にぎやかな町中 短編小説

スポンサーリンク

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 >>ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪ >>にぎやかな町中 短編小説

にぎやかな町中 短編小説

クレープ屋、雑貨屋、たこ焼き屋、焼鳥屋、さまざまなお店が並ぶ路地を二つ、三つ抜けて歩き進めると人気の少ない路地をでる。そこにぽつりと小さな古本屋がそびえ立つ。

(女性アルバイト)「はぁ…う…ん…、もっと」

客が一人もいない店に女の声が響き渡る。胸元に唇を押し当てればピクリと身体が反応する。スカートの中に手をすべらせ、太ももを撫で回す。女の身体はもっともっとと求めてくる。俺も一応男、反応はする。キスを求めなられた。でもキスは無理。キスは本気で好きな奴とがいい。

そう思っていたとき…

客が入ってきた。アルバイトは慌てて身を隠した。

(唐戸咲良斗)「いらっしゃいませ」

(今井清実)「こんにちは狼店長さん」

バレてる。

唐戸咲良斗、俺の名前。30歳。20代で親父の本屋を受け継いだ。

特にやりたいこともなく、大学もうけず、高校卒業後、フリーターとしてふらふらしていた。女に困ったこともない。

モデルとしてスカウトされたこともあったが、まぁ楽じゃないことくらい分かる。今の生活で十分。

今井清実 本の発注のときにフルネームを知った。20代。まぁよくくる常連さん。俺の女癖も知っている。彼女には手は出してはいないが。

(唐戸咲良斗)「狼は酷いな、女の方から寄ってくるんだよ」

(今井清実)「いつか刺されますよ?ふふ」

彼女は俺の周りにいる女とは違う系統。一言で言えば清楚。簡単に触れてはいけない。そんな女だ。白いブラウスに淡いピンクのロングスカート。長いウエーブの髪は後ろで束ねていて、綺麗な鎖骨が見える。

(唐戸咲良斗)「あ、そうだ、清実さん、昨日新しく入ったのあるけどみる?」

(今井清実)「ミステリーですか?!それとも恋愛もの?!」

彼女は本当に本が好きだ。

(女性アルバイト)「時間なんでお先に失礼しまーす。」

何事もなかったかのように帰ろうとするアルバイトに彼女は

(今井清実)「ボタンかけ間違えていますよ」

(女性アルバイト)「え?!」

(今井清実)「ふふ、嘘です。でも声は控えめにね。まるぎこえだったので。」

彼女には何でもお見通し。そんな気がしてならない。

(今井清実)「ふらねこ」

その言葉に鼓動が速まった。

(今井清実)「これ!読みたかったの!あとこれも!ください。」

(唐戸咲良斗)「まいどありー」

彼女の笑顔はいつも嘘がない。作り物がない笑顔だ。俺は簡単に肌を重ねたがる女は嫌いだ、そんな女を受け入れる俺自身も。だから、今井清実。彼女には触れたくない。汚したくない。

なのに、彼女と意外なところで、出会った。

キャバクラ

(キャバ嬢1)「咲良斗さぁーん、最近会いに来てくれなかったから寂しかったぁ」

(唐戸咲良斗)「ごめんね、仕事忙しくてさぁ」

キャバクラ、嫌いじゃないが特別好きでもない。好きなのは…

(元一恭平)「今日もいいおっぱいしてるね〜!」

(キャバ嬢2)「やだぁもう、恭平くんってばーキャハハ」

元一恭平 高校のときの後輩。あのころは素直で可愛かったのに。今じゃただの変態だ。金髪にやたら多い数のピアス。もとホスト。今は美容師。

(元一恭平)「あれ〜?見ない顔のこがいる〜!しかもちょーきれい!」

(キャバ嬢2)「あー、キラサちゃん、半年くらい前に入ってきた子だよー」

キラサ…清実さん?!

(元一恭平)「キラサちゃん!はじめましてー、こっちきてよ〜」

(今井清実)「初めまして、よろしくお願いします。」

初めまして…初めて彼女は俺に嘘の笑顔を作った。ちっとも綺麗じゃない、作り笑顔を。

(唐戸咲良斗)「初めましてキラサちゃん」

スポンサーリンク

あれから数日後

(女性アルバイト)「てんちょ…う、ああ、激しい…」

跳ね上がる身体。快楽を求めるように背中にまわす腕。あれからずっとモヤモヤが消えない。なぜ彼女はあんなところであんな姿で…見たくなかった。あんなところで働いているなんて。

いくら女を抱いてもその場しのぎにすぎない。終わった後、むなしくなるだけ。分かっているのに…悪循環だ。

(女性アルバイト)「ああ!…てんちょ…」

(唐戸咲良斗)「うるさいよ」

胸元に唇をおしあて、指先で胸を攻め立てる。うるさい、うるさい。そんな声を求めてるわけじゃない。けれど本能は素直だ。頭と身体は別物。

数日後

久しぶりに彼女が店に来た。

(今井清実)「こんにちは」

(唐戸咲良斗)「こんにちは」

数分間静かな時間が流れた。

切り出したのは彼女からだった。

(今井清実)「何もきかないんですね」

何でそんな顔をするんだ…

(唐戸咲良斗)「聞いてほしいの?」

せつない、悲しい顔。

(今井清実)「私のこと興味ないんですね」

(唐戸咲良斗)「興味あったら何でも話してくれんの?」

(今井清実)「ふらねこ…あなたですよね?」

ペンネーム ふらねこ

俺は売れない小説家

(唐戸咲良斗)「そうだよ、ふらねこは俺だよ」

(今井清実)「やっぱり、二作目あれ、私のことですよね。あなたがみる私はあんな風に映るんですね」

微笑む彼女は偽りで覆われていた。

(唐戸咲良斗)「今の君は見たくない。俺が描きたい君は今の君じゃない」

(今井清実)「私はどこにでもいる女よ。清楚でもおしとやかでもない、きれいごと並べないで。」

始めてみる怒った顔。

(今井清実)「気がついたのはこの店のこと、お客さんのこと、本の魅力…あなたがこの店を愛していること。自覚無いみたいでしたけど伝わってきました。だから、すぐ分かったの。私を描くならすべてを描いて、私…借金背負ってるの。元彼の。それと、男性に抱かれていないと寂しくてたまらないの。あなたがわたしを満たしてくれますか?」

何度も触れたいと思った。何度もめちゃくちゃにしたいと思った。借金?そんなもん、俺が背負ってやる。男が必要なら俺が側にいてやる。彼女の手を引いてキスをした。

身体目当てじゃない。それを伝えたくて。彼女は静かに目を閉じた。抱きしめた身体は細く、そして柔らかかった。簡単には抱かない。

そう決めた。

彼女は特別だから。

それから彼女は頻繁に店に来るようになった。

俺は女バイトはみんな切った。清美は意外と嫉妬深かった。

(今井清実)「私以外に女は必要?物足りない?」

あんなことを言われるとは思わなかった…。

(男性アルバイト)「店長にやけてますよ?また彼女さんですか?美人ですもんね」

(唐戸咲良斗)「手出すなよ?触ったらその指全部折ってやる」

(男性アルバイト)「恐ろしいこと言わないでくださいよ…あ、噂をすれば」

(今井清実)「こんにちは…咲良斗さん、怖い顔してますよ?何かあったの?」

(唐戸咲良斗)「何もないよ…清実、またそんな服装して…胸見える!」

(今井清実)「いいじゃない、本当の私はこうゆう服装が好きなんだもん。それにそう簡単に胸見えないよ?」

そうゆう問題か?…スカートも短いし…誘ってるのか?

清実とはまだキスまでだ。正直我慢している。大切にしたいからだ。なのに、こっちのきもしらないで…。

スポンサーリンク

キャバクラ

(唐戸咲良斗)「キラサちゃん呼んで」

(ボーイ)「はい、少々お待ちくださいませ」

清実はモテる。だから、気になって時々見にくる。そうすると彼女は喜ぶし。

(客)「キラサちゃん〜きれいな脚してるよね〜。」

そう言って触りだした。ちょうど俺から見える角度にいる二人。

(唐戸咲良斗)「キラサちゃーん、こっち!こっち!」

(ボーイ)「お客様、申し訳ありませんが…」

どうみても清実嫌がってるだろうが!

(唐戸咲良斗)「お金ならいくらでも払う。早く連れてこい!」

(ボーイ)「は、はい!」

慌てて清実を連れてきた。

(今井清実)「ありがとう、咲良斗」

嘘のない笑顔だ。俺の好きな笑顔。

(唐戸咲良斗)「こうゆうことよくあるの?」

(今井清実)「うーん、仕事だから…」

(唐戸咲良斗)「あるんだな、辞めろよ。」

すると彼女は悲しい顔をした。

(今井清実)「簡単に言わないで!借金もまだあるのに…」

(唐戸咲良斗)「俺はここにいる清実は嫌い。キラサは嫌い。帰る」

(今井清実)「え?…」

その日の夜、清実から電話がきた。でもでる気になれなくてそのままにした。俺はある決意をした。

恭平に電話をかけた。

(元一恭平)「はいはーい」

(唐戸咲良斗)「お前にお願いがあるんだけど」

(元一恭平)「めっずらしいー。俺にできることなら何でもするよ〜。友のためならね〜」

ああ、お前だからできることだ。

日中はいつもどおり本屋で働いた。そして夜は毎日ある場所に行った。清実は本屋に来なくなった。それで終わるならそれまでの恋だと思う。

(男性アルバイト)「店長ずいぶん雰囲気変わりましたね」

(唐戸咲良斗)「そうか?」

(男性アルバイト)「チャラくなりましたね」

(唐戸咲良斗)「おいおい、もっといい言い方あるだろ」

(男性アルバイト)「髪型似合ってますよ」

(唐戸咲良斗)「はは、ありがとう」

あと、もう少し…もう少しの辛抱だ…

数日後

眠い…影が見えた、客が来た。

(唐戸咲良斗)「いらっしゃいませ」

(今井清実)「久しぶり…変わったね。他に女の人でもできた?」

清実…

(唐戸咲良斗)「会いたかった…こっちおいで」

そっと彼女は俺の側まで近寄った。俺は封筒を差し出した。不思議そうに封筒を見つめる彼女に

(唐戸咲良斗)「もう働く必要ない。次働くならここで働けばいい」

静かに彼女は封筒を受け取り中身を覗いた。

(今井清実)「お金?」

(唐戸咲良斗)「一千万入ってる。足りるだろ?」

(今井清実)「どうしたの?こんな大金!借りたの?」

(唐戸咲良斗)「稼いだ。自分の力で」

驚きを隠せない彼女。無理もないか…

(唐戸咲良斗)「ホストで稼いだ、前にキャバクラで一緒にいたやつ、あいつ元ホストで元トップ、そいつの紹介で働いたら一週間でトップになって思いのほか早く金がたまった。」

(今井清実)「なんで!そんな勝手なこと!」>

(唐戸咲良斗)「好きだからに決まってるだろ!ああいうの見たくないんだよ…」

(今井清実)「私だって見たくない!知りたくなかった!ホストなんて!」

(唐戸咲良斗)「安心しろ、もう辞めてるから、だから、清実も辞めてほしい」

(今井清実)「うん、辞める。だから、その髪型前に変えてね。似合いすぎてて嫌」

(唐戸咲良斗)「はは、わかったよ」

(今井清実)「それと、早く私を抱いて」

不安なのはお互い様か…

愛してる。

スポンサーリンク

■姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 MENU

姓名判断 画数で占う名前占いの基礎 五格

姓名判断 画数でみる名前の陰陽バランス

姓名判断 名前の画数の五行

姓名判断 名前占いでのひらがな、カタカナ、漢数字、ローマ字・アルファベットの画数の数え方

姓名判断 漢字の画数数え方 漢字の画数候補一覧

姓名判断 画数の意味 吉凶一覧

姓名判断 名前で相性占い 結婚、恋愛、カップル、友達、夫婦、子供、体の相性など

姓名判断 赤ちゃん、子供の名付けで避けたい凶の悪い名前、名付け方気を付けること

姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

財布で金運アップ・財運アップ 開運効果のいろは

 ┗金運アップ・財運アップする財布

 ┗金運アップの財布の使い方 実践編

パワーストーン・天然石で開運 金運・財運や恋愛運・結婚運、仕事運、健康運アップ

 ┗パワーストーン・天然石の選び方 オーリングテストのやり方

 ┗金運、財運アップに効果ある天然石パワーストーン、組み合わせ

恋愛・結婚コラム 恋活・婚活のお手伝い♪

 ┗愛され上手な女になるって?

 ┗結婚はないな…。と男性に思わせる女性の行動パターン

 ┗彼氏ができない、続かない、どうすれば?

 ┗職場の年下男性の恋の脈ありサインは?

 ┗彼氏ができないアラサーの本当の理由・意外な訳

 ┗気になる人、好きな人に好かれる方法

 ┗男性は女性のここを見ていた!恋する女性は美しくなる

 ┗恋愛ジンクス 彼氏ができる、両思い、復縁など幸せになれる恋のジンクス

 ┗結婚できるジンクス、プロポーズのジンクスなど結婚できる縁結び!

 ┗女性にモテる男はどんな人?モテない男がモテる男になるためにすること

 ┗男の幸せ、男性の幸せとは?

 ┗恋愛結婚、お見合い結婚メリット、デメリット。よくある失敗と後悔

 ┗彼氏が欲しい女子必見!彼氏ができない女の特徴、理由、共通点

 ┗彼氏欲しいけど彼氏いない30代40代女性が高率で彼氏ができる方法

 ┗自分はお見合い派?お見合い結婚のデメリット!離婚・別居、結婚で失敗・後悔しないために

 ┗男の本音

 ┗私の恋とファッション

 ┗本気の男性の見分け方!こんな人なら幸せにしてくれる

 ┗彼女ができない意外な男性の欠点

 ┗男性からのデートの誘い方。やっぱり直接が一番

 ┗男性の結婚相手の決め手 結婚相手と恋人との違い

 ┗婚活女性が語る結婚したいと思う男性、女性の結婚の決め手

 ┗marrish(マリッシュ) 素敵な結婚相手との出会い・婚活、恋人探しお手伝い

 ┗女性の婚活どうすれば?!〜成婚した人が教える5つの秘訣〜

 ┗安心・安全に婚活・恋活ならマッチングアプリ・サイト ペアーズ(Pairs)

美容コラム 綺麗のお手伝い♪

 ┗綺麗になりたい方必見!簡単に美肌になる方法!

 ┗モテる女性の特徴は何といっても色気と美肌

 ┗誰でも簡単にできる老けずに若さを維持できる美容法

 ┗女子力って何?男にもモテる20代女子力アップ方法、アイテム

 ┗美肌になるには?簡単綺麗、美肌になる方法!これでモテる美人女性

 ┗ニキビ跡の治し方 色素沈着、黒ずみ、赤みのおすすめ治療法

 ┗お肌のお悩み解決〜乾燥肌、油肌、ニキビ肌改善し美白肌へ

 ┗スキンケアとは?スキンケアの基本・基礎、やり方(方法)と順番

 ┗お肌の曲がり角の対策とスキンケア

 ┗自宅でできる続けられる無理しないダイエット運動。毎日の習慣で痩せる!

 ┗美容師がおすすめするトリートメント、トリートメントのやり方、使い方

 ┗20代の女磨き!綺麗になる方法、綺麗を保つ秘訣

 ┗美容師が勧めるシャンプーを選ぶ基準とは?年齢で変わるおすすめシャンプー

 ┗効果的なシミ消しクリーム・化粧品の選び方

 ┗洗顔と美白!おすすめ洗顔フォーム。市販のプチプラ洗顔フォームの効果は?

 ┗トリートメントとは?美容師がおすすめするトリートメント オッジィオット(oggiotto)、N、ディーセス ノイドゥーエ

ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪

 ┗甘酸っぱく

 ┗私色と君色

 ┗可愛い物にあなたと埋もれたい

 ┗詩にのせて

 ┗僕が俺に変わる瞬間

 ┗レンタルイケメン部

 ┗あなたの本音あばきます

 ┗愛ある温もりを

 ┗君が初めて泣いた日

 ┗愛を結ぶビル

 ┗不器用な恋

 ┗目立たない恋

 ┗俺が一番

 ┗恋の形

 ┗傷を持った愛

 ┗マニュアルどおりにならない恋

 ┗頑張れ母ちゃん 読み物

 ┗芸能人とみゃーこ

 ┗恋のカタチはそれぞれ 恋愛小説

 ┗そろそろ食べ頃 恋愛小説

 ┗不器用な人に恋をした

 ┗僕を受け入れてくれた彼氏

 ┗勇太と時宗

 ┗飯テロ

 ┗闇サイトバイト

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた2

 ┗ハシラさん〜地方の因習・風習 怖い話

 ┗自惚れと嫉妬 恋愛小説

 ┗約束 小説 読み物・物語

 ┗先輩後輩 恋愛小説

 ┗髪と喫茶店の恋 恋愛小説

 ┗芸能人の彼 恋愛小説

 ┗初恋の彼女 恋愛小説

 ┗ケーキの恋 恋愛小説

 ┗三つ編みの恋 恋愛小説

 ┗天使とたまご 日常小説

 ┗星のうた 恋愛小説

 ┗謎のラーメン屋〜ホラー小説・怖い話

 ┗×××町の幽霊トンネル〜〜ホラー小説・怖い話

 ┗死体を埋めに。間違えて殺してしまった女。

 ┗天秤を祀る神社〜ホラー小説・怖い話

 ┗霊感の強い友人〜ホラー小説・怖い話

 ┗ループ〜ホラー小説・怖い話

 ┗村の呪縛〜日常系小説

 ┗恋愛はお食事の後でもいいですか? 恋愛小説

 ┗メイク変えたらモテた 恋愛小説

 ┗冷たい告白 恋愛小説

 ┗幼なじみの二人 恋愛小説

 ┗不器用な俺の恋愛 恋愛小説

 ┗可愛くない私にあいつは恋してる 恋愛小説

 ┗思わぬ出会い 恋愛小説

 ┗数学と恋愛 恋愛小説

 ┗叶わなかった恋 恋愛小説

 ┗両手から溢れるほどの愛情 恋愛小説

 ┗恋した相手は芸能人 恋愛小説

 ┗いつでも一緒 恋愛小説

 ┗それぞれの思いを胸に

 ┗音楽を通して

 ┗どんな恋がお好きですか

 ┗ホストとルームメイト

 ┗可愛い私を受けとって

 ┗私の恋は不良君にささげます

 ┗訳あり喫茶店

 ┗出会いの喫茶店

 ┗恋に不器用な私

 ┗勇者と魔女の物語

 ┗幼馴染

 ┗気になる男の子

 ┗作家の恋

 ┗想い人は山田くん

 ┗地味な私でも恋したい

 ┗小さなキューピット

 ┗ヨシオ

 ┗転校生

 ┗自由

 ┗霊感少女と猫又

 ┗徒然日和

 ┗にぎやかな町中

 ┗美女の恩返し

 ┗勇者と魔王と人類の本気

 ┗僕の名前を呼ぶあなたが好き

 ┗一人花見

 ┗亀の話

子育てコラム♪

 ┗夢の中のともちゃん

 ┗おばけさんと僕

お金と仕事、自己啓発のコラム♪

 ┗職場のトラブルに効果的に対処する方法

 ┗新しい英語検定・CASEC受験で英語力診断!

 ┗はたらくどっとこむ 女性に人気の稼げる楽しいリゾートバイトがたくさん

 ┗1週間などの短期〜長期までリゾートバイトならはたらくどっとこむ アプリリゾートがおすすめ

 ┗介護職求人サイト かいご畑 介護職の人気求人多数!

 ┗ハーバリウムの認定講師資格ならPBアカデミーの通信教育!ハーバリウム講座資料請求お気軽に

 ┗嵐山 太秦一帯 松尾大社 広隆寺と秦氏

 ┗丸山議員N国民党に入党 失言、経歴、ツイッター発言

 ┗青森県の名物 特産物・特産品、名産物・名産品、郷土料理ご紹介 お土産にも

スポンサーリンク


Copy right©2013

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定

All Right Reserved.