさんは親身になって考えてくれた。

「お顔立ちがキレイですから、ショートやボブも似合うと思いますけど……いきなり短くするのは勇気がいりますよね。カラーリングも……うーん、すごくキレイな黒髪だから、もったいないなぁ」

漠然としたイメージとか、要望とか、なんでもいいのでありますか?と聞かれ、

「堅苦しいイメージを払拭したいです。あ、でも、仕事中邪魔にならないような髪型がいいです。パーマとか憧れるけど、朝晩の手入れができるかどうか……」

思っていることをありのまま伝えると、

「じゃあ、耳辺りから毛先にかけて、緩めのパーマかけませんか?」

私の髪を触りながら、そう提案してくれた。朝は濡らすだけでカールが復活すること。ひとつ結びはきっちりとして堅い印象があるが、毛先にパーマがかかっているだけで、柔らかい印象になること。

「こうやって、手ぐしでラフにまとめて、耳くらいの高さでひとつ結びにして……トップからサイドにかけて、少しだけ髪を指でつまんで引っ張り出すだけで、立体感とこなれ感も出ますよ」

アレンジの仕方を聞いて、なるほど、これなら私でも出来そうだと思ったので、「じゃあ、それで」とお願いした。

スポンサーリンク

カットケープを巻かれ、てるてる坊主になった私の髪を、サユミさんが切りそろえていく。

「なるべく、髪に負担のかからない方法でパーマかけますね」

髪を切り終えると、パーマ液を塗られ、ロッドで巻かれ、またパーマ液を塗られた。独特なニオイに、少しくらっとした。

しばらくこのままでお待ちくださいと言われ、鏡の前に置いてあったファッション雑誌を手に取り、パラパラとめくる。20代向けの雑誌であることが、モデルの服装から伝わる。

最後の占いのページで、自分の星座を探す。ラッキーアイテム、ブラックコーヒー。ピピピピ、ピピピピ……

タイマーが鳴り、シャンプー台へと案内された。ザブザブとパーマ液が流され、シャンプーのいい香りが漂う。

「お湯加減、いかがですか?」

地肌に触れる、サユミさんの指が心地よくて、眼を閉じる。トリートメントをつけて、数分置く間に眠りについてしまいそうだった。

「流しますね」

そう声をかけられて、はっとした。トリートメントを流し、ゆっくり身体を起こされ、頭にタオルを巻かれ、再び席へ戻り、ドライヤーをかけられる。

「濡れてるときが、一番カールが出るんです。半乾きの状態で、ムースを付けて乾かすと、カールがキープできます」

あっという間に出来上がった。鏡に映る私は、耳の辺りから毛先にかけて、ふんわりと緩いパーマがかかっていた。

「こんな感じで、ひとつ結びにしても、いつもと違う感じがしませんか?」

サユミさんはそう言って、私の髪を耳の高さでひとつにまとめ、鏡越しに目を合わせてきた。

「他にも、くるりんぱしたり、ハーフアップにしたり……」

「覚えられるかな……」

「あっ、すみません、一度に言い過ぎました!楽しくなっちゃって。ヘアアレンジで困ったら、またいつでも来てください」

仕上げにスプレーを掛けながら、にっこりと笑うサユミさんは、とても可愛らしかった。こんな、ふんわりとした女性になりたいなと思った。

「お疲れさまでした?。とてもよくお似合いですよ!」

ケープを外され、再び鏡を見ると、緩いパーマを掛けた私は、心なしか表情も緩んでいた。

後ろはこんな感じですと、サユミさんが鏡を持って見せてくれた。髪の長さも色も変えずに、ここまで印象を変えることができるのだなぁと、感心してしまった。

「ありがとうございました?!」

会計を済ませ、サユミさんに見送られて美容院を出た。心が弾むとは、このことを言うのだろうか。やけに気持ちが昂ぶり、このまま家に帰るのはもったいないとさえ思った。

ラッキーアイテム、ブラックコーヒー。

ふと先ほど読んだ占いを思い出し、職場へと向かった。休日出勤でもないのに、日曜日に職場のあるビルへ来るのは初めてだった。1階のコーヒーショップの扉を開けると、「いらっしゃいませ」と言う声が飛んできた。レジの方を見ると、平野さんがいた。

「サンドイッチと、アイスコーヒー、トールサイズで」

いつも来ている店なのに、なんだか気恥ずかしくて、レジの横に置かれたメニューを指差しながら注文した。

「ミルクお入れしますか?」

「いえ、ブラックで」

「ブラック、飲まれるんですね」

はっと顔を上げると、平野さんと目があった。

「今日は、お仕事お休みですか?いつもと印象違いますね」

いつもの自分を知ってくれていたという事実が、嬉しくもあり、恥ずかしくもあった。テイクアウトか悩んだ末、レジからは見えないであろう奥の方の席を選んで座った。

サンドイッチを食べ終えた頃、昼のピークが過ぎたのか、店内の客が徐々に減っていった。私もそろそろ帰ろうか、と思ったとき、平野さんが近付いてきた。

「いつもご来店ありがとうございます。よかったら、これ」

差し出されたのは、ドリンク1杯無料券だった。

「また、ソイラテでも、ブラックでも、飲みに来てくださいね」

平野さんはそれだけ言うと、にこっと笑って仕事に戻っていった。ワイルドな見た目に、マイルドな笑顔が、程よく甘くてほろ苦いソイラテみたいだと思った。いただいた無料券を財布にしまおうとしたとき、裏に何か書いてあるのが見えた。アットマークが付いているこれは、平野さんのアドレスだろうか。

店を出るときにチラッとレジの方を見ると、微笑んでいる平野さんと目があった。平静を装って店を出たが、胸の鼓動が止まらなかった。

スポンサーリンク

■姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 MENU

姓名判断 画数で占う名前占いの基礎 五格

姓名判断 画数でみる名前の陰陽バランス

姓名判断 名前の画数の五行

姓名判断 名前占いでのひらがな、カタカナ、漢数字、ローマ字・アルファベットの画数の数え方

姓名判断 漢字の画数数え方 漢字の画数候補一覧

姓名判断 画数の意味 吉凶一覧

姓名判断 名前で相性占い 結婚、恋愛、カップル、友達、夫婦、子供、体の相性など

姓名判断 赤ちゃん、子供の名付けで避けたい凶の悪い名前、名付け方気を付けること

姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

財布で金運アップ・財運アップ 開運効果のいろは

 ┗金運アップ・財運アップする財布

 ┗金運アップの財布の使い方 実践編

パワーストーン・天然石で開運 金運・財運や恋愛運・結婚運、仕事運、健康運アップ

 ┗パワーストーン・天然石の選び方 オーリングテストのやり方

 ┗金運、財運アップに効果ある天然石パワーストーン、組み合わせ

恋愛・結婚コラム 恋活・婚活のお手伝い♪

 ┗愛され上手な女になるって?

 ┗結婚はないな…。と男性に思わせる女性の行動パターン

 ┗彼氏ができない、続かない、どうすれば?

 ┗職場の年下男性の恋の脈ありサインは?

 ┗彼氏ができないアラサーの本当の理由・意外な訳

 ┗気になる人、好きな人に好かれる方法

 ┗男性は女性のここを見ていた!恋する女性は美しくなる

 ┗恋愛ジンクス 彼氏ができる、両思い、復縁など幸せになれる恋のジンクス

 ┗結婚できるジンクス、プロポーズのジンクスなど結婚できる縁結び!

 ┗女性にモテる男はどんな人?モテない男がモテる男になるためにすること

 ┗男の幸せ、男性の幸せとは?

 ┗恋愛結婚、お見合い結婚メリット、デメリット。よくある失敗と後悔

 ┗彼氏が欲しい女子必見!彼氏ができない女の特徴、理由、共通点

 ┗彼氏欲しいけど彼氏いない30代40代女性が高率で彼氏ができる方法

 ┗自分はお見合い派?お見合い結婚のデメリット!離婚・別居、結婚で失敗・後悔しないために

 ┗男の本音

 ┗私の恋とファッション

 ┗本気の男性の見分け方!こんな人なら幸せにしてくれる

 ┗彼女ができない意外な男性の欠点

 ┗男性からのデートの誘い方。やっぱり直接が一番

 ┗男性の結婚相手の決め手 結婚相手と恋人との違い

 ┗婚活女性が語る結婚したいと思う男性、女性の結婚の決め手

 ┗marrish(マリッシュ) 素敵な結婚相手との出会い・婚活、恋人探しお手伝い

 ┗女性の婚活どうすれば?!〜成婚した人が教える5つの秘訣〜

 ┗安心・安全に婚活・恋活ならマッチングアプリ・サイト ペアーズ(Pairs)

美容コラム 綺麗のお手伝い♪

 ┗綺麗になりたい方必見!簡単に美肌になる方法!

 ┗モテる女性の特徴は何といっても色気と美肌

 ┗誰でも簡単にできる老けずに若さを維持できる美容法

 ┗女子力って何?男にもモテる20代女子力アップ方法、アイテム

 ┗美肌になるには?簡単綺麗、美肌になる方法!これでモテる美人女性

 ┗ニキビ跡の治し方 色素沈着、黒ずみ、赤みのおすすめ治療法

 ┗お肌のお悩み解決〜乾燥肌、油肌、ニキビ肌改善し美白肌へ

 ┗スキンケアとは?スキンケアの基本・基礎、やり方(方法)と順番

 ┗お肌の曲がり角の対策とスキンケア

 ┗自宅でできる続けられる無理しないダイエット運動。毎日の習慣で痩せる!

 ┗美容師がおすすめするトリートメント、トリートメントのやり方、使い方

 ┗20代の女磨き!綺麗になる方法、綺麗を保つ秘訣

 ┗美容師が勧めるシャンプーを選ぶ基準とは?年齢で変わるおすすめシャンプー

 ┗効果的なシミ消しクリーム・化粧品の選び方

 ┗洗顔と美白!おすすめ洗顔フォーム。市販のプチプラ洗顔フォームの効果は?

 ┗トリートメントとは?美容師がおすすめするトリートメント オッジィオット(oggiotto)、N、ディーセス ノイドゥーエ

ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪

 ┗甘酸っぱく

 ┗私色と君色

 ┗可愛い物にあなたと埋もれたい

 ┗詩にのせて

 ┗僕が俺に変わる瞬間

 ┗レンタルイケメン部

 ┗あなたの本音あばきます

 ┗愛ある温もりを

 ┗君が初めて泣いた日

 ┗愛を結ぶビル

 ┗不器用な恋

 ┗目立たない恋

 ┗俺が一番

 ┗恋の形

 ┗傷を持った愛

 ┗マニュアルどおりにならない恋

 ┗頑張れ母ちゃん 読み物

 ┗芸能人とみゃーこ

 ┗恋のカタチはそれぞれ 恋愛小説

 ┗そろそろ食べ頃 恋愛小説

 ┗不器用な人に恋をした

 ┗僕を受け入れてくれた彼氏

 ┗勇太と時宗

 ┗飯テロ

 ┗闇サイトバイト

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた2

 ┗ハシラさん〜地方の因習・風習 怖い話

 ┗自惚れと嫉妬 恋愛小説

 ┗約束 小説 読み物・物語

 ┗先輩後輩 恋愛小説

 ┗髪と喫茶店の恋 恋愛小説

 ┗芸能人の彼 恋愛小説

 ┗初恋の彼女 恋愛小説

 ┗ケーキの恋 恋愛小説

 ┗三つ編みの恋 恋愛小説

 ┗天使とたまご 日常小説

 ┗星のうた 恋愛小説

 ┗謎のラーメン屋〜ホラー小説・怖い話

 ┗×××町の幽霊トンネル〜〜ホラー小説・怖い話

 ┗死体を埋めに。間違えて殺してしまった女。

 ┗天秤を祀る神社〜ホラー小説・怖い話

 ┗霊感の強い友人〜ホラー小説・怖い話

 ┗ループ〜ホラー小説・怖い話

子育てコラム♪

 ┗高齢出産のリスク〜高齢出産は怖い?

お金と仕事、自己啓発のコラム♪

 ┗職場のトラブルに効果的に対処する方法

 ┗新しい英語検定・CASEC受験で英語力診断!

 ┗はたらくどっとこむ 女性に人気の稼げる楽しいリゾートバイトがたくさん

 ┗1週間などの短期〜長期までリゾートバイトならはたらくどっとこむ アプリリゾートがおすすめ

 ┗介護職求人サイト かいご畑 介護職の人気求人多数!

 ┗ハーバリウムの認定講師資格ならPBアカデミーの通信教育!ハーバリウム講座資料請求お気軽に

 ┗嵐山 太秦一帯 松尾大社 広隆寺と秦氏

 ┗丸山議員N国民党に入党 失言、経歴、ツイッター発言

 ┗青森県の名物 特産物・特産品、名産物・名産品、郷土料理ご紹介 お土産にも

スポンサーリンク


Copy right©2013

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定

All Right Reserved.