不器用な私に恋が舞い降りた〜恋愛小説

スポンサーリンク

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 >>ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪ >>不器用な私に恋が舞い降りた〜恋愛小説

不器用な私に恋が舞い降りた〜恋愛小説

夢とか希望とか持つだけ無駄だと思うのは私だけだろうか。恋心を抱いた相手は必ず友人を選ぶ。そのたび一人で悲しみにくれた。

そのうち恋なんて辛いだけだと思うようになった。彼氏なんていなくても生きていける。

(ともか)「みさき、今日このあとゆきととその友達で遊ぶんだけど一緒に行かない?」

(みさき)「私は遠慮しとくよ」

(ともか)「またー?最近遊んでくれなくて私寂しいんだけど」

ゆきとと言う彼氏がいるんだからじゅうぶんでしょ。口を開けばそう吐き出しそうになり、とっさに苦笑いで返した。

私の友達、ともかは明るい性格に低い身長が可愛らしさを強調していて、艶のあるストレートなブラウンの髪に綺麗に手入れされた爪、ナチュラルなメイクなのに、綺麗な整った顔立ちはノーメイクでも充分美人。

私が好きになった男子は皆ともかを好きになる。今のともかの彼氏のゆきとくんも少し心が揺らいでいたけれど、結局彼はともかを選んだ。だから恋するだけ無駄でしょ?

ゆきとくんは隣のクラスで一番の人気者と言っても過言ではない。爽やかな笑顔に外はねにセットされた髪型はお洒落で左耳にはともかがプレゼントした黒のピアスが光の加減で光る。よく笑う彼とともかは誰が見てもお似合いで、それに比べて私は人見知りであまり笑わない。笑う気がしない。

天然パーマは特に手入れはしていないし、自信のない顔は長い前髪で隠し、目立たないように息を潜める。日々、なぜともかは私の側にいるのか、いまだに謎で。

(ともか)「ゆきとの友達格好いいんだよ!ねぇお願い!一緒に遊ぼう?絶対楽しいから」

手を合わせ必死で私に頼み込むともか。私は小さくため息をついた。

(みさき)「わかったよ、でも今回だけだよ」

(ともか)「わぁ、ありがとう!絶対損はさせないから!」>

にっこり笑う彼女はやはり可愛い。同じ女子なのにどうしてこんなに違うのだろう。

放課後、私が机の中を整理しているとパタパタと音をたてて笑顔のともかが席まで近づいてきて

(ともか)「みさき急いで!ほら、行くよ!」

鞄に教科書やノーとをしまうと同時に手を引かれ隣のクラスへと足を進めた。

(みさき)「ともか、そんなに引っ張らないで。つまずく」

(ともか)「あ、ごめんごめん。待ち遠しくてついつい急いじゃった」

目を細めた彼女はその後すぐに隣のクラスを覗き込み、声をあげた。

(ともか)「ゆきとー!みさき連れてきたよー」

クラスに残っていた生徒がこちらに視線を向けた。

嫌だな…目立ちたくないのに。

窓際にいた二人が振り向いた。

(ゆきと)「おう、ともか早かったな。みさきちゃんも今日はよろしくな」

ニッコリ笑うゆきとくんに私はコクリとうなずいた。そしてゆきとくんの隣には知らない男子が私にじっと視線を送っている。落ち着かない。

明るいブラウンの髪に耳には沢山のピアス。切れ長の瞳が私には少し怖く感じた。このメンバーで遊ぶと思うと気が重い。

(ともか)「最近出来たカフェといつものカラオケでいいよね!」

(ゆきと)「ともか楽しみにしてたもんなカフェ。じゃぁ早速行くか。あ、そうだ。こいつ、ともか きりや。ともかは知ってるけどみさきちゃんは知らないよな?口数少ないけどいいやつだから。」

そう言って私に笑顔を向けた。私にも優しく接してくれる彼。でも、それは私がともかの友達だから。

重い足取りでカフェに向かった。

スポンサーリンク

…気まずい。私の前を歩いている二人は楽しそうに話しているのに対して、残りの私達は、会話がない。話しかける勇気は持ち合わせていない。でも何故かぴったり横並びで歩いている。背の高い彼のほうが歩くの早いはずなのに。不思議に思いながら無言のままカフェにたどり着いてしまった。

4人用テーブルに案内され、自然とともかとゆきとくんが並んで座ってしまって、きりやくんの隣に渋々座った。

(ともか)「みさき何食べるー?」

(みさき)「いちごパフェ」

即答した時、

(きりや)「ふっ」

鼻で笑われ、驚いて視線を向けたら、きりやくんが目を細めて拳で口を隠していた。

(ともか)「みさきは本当いちごパフェ好きだよね!ここのいちご高いの使ってるらしいよ!」

ともかの言葉がはっきり聞こえない。りきやくんのさっきの表情、仕草が脳裏に貼りついて彼の笑顔に鼓動が速まった。こんな顔もするんだ…。

それからは、ともかとゆきとくんがずっと楽しそうに話していて。私とりきやくんはただ黙ってそこにいた。

いちごパフェが運ばれて、私は早速ひと口、口にはこぶ。いちごがすごく甘くて思わず口元が緩んだ。

(ともか)「あ!今みさき笑ったでしょ!凄く幸せな可愛い顔してた!」

(みさき)「な、何言ってるの、私笑ってないよ」

(ゆきと)「いやいや、可愛くわらってた。な?きりや」

私が可愛いわけ無いのに…。きっとともかに合わせてくれたんだろうな。

(きりや)「ああ、可愛かった」

(みさき)「え?」

(きりや)「可愛かった」>

2回も言った…。何だか胸の奥がくすぐったい。

(ゆきと)「さぁ、そろそろカラオケでも行くか」

(ともか)「よし!沢山歌っちゃおう!」

ゆきとくんとともかは楽しそうにしているけれど私は心の中でため息をはいた。

カラオケは苦手で。男女の距離が近くなるから。でも、ともかが楽しそうにしているのに気持ちを害するようなことは出来ない。私は小さくうなずいた。

いつものカラオケ屋。ともかとは何度も来ていた時期があった。最近は来てなかったな。ともかに彼氏が出来ると自然と私から距離をとるようになって遊ぶことも少なくなっていた。

カフェからそのカラオケ屋は意外と近くで直ぐ着いた。

店員さんに部屋に案内され壁側にゆきとくん、その隣がともかで私、きりやくんの順でソファに腰を下ろした。

(ともか)「みさき、何歌う?」

(みさき)「私は今日はいいよ、聴いてるから」

(ともか)「えー、せっかく歌上手いのにもったいない!歌おうよー!」

可愛い顔で見つめてくるともか。

(みさき)「わかった」

(ともか)「そうこなくっちゃ!初めはゆきとね」

(ゆきと)「何で俺からなんだよ」

そう言って楽しそうに笑う二人。

なんだか自分が惨めだ。

ゆきとくん、ともかの順に歌い私の番が回って仕方なくマイクを握り口を開いた。…見ずらい。うっとうしい前髪を耳にかけた。すると二人の視線を感じた。

歌い終わり、ともかが満面の笑顔で

(ともか)「ね、歌うまいでしょ?」

(ゆきと)「お、おう」

驚いた顔をするゆきとくん。

すると、急にきりやくんが私の顔をまじまじと見つめ一言

(きりや)「やっぱり。思った通り」

そう言って手を握り

(きりや)「悪い、俺らぬけるわ」

(みさき)「え?」

(ともか)「いいよー。ちゃんと帰り送ってあげてね!」

ともかは大きく手を振っていてゆきとくんは笑っていた。

手を引かれるがまま彼について行くしかなかった。

スポンサーリンク

(きりや)「ここ」

しばらく歩いたと思ったら急に足を止めた。

目の前にあったのは

(みさき)「美容院?」

(きりや)「ああ、お前にはカットモデルになってもらう」

突然とんでもないことを言い出した。

(みさき)「ちょ、ちょっと待って、カットモデルなんて私には…」

(きりや)「いいから、こい」

手を強く握られ、店の中に入ってしまった。

(ゆう)「いらっしゃいませー。って、きりやか。どうした?」

(きりや)「ゆう、カットモデル連れてきた」

(ゆう)「きりや、兄貴って呼べって言ってるだろ?そのこお前が選んだの?」

(きりや)「ああ」

どうやらこの美容師さんはきりやくんのお兄さんらしい。

(ゆう)「ちょっとごめんね?」

そう言って私の重苦しい前髪を優しく持ち上げた。するとお兄さんはにっこり微笑んだ。

(ゆう)「さすがきりや。見る目だけはあるな」

(きりや)「一言余計なんだよ」

そう言って何故か拳で口元を押さえていた。

(ゆう)「さて、それじゃぁ早速始めよう。どうぞこちらへ」

(みさき)「わ、わたし切るなんて一言もいっていません!」

(ゆう)「え?そうなの?」

(きりや)「ゆう、いいからカット」

戸惑う私に対してきりやくんは聞き耳をもたない。

(ゆう)「ねぇ、損はさせないから切らせてくれないかな?」

きりやくんと違い柔らかい物腰。ベージュのウェーブのかかったお洒落な髪型に整った顔立ち。

(みさき)「っ、はい、お願いします…」

この空気に堪えられずそう言うしかなかった。

(ゆう)「天然パーマ?」

優しく私のか見に触れる。

(みさき)「はい」

(ゆう)「そっか、じゃぁ前髪はストレートにして、あとはその天然パーマをいかしたカットするね。あ、せっかく綺麗な髪質だから全体的に変えないで前髪だけ切るかな」

(みさき)「あ、あの前髪切るんですか?」

(ゆう)「うん。でも心配しないで?絶対可愛く変身させるから」

にっこり微笑むお兄さん。それに対して私は小さくうなずいた。

少し、本当に少し期待をした。

(きりや)「色も。俺と同じにしろ」

(ゆう)「カラーも?えっと、いいのかな?」

(きりや)「いいから」

私の返事を待たず、きりやくんは言い切る。もうどうでもよくなってきて、気がつけばうなずいていた。

延びっぱなしだった重苦しい髪がパサパサと床に落ちていく。初めて髪を染める。気がつけばワクワクしている自分がいた。

スポンサーリンク

数時間後、

(ゆう)「お疲れ様でしたー。どう?」

天然パーマじゃないみたい。綺麗なウェーブの髪に前髪は眉毛のあたりまで切られ、真っ直ぐ揃えられていた。色は明るいブラウン。

私じゃないみたい…。

(きりや)「似合ってる」>

奥の方に腰かけていたきりやくんが気がつけば私の横にいて大きな手、でも細い指が髪に優しく触れた。

(みさき)「あ、ありがとう。なんだかスッキリした」

(きりや)「それならいい」

(ゆう)「じゃぁ写真撮っていいかな?」

あ、そうかカットモデルって言ってたからもちろん写真も撮る。本当は写真撮られるの苦手だけど、ここまで私を変えてくれたきりやくんとお兄さんのためを思いうなずいた。

カメラを向けられ緊張してガチガチの私に

(きりや)「恋したことあるか」

唐突な言葉を受け困惑しているともう一度

(きりや)「恋したことあるか」

(みさき)「ある」

(きりや)「どんな感じだ」

どんな感じ?…ドキドキしてソワソワして、胸の中が、頭の中がその人でいっぱいで。苦しくて、でも幸せで。そう、幸せな感じ。あの感情は忘れられない。

(ゆう)「うん!その表情凄くいい感じ」

にっこり笑うお兄さん。きりやくんはずっと私を見ていた。

美容室から出たあと、ともかの言う通りきりやくんは私を家まで送り届けてくれた。

出るとき、お兄さんは笑顔で「また来てね」と言ってくれた。

久々に満たされた気分になった。きりやくんは私が家につくとなにも言わず来た道を戻ろうとしたとき、とっさに私は

(みさき)「きりやくん!きょうは…ありがとう」

そう言って慣れない笑顔を作った。きりやくんは振り返って、私のかおを見た瞬間、驚いた顔をした。

(きりや)「お前、その顔は反則」

直ぐに前を向きなおしてスタスタと家から、私から離れていった。今の何だったのだろう。不思議に思いながらも玄関のドアをあけ、家のなかへと入った。

夜、ベットへ飛び込むように仰向けになった。はぁ今日は色々ありすぎて疲れてしまった。お父さんもお母さんも私を見るなり驚いた顔をして、そのあと何故か大喜びしていた。

“流石我が子だ!”と訳のわからないことを言って、終始笑顔だった。少し早いけど今日はもう寝よう。電気を消して眠りについた。

翌朝、目を覚まし鏡に映った自分に一瞬驚いた。

(みさき)「そうだった…髪型変えたんだった」

慣れない髪型。でも気分がいい。>

学校へ登校して自分の席に腰を下ろすと、いつもより教室が騒がしい、ざわついていた。でも、私には関係ないといつものように授業の準備をしていると、ともかが走って私のもとへきて

(ともか)「みさき!どうしたの!?その髪!」

興奮ぎみに迫ってきた。

(みさき)「…変かな?」

(ともか)「違う!違う!凄く似合ってる。可愛くなっててびっくりしちゃった!」

にっこり頬笑む彼女に嘘をついているようには見えなかったけれど、私の胸の中が何だかくすぐったい気持ちになった。

ともかと話していると、数人の男子が近づいてきて、あっという間に囲まれてしまった。

スポンサーリンク

(クラスメート男子1)「すげー可愛いじゃん!」

(クラスメート男子2)「だから言ったろ、もとはいいって」

(ともか)「ちょっと近づきすぎ!みさき困ってるでしょ!」

ええ、とても困ってます。

褒められたことなんてめったにないからどういう顔をしたらいいか分からない。

すると、ガン!

大きな音がして振り返るときりやくんが教室の扉のところに立っていて、どうやら扉を蹴った音だったらしい。

(きりや)「そいつ俺のだから手出すなよ」

その言葉に集まっていた男子がそそくさと離れていった。きりやくんはスタスタと教室のなかに足を踏み入れて私の手をつかんで立たせた。

(みさき)「あ、あの」

(きりや)「いいからこい」

隣のクラスのきりやくんが何故わざわざきて、今私の手を引いているのか、分からず混乱していた。着いたさきは…音楽室だった。彼はピアノを指差し

(きりや)「弾け」

そう言うと壁によりかかった。

私は言われるがまま、そっとピアノのけん盤に指をそえ、曲を弾いた。ピアノは好き。習っていたから。ともかに彼氏が出来て一人になることが多くなってから、誰もいない音楽室でピアノを弾くのが私の楽しみの一つだった。

弾き終わり手を止めた。

(きりや)「やっぱり。弾いてるときの顔が一番だな」

(みさき)「え?」

(きりや)「 見てたんだよ、お前のこと。その顔が頭から離れなかった。すれ違うときもお前を見ていた。でもお前は弾いてるときとまったく違ってつまらなそうだった」

私の側まで足を進めて彼の大きな手が優しく頭の上にのった。

(きりや)「ずっと気になってた」

目を細めて彼が微笑んだ。なんて綺麗な笑顔なんだろう。

(みさき)「私を?」

(きりや)「ああ、お前しか見えていない」

(みさき)「…でも」

(きりや)「今すぐ俺のものになれとは言わない。ゆっくりでいい。考えてくれないか」

気がつくとうなずいていた。

(きりや)「じゃぁ今日はさぼるか。行きたいとこ連れてってやる」

(みさき)「いちごパフェが食べたい」

(きりや)「は、本当に好きなんだな。行くか」

(みさき)「うん」

彼に手を引かれ歩き出した。

私の恋も歩き出したのかも知れない。

スポンサーリンク

■姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 MENU

姓名判断 画数で占う名前占いの基礎 五格

姓名判断 画数でみる名前の陰陽バランス

姓名判断 名前の画数の五行

姓名判断 名前占いでのひらがな、カタカナ、漢数字、ローマ字・アルファベットの画数の数え方

姓名判断 漢字の画数数え方 漢字の画数候補一覧

姓名判断 画数の意味 吉凶一覧

姓名判断 名前で相性占い 結婚、恋愛、カップル、友達、夫婦、子供、体の相性など

姓名判断 赤ちゃん、子供の名付けで避けたい凶の悪い名前、名付け方気を付けること

姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

財布で金運アップ・財運アップ 開運効果のいろは

 ┗金運アップ・財運アップする財布

 ┗金運アップの財布の使い方 実践編

パワーストーン・天然石で開運 金運・財運や恋愛運・結婚運、仕事運、健康運アップ

 ┗パワーストーン・天然石の選び方 オーリングテストのやり方

 ┗金運、財運アップに効果ある天然石パワーストーン、組み合わせ

恋愛・結婚コラム 恋活・婚活のお手伝い♪

 ┗愛され上手な女になるって?

 ┗結婚はないな…。と男性に思わせる女性の行動パターン

 ┗彼氏ができない、続かない、どうすれば?

 ┗職場の年下男性の恋の脈ありサインは?

 ┗彼氏ができないアラサーの本当の理由・意外な訳

 ┗気になる人、好きな人に好かれる方法

 ┗男性は女性のここを見ていた!恋する女性は美しくなる

 ┗恋愛ジンクス 彼氏ができる、両思い、復縁など幸せになれる恋のジンクス

 ┗結婚できるジンクス、プロポーズのジンクスなど結婚できる縁結び!

 ┗女性にモテる男はどんな人?モテない男がモテる男になるためにすること

 ┗男の幸せ、男性の幸せとは?

 ┗恋愛結婚、お見合い結婚メリット、デメリット。よくある失敗と後悔

 ┗彼氏が欲しい女子必見!彼氏ができない女の特徴、理由、共通点

 ┗彼氏欲しいけど彼氏いない30代40代女性が高率で彼氏ができる方法

 ┗自分はお見合い派?お見合い結婚のデメリット!離婚・別居、結婚で失敗・後悔しないために

 ┗男の本音

 ┗私の恋とファッション

 ┗本気の男性の見分け方!こんな人なら幸せにしてくれる

 ┗彼女ができない意外な男性の欠点

 ┗男性からのデートの誘い方。やっぱり直接が一番

 ┗男性の結婚相手の決め手 結婚相手と恋人との違い

 ┗婚活女性が語る結婚したいと思う男性、女性の結婚の決め手

 ┗marrish(マリッシュ) 素敵な結婚相手との出会い・婚活、恋人探しお手伝い

 ┗女性の婚活どうすれば?!〜成婚した人が教える5つの秘訣〜

 ┗安心・安全に婚活・恋活ならマッチングアプリ・サイト ペアーズ(Pairs)

美容コラム 綺麗のお手伝い♪

 ┗綺麗になりたい方必見!簡単に美肌になる方法!

 ┗モテる女性の特徴は何といっても色気と美肌

 ┗誰でも簡単にできる老けずに若さを維持できる美容法

 ┗女子力って何?男にもモテる20代女子力アップ方法、アイテム

 ┗美肌になるには?簡単綺麗、美肌になる方法!これでモテる美人女性

 ┗ニキビ跡の治し方 色素沈着、黒ずみ、赤みのおすすめ治療法

 ┗お肌のお悩み解決〜乾燥肌、油肌、ニキビ肌改善し美白肌へ

 ┗スキンケアとは?スキンケアの基本・基礎、やり方(方法)と順番

 ┗お肌の曲がり角の対策とスキンケア

 ┗自宅でできる続けられる無理しないダイエット運動。毎日の習慣で痩せる!

 ┗美容師がおすすめするトリートメント、トリートメントのやり方、使い方

 ┗20代の女磨き!綺麗になる方法、綺麗を保つ秘訣

 ┗美容師が勧めるシャンプーを選ぶ基準とは?年齢で変わるおすすめシャンプー

 ┗効果的なシミ消しクリーム・化粧品の選び方

 ┗洗顔と美白!おすすめ洗顔フォーム。市販のプチプラ洗顔フォームの効果は?

 ┗トリートメントとは?美容師がおすすめするトリートメント オッジィオット(oggiotto)、N、ディーセス ノイドゥーエ

ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪

 ┗甘酸っぱく

 ┗私色と君色

 ┗可愛い物にあなたと埋もれたい

 ┗詩にのせて

 ┗僕が俺に変わる瞬間

 ┗レンタルイケメン部

 ┗あなたの本音あばきます

 ┗愛ある温もりを

 ┗君が初めて泣いた日

 ┗愛を結ぶビル

 ┗不器用な恋

 ┗目立たない恋

 ┗俺が一番

 ┗恋の形

 ┗傷を持った愛

 ┗マニュアルどおりにならない恋

 ┗頑張れ母ちゃん 読み物

 ┗芸能人とみゃーこ

 ┗恋のカタチはそれぞれ 恋愛小説

 ┗そろそろ食べ頃 恋愛小説

 ┗不器用な人に恋をした

 ┗僕を受け入れてくれた彼氏

 ┗勇太と時宗

 ┗飯テロ

 ┗闇サイトバイト

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた2

 ┗ハシラさん〜地方の因習・風習 怖い話

 ┗自惚れと嫉妬 恋愛小説

 ┗約束 小説 読み物・物語

 ┗先輩後輩 恋愛小説

 ┗髪と喫茶店の恋 恋愛小説

 ┗芸能人の彼 恋愛小説

 ┗初恋の彼女 恋愛小説

 ┗ケーキの恋 恋愛小説

 ┗三つ編みの恋 恋愛小説

 ┗天使とたまご 日常小説

 ┗星のうた 恋愛小説

 ┗謎のラーメン屋〜ホラー小説・怖い話

 ┗×××町の幽霊トンネル〜〜ホラー小説・怖い話

 ┗死体を埋めに。間違えて殺してしまった女。

 ┗天秤を祀る神社〜ホラー小説・怖い話

 ┗霊感の強い友人〜ホラー小説・怖い話

 ┗ループ〜ホラー小説・怖い話

 ┗村の呪縛〜日常系小説

 ┗恋愛はお食事の後でもいいですか? 恋愛小説

 ┗メイク変えたらモテた 恋愛小説

 ┗冷たい告白 恋愛小説

 ┗幼なじみの二人 恋愛小説

 ┗不器用な俺の恋愛 恋愛小説

 ┗可愛くない私にあいつは恋してる 恋愛小説

 ┗思わぬ出会い 恋愛小説

 ┗数学と恋愛 恋愛小説

 ┗叶わなかった恋 恋愛小説

 ┗両手から溢れるほどの愛情 恋愛小説

 ┗恋した相手は芸能人 恋愛小説

 ┗いつでも一緒 恋愛小説

 ┗それぞれの思いを胸に

 ┗音楽を通して

 ┗どんな恋がお好きですか

 ┗ホストとルームメイト

 ┗可愛い私を受けとって

 ┗私の恋は不良君にささげます

 ┗訳あり喫茶店

 ┗出会いの喫茶店

 ┗恋に不器用な私

 ┗勇者と魔女の物語

 ┗幼馴染

 ┗気になる男の子

 ┗作家の恋

 ┗想い人は山田くん

 ┗地味な私でも恋したい

 ┗小さなキューピット

 ┗ヨシオ

 ┗転校生

 ┗自由

子育てコラム♪

 ┗高齢出産のリスク〜高齢出産は怖い?

お金と仕事、自己啓発のコラム♪

 ┗職場のトラブルに効果的に対処する方法

 ┗新しい英語検定・CASEC受験で英語力診断!

 ┗はたらくどっとこむ 女性に人気の稼げる楽しいリゾートバイトがたくさん

 ┗1週間などの短期〜長期までリゾートバイトならはたらくどっとこむ アプリリゾートがおすすめ

 ┗介護職求人サイト かいご畑 介護職の人気求人多数!

 ┗ハーバリウムの認定講師資格ならPBアカデミーの通信教育!ハーバリウム講座資料請求お気軽に

 ┗嵐山 太秦一帯 松尾大社 広隆寺と秦氏

 ┗丸山議員N国民党に入党 失言、経歴、ツイッター発言

 ┗青森県の名物 特産物・特産品、名産物・名産品、郷土料理ご紹介 お土産にも

スポンサーリンク


Copy right©2013

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定

All Right Reserved.