ループ〜ホラー小説・怖い話

スポンサーリンク

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 >>ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪ >>ループ〜ホラー小説・怖い話

ループ〜ホラー小説・怖い話

俺は何度も同じ場所でつまずいてしまっている。

あの時、何故、彼女を助けられなかったのかを……。

時計を見る。

朝の7時40分に時間が巻き戻っている。

スマホで日付を確認する。5月23日だ。

まただ。

また、俺は圭子(けいこ)を助けられなかった。

彼女は川に溺れて死ぬ。

これで、何度目なのだろうか。同じ時間を繰り返しているのは。

俺は台所に行って、コップに水道水を入れてそれを勢いよく飲んだ。

圭子はマスクを被った殺人鬼に拉致されて、俺が彼女が拉致されている小屋まで向かう。

けれども、殺人鬼は最後に圭子を雨の中、橋から濁流の溢れる川に向かって突き落とす。

俺はその途中で何とか殺人鬼の手から圭子を取り戻そうとするが、何度も失敗する。最後に俺も川に飛び込んで、圭子の手を握り締めようとするが、彼女の手を掴めずに、彼女は濁流の中へと飲み込まれていく。

そして、圭子は川の底へと沈んでいく。

やがて、俺は眼を覚ます。

何度も、何度も、俺は同じ時間を繰り返している。

彼女は溺れて死に、俺は彼女を助けられず、ベッドから起き上がって時計を見ている。

朝の7時間40分を時計は指し示している。そして、俺は圭子を助けられなかった時の記憶が甦る。

一体、何度、同じ事を繰り返しているのだろうか?

俺は決まり切ったように、冷蔵庫を開けて、朝食のヨーグルトと野菜ジュースを取り出す。

今日という日が、延々とループしている。

俺は圭子を助けられない処で記憶が終わり、また、朝がやってきて、後悔の念に駆られながら、時計を見て、冷蔵庫で朝食を取り出した後、洗面台に向かい顔を洗う。

今日の夜の9時になれば、圭子はまた殺人鬼に殺されてしまう。 それは、決定されている。

一体、何度、同じループを繰り返しているのだろうか。

今回は殺人鬼が圭子を川に突き落として、俺が助けに向かい、助けられない、といった処で終わったが、前回は圭子が殺人鬼の持っていた刃物によって貫かれて死亡する、という事だった。とにかく、俺は圭子を殺人鬼の魔の手から助け出す事が出来ずに終わる。そうやって、俺が今日という日の時間をループさせている。

俺は洗面台で顔を洗い、冷蔵庫から出しておいたヨーグルトを開けて、スプーンですくう。甘さと酸っぱさが口の中に広がっていく。その後、俺は野菜ジュースを口にする。

俺は圭子にメールを入れる。

彼女はおそらくは、夕方頃に大学の帰り道に殺人鬼によって拉致される。俺は警告のメールを送るが、返事は返ってこない。当然だ。圭子は俺の事を厭っているから。

スポンサーリンク

倦怠期。

高校から付き合って、同じ大学に入ったが、俺と圭子は次第に心の距離が離れていくようになった。同じ大学だが学部は違う。所属しているサークルも違う。

なので、圭子からメールが返ってくる事は無い。

それに、今日の夕方、謎の殺人鬼に襲われて、お前は殺されるなんて連絡をしても、当然、信じてなんてくれはしないだろう。当然、こっちの正気を疑われるか、何かの冗談だと受け取られる。

前回のループで実際にそんな内容のメールを送ってみて、返信が返ってくる事は無かった。

俺は深く溜め息を付く。

一体、どれだけループしているのだろうか。

実際、嫌になってくる。諦めの感情も強く湧き上がってくる。それでも、俺は何とかそのループから抜け出す事ばかりを考えていた。

あの殺人鬼の正体は一体、何なのだろう? もしかすると、先に正体を突き止めれば、未然に圭子の死を防ぐ事が出来るんじゃないだろうか?

俺は先に殺人鬼が出現する場所へと向かう事にした。

今回のループこそは、圭子の死を止めなければならない。

大学から離れて、数キロ先の川だった。

その橋の処で、いつも圭子は殺されている。ループは一体、何度、起きたのだろうか。自分でも覚えていない。数え切れていない。まるで、ビデオを上書きされるように、どんどん記憶が上書きされていっている。ループは数回までは覚えているが。もしかすると、数十回、数百回、数千回と起こっているのかもしれない。

それでも、俺は彼女を助けなければならない。でなければ、このループから抜け出す事は出来ない。あの殺人鬼の正体は一体、何なのだろうか?

俺は朝食を終えて、歯を磨いて、シャワーを浴びて、支度を済ませると、大学近くの橋へと向かった。

一時間半後、俺は例の橋の上に立っていた。

空を見渡せば、少し曇り空だ。夕方から夜に掛けて、どしゃぶりに覆われる。そして、橋の下の川は増水する。殺人鬼は此処で圭子に刃物を向ける。俺は彼女を助けに向かおうとする。それでも、いつも助けられない。

橋の下を見渡すと、水面が煌めいていた。

あの殺人鬼の正体は一体、なんなんだ?

コートを纏っている。顔をマスクで覆っている。身長は中肉中背といった処だった。

俺は必ず圭子を助けたい。

その為に、何が出来ないだろうか?

俺は、この橋の上で殺人鬼を待つ事にした。此処で、圭子と仮面の殺人鬼が遭遇するのだ。

夕方になって、圭子からメールが来る。“助けて”と、そして、俺はこの橋の上に来るのだ。そして、いつも助けられない。だから、今回は先回りして此処にいる。

やがて、昼になり、正午になり、空がオレンジに輝き始めた。

ぽつり、ぽつり、と雨が降り続ける。

俺は予め持っていた傘を差す。雨粒が傘の上に当たる。

突然、スマホの着信音が鳴る。……前回の時と予定が違っている。知らない番号だ。俺は電話に出る。

<……待っている。お前の大切な人を捕えて…………山の上の公園で……>

あの殺人鬼の声だった。

スポンサーリンク

前回のループと筋書きが違っているのか?

俺は山の上へと向かう。

山の上の公園とは此処から少し離れた場所だろう。

山岳地帯へと向かう坂を登った先に、公園がある。おそらく、殺人鬼はそこで待っているとの事だろう。

俺は走っていた。きっと、圭子と一緒にいるに違いない。息が荒くなる。

俺は公園へと辿り着く。

ぼうっとした虚ろな顔をしながら、圭子がブランコに乗っていた。

「圭子っ!」
俺は叫んだ。

圭子は名前を呼ばれて、ブランコから立ち上がる。

「陽一?」
彼女は、きょとん、とした顔をしていた。

「良かった、……間に合った、生きていた…………」
俺は彼女の下へと走って向かおうとする。すると。

何者かが、山道の森の中から現れた。

コートを纏い、マスクを被った殺人鬼だった。殺人鬼は、俺と圭子の間に立ち塞がる。そして、圭子の喉にナイフをかざした。

「お前、一体、何が目的なんだっ!」
俺は叫んだ。

殺人鬼は何も話さない。かえって、とてつもなく不気味だった。

「圭子を離せっ!」
俺は叫ぶ。

何とかして、殺人鬼から、圭子を引き剥がそうとする。だが、殺人鬼の腕は瞬く間に圭子の喉にナイフを突き立てていく。圭子の喉は少しずつ裂かれていく。血が吹き出る。俺は殺人鬼の身体に全身でタックルを入れていた。鉄のように、あるいは彫像のように固かった。まるで岩にでも突進しているかのようだった。

俺は殺人鬼の顔へとつかみ掛かる。一度、マスクの下の顔が何なのか知りたかったからだ。覗き見てやる。

圭子を殺し続けて、何度も俺をループさせている者の正体を知りたかったからだ。

マスクが外れる。

俺は心臓が鳴った。

マスクの下には爛れた皮膚に、鼻も唇も無い、眼球と赤い舌が輝いている醜い顔が現れる。

まるで、悪夢の中から現れた怪物のような存在だった。

殺人鬼は、俺を突き飛ばす。そして、再び、圭子の首にナイフを入れていく。

俺は涙が滴り落ちる。殺人鬼は圭子の胸元に何度も、何度も、ナイフを突き立てていた。

俺は叫んでいた。俺は圭子の事が好きだった。倦怠期で最近、距離を置いていたとは言え、俺は彼女の事を心から大切に想っていた……。

そして、俺はまた再び、眼を覚ます。

ベッドの中にいた。

時計を見る。

朝の7時40分。スマホを確認して日付はやはり5月23日だ。

何度も、繰り返している。

俺は絶望に打ちひしがれていた。

圭子を助ける事は出来ない……。

これで、一体、何度目のループなのだろう?

ただ、俺は最後に残った手段を考えていた。

台所に向かって、包丁を手にする。そして、それを鞄の中に入れた。

昨日と……前回と同じように、俺はあの橋へと向かう。

…………、夕方になる。

雨が降ってくる。

殺人鬼から電話が掛かってきた。山の公園で待っていると。

俺は傘を手にして、公園まで走った。

スポンサーリンク

公園に辿り着く。

ブランコの上に圭子が座っている。

俺はゆっくりと圭子に近付いてくる。

森の奥から殺人鬼が現れて、俺達の間に立ち塞がる。

俺は鞄の中から、すぐさま、包丁を取り出して、殺人鬼に突き立てた。

……手応えは、…………無い。

まるで、鉄にでも、刃物を突き立てているみたいだった。

殺人鬼も刃物を取り出して、圭子へと襲い掛かる。

俺はこいつを殺すという覚悟を決めた…………。だから……。

俺は圭子を突き飛ばして、彼女の上へと覆い被さった。

俺の背中に、何度も、何度も、殺人鬼の刃が突き立てられる。激痛が全身を走った。

俺は必死で抵抗しながら、気付けば、殺人鬼の顔のマスクを剥がしていた。

あの醜い爛れた顔が現れる。その顔は笑っていた。

俺は殺人鬼の顔を掻き毟ってやろうと再び手を伸ばす。

すると、また、顔が外れた。

……どうやら、醜い顔もマスクだったみたいだ。

二つのマスクの下から現れたのは、俺の顔だった。

殺人鬼は俺とまったく同じ姿をしていた。

俺は悲鳴を上げていた。

殺人鬼のナイフが、何度も、何度も、俺の胸に突き立てられる。俺はそれでも圭子を守ろうと必死で足掻いていた。

…………、俺は意識を失っていく。

…………、そして。

気付いたら、病院のベッドの上にいた。

朝だ。

近くのテーブルに置いてあったスマホを見ると、日付は5月24日になっていた。

それから数時間後、朝の十時になって、面会者が現れる。

圭子だった。

「陽一、怪我は?私を助けてくれたんだよね?」

「お医者さんが言っていたけど、不思議と無いみたいだよ……」

薄れゆく意識の中、救急車に乗せられた事は覚えている。圭子が電話したのだろう。

「陽一、生きていて良かった。それから」

圭子は俺にプレゼントを渡す。それはチョコレートの包みだった。

「今年のバレンタイン。時間が合わなくて、渡せなかったからね…………」

「かなり遅いよ。でも、ありがとう……」

彼女は俺の手を強く握り締める。

俺はその日のうちに退院した。

一体、あの殺人鬼が何者だったのかは分からない。そして、何故、俺は何度も同じ日をループしていたのかも分からない。

もしかすると、あの殺人鬼は、俺自身の心の中から生まれてきた圭子に対する“面倒臭い”だとか“たまには違う女と浮気してみたい”だとかの悪い感情が具現化したものだったのかもしれない。

けれども、分かった事は。

俺は圭子を身をていして守った事から、これからも、自分の命を捨ててでも、彼女を助けたい。そして、心から好きなのだという事が分かった。

「ホワイト・デー。来月に何かやるよ。……」

「ありがとう、陽一。とても、遅過ぎるけどね?」

そう言って、俺達は笑い合うのだった。

スポンサーリンク

■姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 MENU

姓名判断 画数で占う名前占いの基礎 五格

姓名判断 画数でみる名前の陰陽バランス

姓名判断 名前の画数の五行

姓名判断 名前占いでのひらがな、カタカナ、漢数字、ローマ字・アルファベットの画数の数え方

姓名判断 漢字の画数数え方 漢字の画数候補一覧

姓名判断 画数の意味 吉凶一覧

姓名判断 名前で相性占い 結婚、恋愛、カップル、友達、夫婦、子供、体の相性など

姓名判断 赤ちゃん、子供の名付けで避けたい凶の悪い名前、名付け方気を付けること

姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

財布で金運アップ・財運アップ 開運効果のいろは

 ┗金運アップ・財運アップする財布

 ┗金運アップの財布の使い方 実践編

パワーストーン・天然石で開運 金運・財運や恋愛運・結婚運、仕事運、健康運アップ

 ┗パワーストーン・天然石の選び方 オーリングテストのやり方

 ┗金運、財運アップに効果ある天然石パワーストーン、組み合わせ

恋愛・結婚コラム 恋活・婚活のお手伝い♪

 ┗愛され上手な女になるって?

 ┗結婚はないな…。と男性に思わせる女性の行動パターン

 ┗彼氏ができない、続かない、どうすれば?

 ┗職場の年下男性の恋の脈ありサインは?

 ┗彼氏ができないアラサーの本当の理由・意外な訳

 ┗気になる人、好きな人に好かれる方法

 ┗男性は女性のここを見ていた!恋する女性は美しくなる

 ┗恋愛ジンクス 彼氏ができる、両思い、復縁など幸せになれる恋のジンクス

 ┗結婚できるジンクス、プロポーズのジンクスなど結婚できる縁結び!

 ┗女性にモテる男はどんな人?モテない男がモテる男になるためにすること

 ┗男の幸せ、男性の幸せとは?

 ┗恋愛結婚、お見合い結婚メリット、デメリット。よくある失敗と後悔

 ┗彼氏が欲しい女子必見!彼氏ができない女の特徴、理由、共通点

 ┗彼氏欲しいけど彼氏いない30代40代女性が高率で彼氏ができる方法

 ┗自分はお見合い派?お見合い結婚のデメリット!離婚・別居、結婚で失敗・後悔しないために

 ┗男の本音

 ┗私の恋とファッション

 ┗本気の男性の見分け方!こんな人なら幸せにしてくれる

 ┗彼女ができない意外な男性の欠点

 ┗男性からのデートの誘い方。やっぱり直接が一番

 ┗男性の結婚相手の決め手 結婚相手と恋人との違い

 ┗婚活女性が語る結婚したいと思う男性、女性の結婚の決め手

 ┗marrish(マリッシュ) 素敵な結婚相手との出会い・婚活、恋人探しお手伝い

 ┗女性の婚活どうすれば?!〜成婚した人が教える5つの秘訣〜

 ┗安心・安全に婚活・恋活ならマッチングアプリ・サイト ペアーズ(Pairs)

美容コラム 綺麗のお手伝い♪

 ┗綺麗になりたい方必見!簡単に美肌になる方法!

 ┗モテる女性の特徴は何といっても色気と美肌

 ┗誰でも簡単にできる老けずに若さを維持できる美容法

 ┗女子力って何?男にもモテる20代女子力アップ方法、アイテム

 ┗美肌になるには?簡単綺麗、美肌になる方法!これでモテる美人女性

 ┗ニキビ跡の治し方 色素沈着、黒ずみ、赤みのおすすめ治療法

 ┗お肌のお悩み解決〜乾燥肌、油肌、ニキビ肌改善し美白肌へ

 ┗スキンケアとは?スキンケアの基本・基礎、やり方(方法)と順番

 ┗お肌の曲がり角の対策とスキンケア

 ┗自宅でできる続けられる無理しないダイエット運動。毎日の習慣で痩せる!

 ┗美容師がおすすめするトリートメント、トリートメントのやり方、使い方

 ┗20代の女磨き!綺麗になる方法、綺麗を保つ秘訣

 ┗美容師が勧めるシャンプーを選ぶ基準とは?年齢で変わるおすすめシャンプー

 ┗効果的なシミ消しクリーム・化粧品の選び方

 ┗洗顔と美白!おすすめ洗顔フォーム。市販のプチプラ洗顔フォームの効果は?

 ┗トリートメントとは?美容師がおすすめするトリートメント オッジィオット(oggiotto)、N、ディーセス ノイドゥーエ

ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪

 ┗甘酸っぱく

 ┗私色と君色

 ┗可愛い物にあなたと埋もれたい

 ┗詩にのせて

 ┗僕が俺に変わる瞬間

 ┗レンタルイケメン部

 ┗あなたの本音あばきます

 ┗愛ある温もりを

 ┗君が初めて泣いた日

 ┗愛を結ぶビル

 ┗不器用な恋

 ┗目立たない恋

 ┗俺が一番

 ┗恋の形

 ┗傷を持った愛

 ┗マニュアルどおりにならない恋

 ┗頑張れ母ちゃん 読み物

 ┗芸能人とみゃーこ

 ┗恋のカタチはそれぞれ 恋愛小説

 ┗そろそろ食べ頃 恋愛小説

 ┗不器用な人に恋をした

 ┗僕を受け入れてくれた彼氏

 ┗勇太と時宗

 ┗飯テロ

 ┗闇サイトバイト

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた2

 ┗ハシラさん〜地方の因習・風習 怖い話

 ┗自惚れと嫉妬 恋愛小説

 ┗約束 小説 読み物・物語

 ┗先輩後輩 恋愛小説

 ┗髪と喫茶店の恋 恋愛小説

 ┗芸能人の彼 恋愛小説

 ┗初恋の彼女 恋愛小説

 ┗ケーキの恋 恋愛小説

 ┗三つ編みの恋 恋愛小説

 ┗天使とたまご 日常小説

 ┗星のうた 恋愛小説

 ┗謎のラーメン屋〜ホラー小説・怖い話

 ┗×××町の幽霊トンネル〜〜ホラー小説・怖い話

 ┗死体を埋めに。間違えて殺してしまった女。

 ┗天秤を祀る神社〜ホラー小説・怖い話

 ┗霊感の強い友人〜ホラー小説・怖い話

 ┗ループ〜ホラー小説・怖い話

 ┗村の呪縛〜日常系小説

 ┗恋愛はお食事の後でもいいですか? 恋愛小説

 ┗メイク変えたらモテた 恋愛小説

 ┗冷たい告白 恋愛小説

 ┗幼なじみの二人 恋愛小説

 ┗不器用な俺の恋愛 恋愛小説

 ┗可愛くない私にあいつは恋してる 恋愛小説

 ┗思わぬ出会い 恋愛小説

 ┗数学と恋愛 恋愛小説

子育てコラム♪

 ┗高齢出産のリスク〜高齢出産は怖い?

お金と仕事、自己啓発のコラム♪

 ┗職場のトラブルに効果的に対処する方法

 ┗新しい英語検定・CASEC受験で英語力診断!

 ┗はたらくどっとこむ 女性に人気の稼げる楽しいリゾートバイトがたくさん

 ┗1週間などの短期〜長期までリゾートバイトならはたらくどっとこむ アプリリゾートがおすすめ

 ┗介護職求人サイト かいご畑 介護職の人気求人多数!

 ┗ハーバリウムの認定講師資格ならPBアカデミーの通信教育!ハーバリウム講座資料請求お気軽に

 ┗嵐山 太秦一帯 松尾大社 広隆寺と秦氏

 ┗丸山議員N国民党に入党 失言、経歴、ツイッター発言

 ┗青森県の名物 特産物・特産品、名産物・名産品、郷土料理ご紹介 お土産にも

スポンサーリンク


Copy right©2013

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定

All Right Reserved.