三つ編みの恋 恋愛小説

スポンサーリンク

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 >>ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪ >>三つ編みの恋 恋愛小説

三つ編みの恋 恋愛小説

君の指先が優しく語る

自分で髪を束ねようとするとギシギシと鈍い音をたて指先が髪に引っかかるため息を吐いた。

またいつもと同じ、髪を下ろす。

この髪質が憎くてたまらない。ごわごわしててうっとうしい。周りの女子はサラサラのストレートヘアやきれいに巻かれた髪。フワッと揺れる髪は私のと大違い。

でも…

(平野絢斗)「ぴより朝から迫力あるね」

そう言って目を細目首を傾けたのは平野絢斗。私の幼馴染みで私より優しい物腰でけっして嫌みがないから…

(山崎ひより)「絢斗、今日もお願い」

もうすでに自分の席についていた絢斗の前まで行き、くるりと背を向けた。すると、ガタッとイスがずれる音がして立ち上がった気配を感じた。

(平野絢斗)「うん、いいよ。じっとしててね」

絢斗の指が優しく私の髪をすくった。

…やっぱり違う。不思議だけど絢斗に髪を触られるのは痛くない。それに…

(平野絢斗)「はい、出来たよ」

いつだって綺麗に髪を束ねる。

(山崎ひより)「いつもありがと」

そう言って笑うと一瞬目をそらされた。でもこれもいつものことでそのあと必ず

(平野絢斗)「どういたしまして」

笑顔で返してくれる。

私も自分の席へ腰かけたとき、クラスメイトの女子が話しかけてきた。

(クラスメイト)「山崎さんずるいなぁ、私達も平野くんに髪アレンジしてほしいのに!この前頼んだら笑顔で断られちゃったし…」

こういう女子グループ苦手なんだよなぁ。

(山崎ひより)「小学の時からの縁だからね、そのころから髪束ねてもらってたし。深い意味はないよ」

笑顔がひきつる。

この説明何度目だったかな。聞かれる度同じ言葉を返す。だって本当のことだし、何故か小学生一年の時にあることがきっかけで絢斗は私の後ろを付いてくるようになった。

それは私がお母さんに三つ編みをしてもらった日のこと。教室で騒ぎがおきていた。

いつも意地悪なことばかりする男の子がいて、その日は女の子の可愛い消ゴムを取りあげていた。

返してと泣きながら取り返そうとする女の子を振りはらった男の子を見て気の強かった私はその男の子を思いっきり押し倒した。突然のことに驚いているようでその隙に消ゴムを奪い、女の子に笑顔でその消ゴムを返してあげたその時、大きな声が教室内に響きわたった。

倒れていたはずの男の子は顔を赤くして私の真後ろに立っていた。大きな声に反応して顔だけ向けていた私の三つ編みの髪を乱暴に引っ張った。

(山崎ひより)『痛!放して!』

力一杯抵抗したら三つ編みをとめてたゴムが外れて髪がくしゃくしゃになった。

男の子は流石にやり過ぎたと感じたのか走ってどこかに行ってしまい、私はボサボサの髪を両手で押さえることしかできないでいた。

スポンサーリンク

すると

(平野絢斗)『大丈夫?…三つ編み外れちゃったの?』

そっと心配そうに顔を覗きこんできたのが絢斗だった。

絢斗はおとなしくて一人でいることが多いなと思ってチラッと目を止めるくらいだった。話したことなんてなくて突然のことで言葉が出てこない。

絢斗はそっと私の手を握って歩きだした。どこへ向かっているのかわからないまま、ただ手を引かれるまま絢斗の小さな背中を見つめながら足を進めた。

(平野絢斗)『ここでいいかな』

そう言うとゆっくり握っていた手が放れた。人気のない下駄箱の近くの階段で足を止めた。

(平野絢斗)『座って』

(山崎ひより)『どうして?』

(平野絢斗)『僕が魔法をかけてあげる』

にこっと笑う絢斗に胸がキューッ急と苦しくなった。

それから思わず見つめてしまった。なんて可愛く微笑むのだろうと。

よくわからないまま私は静かに腰を下ろした。

すると一段階段を上り私の真後ろに回った。

ふわっと髪が浮く感覚がして反射的にビクッと肩が上がった。けれど優しく髪を撫でる手が頭皮にあたる指先がお母さんとはまた違って不思議な感覚におちていく。

出来たと絢斗は小さく呟くと私の前に来て

(平野絢斗)『うん、似合ってる』

満足げな顔で真っ直ぐ私の髪を見つめていた。

私はそっと自分の髪に触れた。初めての手触りだった。

(山崎ひより)『これ何?』

絢斗は笑顔で

(平野絢斗)『編み込みだよ。気に入ってもらえると嬉しいな』

編み込み?でも三つ編みだよね?お母さんにいつもしてもらってる三つ編みとは全然違ってそう簡単にほどけそうにもなかった。

(山崎ひより)『凄い!平野くんまたやってくれる?』

そう言ったら絢斗は一瞬嬉しそうな顔をした後、悲しげに目線を下にむけてそしてゆっくり顔を上げた。

(平野絢斗)『でも、ぼく…気持ち悪いよね』

その時絢斗は不安げで悲しい顔をしていた。

(山崎ひより)『どうして?平野くん格好いいよ!こんな素敵な魔法が使えるんだもん!』

(平野絢斗)『髪の毛を可愛くするは女の子だから…』

そしてまた目線を下げた。

そんな絢斗に

(山崎ひより)『じゃぁ今日から平野くんはひよりの髪の毛に魔法をかけるの!…ひより自分じゃ出来ないから…』

最後の方は小さく呟いていた。

すると驚いた顔をしたあと絢斗は可愛い笑顔で頷いた。>

これが私と絢斗が仲良くなるきっかけとなった。

それからは絢斗はなにかと私の側にいることが増えて今はいつの間にか一緒にいるのが当たり前になっていた。

中学に上がる頃には私は絢斗呼び、絢斗は私のことぴより呼ぶようになっていた。

中学から徐々に背が伸び始め顔つきも大人っぽくなるにつれて絢斗は女子からモテるようになった。
その頃から私は不思議な感覚を覚えるようになり、でもその感覚が何なのか分からないまま今に至る。

スポンサーリンク

長く感じた授業も終わり下校時間、カタンと椅子から立ち上がると絢斗がこっちに向かってきてることに気づき私はいつものように声をかけた。

(山崎ひより)「今日どこか寄ってく?」

(平野絢斗)「いとこがこっちに店開いたから顔だしに行こうかなって」 どこか嬉しそうな絢斗に何となく感づいた。

たぶん予想は当たってる。>

(山崎ひより)「優輝さん?」

(平野絢斗)「あ、うん。よく分かったね」

(山崎ひより)「その様子ですぐわかったよ。そっかぁ、ついに優輝さん自分の店もったんだね」

(平野絢斗)「優輝の夢で目標だったからね。ぴよりも覗きに行く?」

(山崎ひより)「うん!行く!」

絢斗の小さいときからの憧れの人。暇があれば絢斗に会いに来ていた。

私も数回会ったことがある。魅力的な人で大人の男の人だったからあの頃は緊張して上手に話せなかったのを覚えてる。私はもう数年会ってないけれど絢斗は今でも時々会ってようで度々嬉しそうに優輝さんの話をする。

その時は必ず私に“あるもの”をくれた。密かにそれが楽しみだったりしている。

二人で学校をあとにして街へと向かった。

(山崎ひより)「へぇ、結構人通り多いところでやってるんだね」

(平野絢斗)「うん、もう少しで着くよ」

やっぱり嬉しそうな絢斗。そんな姿を見ているこっちまで嬉しくなる。

ゆっくりとした足どりが更にゆっくりになり絢斗が静かにある看板を指差した。

その看板には

(山崎ひより)「whitevery…?」

(平野絢斗)「そう、ここが優輝のお店」

白い外壁に可愛らしさを感じる木材の扉。一瞬美容室には見えない建物。

なんだかあの優輝さんからは想像できない…でも私たちでも入りやすい感じで良かった。あまり高級そうな…ガラス張りで中が丸見えなのは苦手だから。

絢斗が扉を開いたので慌ててつめよって中へと入った。

スポンサーリンク

カラン

(優輝)「いらしゃいませ。お、絢斗じゃん。それと…ひより久しぶりだな!あれ、いつも使ってくれてるか?」

優輝さん変わらないなぁ。

(山崎ひより)「久しぶりです。トリートメントのことですよね、いつも使わせてもらってます。ありがとうございます」

微笑む私に嬉しそうな優輝さん。

(優輝)「せっかくだしカットとトリートメントしようか?今日はもう予約入ってないしな」

(平野絢斗)「短くするのは駄目。毛先揃える程度にして」

私が口を開く前に絢斗が先に口を開いていた。

優輝さんは豪快に笑い

(優輝)「分かってるって短くしたらお前困るもんなぁ?」

からかうようなそぶりを見せた。

(平野絢斗)「余計なこと言わないでよ」

絢斗は何故かため息をついた。困るって何のことだろう。

それにしても中も可愛らしいなぁ。主に白を基調とした壁に温もりを感じる木材のフローリング。鏡はシンプルに張り付けたような感じなのにゆったりと座り心地の良さそうな赤が混ざったような茶色の丸みをおびたソファー。

…でも1つ主張の強いものが天井にぶら下がっている。

(山崎ひより)「シャンデリア?」

(優輝)「お?気づいたか。俺のこだわり、なかなかいいだろ?」

こういうところが優輝さんらしくてつい頬が緩んだ。

(平野絢斗)「…どうしてぴよりまで嬉しそうなの」

なんだか急に機嫌が悪くなった?

(優輝)「まぁまぁ、それより絢斗トリートメントやってみるか?カットはまだ早いから駄目だけどな。どうせここで働くわけだしな」

(山崎ひより)「絢斗ここで働くの?」

(平野絢斗)「うん、美容師になりたいんだ」

そんなこと一言も聞いてない…

(優輝)「ひより、一回軽く髪洗おうか。こっちおいで」

優輝さんは豪快に笑うわけではなく優しく微笑みを私に向けていた。

スポンサーリンク

(優輝)「あいつはさ、昔から引っ込み思案なガキでさ自分から何かやりたいなんて言ったことなんてほとんどないんだよ。でもある日突然髪に興味を持ちはじめてさ、好きな子の髪が気になるんだってよ。だから三つ編みからいろいろ教えてやったんだ。それからだよ、あいつが変わったのは。なにより髪に関することは独学で勉強もしてたみたいだし、きっとその女の子がきっかけをくれたんだな…いや、その子のためか全ては」

…それって

(山崎ひより)「…私?」

(優輝)「それは本人に聞いてみな、俺の口から言っても面白くないし」

そのあとは毛先を優輝さんに綺麗に切ってもらい、すすぎとトリートメントは絢斗が優輝さんの代わりにやってくれた。

私の頭皮に触れる絢斗の指先が心地いい。甘いフルーティーな香り。

(山崎ひより)「いい香り…」

(平野絢斗)「頼めばサンプルくれると思うよ、それにこのトリートメントの成分髪に優しいし艶感が長続きするんだ。ぴよりの髪質にも合うと思うし」

本当に絢斗は私の髪を知り尽くしている。

(山崎ひより)「絢斗は凄いなぁ、夢がちゃんとあってそれを現実にしようとしてる。私にはまだ何も…何をしたらいいかも分からない」

(平野絢斗)「ぴよりってメイクとか興味なさそうで結構肌の手入れとかしっかりしてるよね」

どうしたんだろう…急に。

(平野絢斗)「ぴよりはさ、昔からお洒落が好きで気が強い可愛い女の子だったんだよ。だからずっと癖の強い髪に悩んでいたの知ってた。いつも見てたから。ねぇ。ぴより、美容に関係する仕事に興味を持ってみない?僕は美容師として頑張る。ぴよりはぴよりの美容関係に興味をもってくれたら僕は嬉しいよ」

確かに私は乾燥肌気味でそれが嫌で化粧水、クリームにこだわり、肌になるべく負担のかからないメイクを心がけていた。でもまだ今の肌に満足はしていない。もっと綺麗になりたい触れたいと思わせるような魅力的な肌になりたい。

(山崎ひより)「うん、肌の手入れにはずっと前から気を付けてはいたし、これからももっと綺麗になりたいって思ってる」

(平野絢斗)「うん、ぴよりならきっと実現できるよ」

絢斗…

(山崎ひより)「…絢斗」

(平野絢斗)「うん?」

(山崎ひより)「やっぱり今はいいや」

(平野絢斗)「何が?」

ちゃんと絢斗の、彼の口から聞きたいから待ってみよう。

私もあの頃から何かが変わったから。

彼が美容師になったら一番目のお客さんになろう。そしてその時に聞くんだ「あなたを変えたのはだあれ?」って。絢斗の照れた顔をみるのが今から楽しみ。立派な美容師さんになってね。

スポンサーリンク

数年後

カラン

(平野絢斗)「いらっしゃいませ、あ、ぴよりいらっしゃい。待ってたよ、今日の髪型の希望は決まってる?」

(山崎ひより)「絢斗の好きないつもの髪型」

(平野絢斗)「はは、言うと思った」

あの日、絢斗の夢を知ってから私もより美容に興味を持ち始めた。それからはお互い忙しくなってあまり一緒にいられる時間も減っていった。絢斗が美容師になるまで私も色々あった。視野が広がり大人の世界を知った。だけど絢斗の存在が私を支えてくれてた。

私は絢斗のはじめての一番目のお客さんとしてカット、カラー、そして初めてパーマをかけた。

慣れていたはずの絢斗の指先は私の知らないプロの指先になっていた。けれどやっぱり私は彼の指が好き。

髪型にこだわりはなかったからお任せにした。新鮮な気持ちで鏡に写る自分を見つめた。どんな髪型になるのだろうと胸が高鳴った。

中途半端に伸びていた前髪は横に流し、ボリュームのある全体の髪は少しずつ丁寧にすいていった。長さは腰まであったのを肩までの長さになり、パーマはストレートパーマ。生まれて初めてまっすぐの髪型に興奮した。

パーマも髪に優しいものにしてくれて艶のあるサラサラ髪。

そして終わったあとに絢斗はこう言った

(平野絢斗)「伸びて癖毛がでてきた度にここにおいで。僕のお得意様になって」
そう言って微笑んだ。

それから私はサラサラの艶のある真っ直ぐな髪をキープしている。>

(平野絢斗)「さぁ始めようか」

私と絢斗は今は恋人同士。私にとって彼は自慢の彼氏。

スポンサーリンク

■姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 MENU

姓名判断 画数で占う名前占いの基礎 五格

姓名判断 画数でみる名前の陰陽バランス

姓名判断 名前の画数の五行

姓名判断 名前占いでのひらがな、カタカナ、漢数字、ローマ字・アルファベットの画数の数え方

姓名判断 漢字の画数数え方 漢字の画数候補一覧

姓名判断 画数の意味 吉凶一覧

姓名判断 名前で相性占い 結婚、恋愛、カップル、友達、夫婦、子供、体の相性など

姓名判断 赤ちゃん、子供の名付けで避けたい凶の悪い名前、名付け方気を付けること

姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

財布で金運アップ・財運アップ 開運効果のいろは

 ┗金運アップ・財運アップする財布

 ┗金運アップの財布の使い方 実践編

パワーストーン・天然石で開運 金運・財運や恋愛運・結婚運、仕事運、健康運アップ

 ┗パワーストーン・天然石の選び方 オーリングテストのやり方

 ┗金運、財運アップに効果ある天然石パワーストーン、組み合わせ

恋愛・結婚コラム 恋活・婚活のお手伝い♪

 ┗愛され上手な女になるって?

 ┗結婚はないな…。と男性に思わせる女性の行動パターン

 ┗彼氏ができない、続かない、どうすれば?

 ┗職場の年下男性の恋の脈ありサインは?

 ┗彼氏ができないアラサーの本当の理由・意外な訳

 ┗気になる人、好きな人に好かれる方法

 ┗男性は女性のここを見ていた!恋する女性は美しくなる

 ┗恋愛ジンクス 彼氏ができる、両思い、復縁など幸せになれる恋のジンクス

 ┗結婚できるジンクス、プロポーズのジンクスなど結婚できる縁結び!

 ┗女性にモテる男はどんな人?モテない男がモテる男になるためにすること

 ┗男の幸せ、男性の幸せとは?

 ┗恋愛結婚、お見合い結婚メリット、デメリット。よくある失敗と後悔

 ┗彼氏が欲しい女子必見!彼氏ができない女の特徴、理由、共通点

 ┗彼氏欲しいけど彼氏いない30代40代女性が高率で彼氏ができる方法

 ┗自分はお見合い派?お見合い結婚のデメリット!離婚・別居、結婚で失敗・後悔しないために

 ┗男の本音

 ┗私の恋とファッション

 ┗本気の男性の見分け方!こんな人なら幸せにしてくれる

 ┗彼女ができない意外な男性の欠点

 ┗男性からのデートの誘い方。やっぱり直接が一番

 ┗男性の結婚相手の決め手 結婚相手と恋人との違い

 ┗婚活女性が語る結婚したいと思う男性、女性の結婚の決め手

 ┗marrish(マリッシュ) 素敵な結婚相手との出会い・婚活、恋人探しお手伝い

 ┗女性の婚活どうすれば?!〜成婚した人が教える5つの秘訣〜

 ┗安心・安全に婚活・恋活ならマッチングアプリ・サイト ペアーズ(Pairs)

美容コラム 綺麗のお手伝い♪

 ┗綺麗になりたい方必見!簡単に美肌になる方法!

 ┗モテる女性の特徴は何といっても色気と美肌

 ┗誰でも簡単にできる老けずに若さを維持できる美容法

 ┗女子力って何?男にもモテる20代女子力アップ方法、アイテム

 ┗美肌になるには?簡単綺麗、美肌になる方法!これでモテる美人女性

 ┗ニキビ跡の治し方 色素沈着、黒ずみ、赤みのおすすめ治療法

 ┗お肌のお悩み解決〜乾燥肌、油肌、ニキビ肌改善し美白肌へ

 ┗スキンケアとは?スキンケアの基本・基礎、やり方(方法)と順番

 ┗お肌の曲がり角の対策とスキンケア

 ┗自宅でできる続けられる無理しないダイエット運動。毎日の習慣で痩せる!

 ┗美容師がおすすめするトリートメント、トリートメントのやり方、使い方

 ┗20代の女磨き!綺麗になる方法、綺麗を保つ秘訣

 ┗美容師が勧めるシャンプーを選ぶ基準とは?年齢で変わるおすすめシャンプー

 ┗効果的なシミ消しクリーム・化粧品の選び方

 ┗洗顔と美白!おすすめ洗顔フォーム。市販のプチプラ洗顔フォームの効果は?

 ┗トリートメントとは?美容師がおすすめするトリートメント オッジィオット(oggiotto)、N、ディーセス ノイドゥーエ

ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪

 ┗甘酸っぱく

 ┗私色と君色

 ┗可愛い物にあなたと埋もれたい

 ┗詩にのせて

 ┗僕が俺に変わる瞬間

 ┗レンタルイケメン部

 ┗あなたの本音あばきます

 ┗愛ある温もりを

 ┗君が初めて泣いた日

 ┗愛を結ぶビル

 ┗不器用な恋

 ┗目立たない恋

 ┗俺が一番

 ┗恋の形

 ┗傷を持った愛

 ┗マニュアルどおりにならない恋

 ┗頑張れ母ちゃん 読み物

 ┗芸能人とみゃーこ

 ┗恋のカタチはそれぞれ 恋愛小説

 ┗そろそろ食べ頃 恋愛小説

 ┗不器用な人に恋をした

 ┗僕を受け入れてくれた彼氏

 ┗勇太と時宗

 ┗飯テロ

 ┗闇サイトバイト

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた2

 ┗ハシラさん〜地方の因習・風習 怖い話

 ┗自惚れと嫉妬 恋愛小説

 ┗約束 小説 読み物・物語

 ┗先輩後輩 恋愛小説

 ┗髪と喫茶店の恋 恋愛小説

 ┗芸能人の彼 恋愛小説

 ┗初恋の彼女 恋愛小説

 ┗ケーキの恋 恋愛小説

 ┗三つ編みの恋 恋愛小説

 ┗天使とたまご 日常小説

 ┗星のうた 恋愛小説

 ┗謎のラーメン屋〜ホラー小説・怖い話

 ┗×××町の幽霊トンネル〜〜ホラー小説・怖い話

 ┗死体を埋めに。間違えて殺してしまった女。

 ┗天秤を祀る神社〜ホラー小説・怖い話

 ┗霊感の強い友人〜ホラー小説・怖い話

 ┗ループ〜ホラー小説・怖い話

 ┗村の呪縛〜日常系小説

 ┗恋愛はお食事の後でもいいですか? 恋愛小説

 ┗メイク変えたらモテた 恋愛小説

 ┗冷たい告白 恋愛小説

 ┗幼なじみの二人 恋愛小説

 ┗不器用な俺の恋愛 恋愛小説

 ┗可愛くない私にあいつは恋してる 恋愛小説

 ┗思わぬ出会い 恋愛小説

 ┗数学と恋愛 恋愛小説

 ┗叶わなかった恋 恋愛小説

 ┗両手から溢れるほどの愛情 恋愛小説

 ┗恋した相手は芸能人 恋愛小説

 ┗いつでも一緒 恋愛小説

 ┗それぞれの思いを胸に

 ┗音楽を通して

 ┗どんな恋がお好きですか

 ┗ホストとルームメイト

 ┗可愛い私を受けとって

 ┗私の恋は不良君にささげます

 ┗訳あり喫茶店

 ┗出会いの喫茶店

 ┗恋に不器用な私

 ┗勇者と魔女の物語

 ┗幼馴染

 ┗気になる男の子

 ┗作家の恋

 ┗想い人は山田くん

 ┗地味な私でも恋したい

 ┗小さなキューピット

 ┗ヨシオ

 ┗転校生

 ┗自由

子育てコラム♪

 ┗高齢出産のリスク〜高齢出産は怖い?

お金と仕事、自己啓発のコラム♪

 ┗職場のトラブルに効果的に対処する方法

 ┗新しい英語検定・CASEC受験で英語力診断!

 ┗はたらくどっとこむ 女性に人気の稼げる楽しいリゾートバイトがたくさん

 ┗1週間などの短期〜長期までリゾートバイトならはたらくどっとこむ アプリリゾートがおすすめ

 ┗介護職求人サイト かいご畑 介護職の人気求人多数!

 ┗ハーバリウムの認定講師資格ならPBアカデミーの通信教育!ハーバリウム講座資料請求お気軽に

 ┗嵐山 太秦一帯 松尾大社 広隆寺と秦氏

 ┗丸山議員N国民党に入党 失言、経歴、ツイッター発言

 ┗青森県の名物 特産物・特産品、名産物・名産品、郷土料理ご紹介 お土産にも

スポンサーリンク


Copy right©2013

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定

All Right Reserved.