死体を埋めに。間違えて殺してしまった女。〜ホラー小説・怖い話

スポンサーリンク

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 >>ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪ >>死体を埋めに。間違えて殺してしまった女。〜ホラー小説・怖い話

死体を埋めに。間違えて殺してしまった女。〜ホラー小説・怖い話

自分の行動が分からない。

何故、こんな事をしてしまったのだろうか?

俺は今、ブルーシートであるものを車のトランクの中に詰め込んで、山奥へと向かっている。

何度も、警察の検閲に合わないか怯えている。

もっとも、検閲に合ったとしても、せいぜい飲酒の調査か、スピード違反の罰金程度だろう。とてもトランクまで覗くとは思えない。けれども、途中、たまたまパトカーとすれ違う度に、俺は急速に心が縮こまる。

急いで閉店間近のホームセンターに行って、スコップや軍手などを一式、買ってきた。

もし、トランクの中にあるものが発見されれば、俺の人生は終わるだろう。

この女とは、一体、何故、破局してしまったのだろうか?

俺は彼女との経緯を振り返ってみる。

絶対に俺は悪くない。

この女を思わず、ガラスの灰皿で何度も何度も殴打してしまったのは、この俺ではなく、この女が悪い筈なのだ。

もう、山道に差し掛かっている。

なるべく人に見つかりたくない。この辺りに来ると、対向車線のヘッドライトの明かりを見るだけで内心震え上がっていく。

そして、俺はようやく、山奥深くへと入り込んでいた。

明日も会社だ。

けれども、どうせ熟睡出来ないだろう。……いっそ、インフルエンザを偽って、休もうか? いや、仕事に打ちこんでいた方が忘れられるかもしれない。

俺はひたすらに穴を掘っていた。幸い、土は柔らかい。先日、雨が降ったお陰だろう。ざくり、ざくり、と地面を掘り進める事は出来る。

ネットの知識で知っている。
浅く掘ると、野犬やカラスなどに漁られる、と。
そして、後は登山者などに発見される。

俺はとにかく、最悪の結末ばかりを考えていた。その結末は決して非現実的なものなんかではない。

いや、これはきっと夢なのだろう。そうに違いない。そうであって欲しい。

スポンサーリンク

俺は自宅に戻ると、何もかもを忘れる事にした。ああ、明日も仕事だ。…………。

そして、俺は日が明けると、何とかいつも通りに職場に向かった。何度かミスをして叱られた後に、疲れているのか? と、上司から言われた。そして、俺はその日は何とか仕事を終わらせて家へと帰る。

ぼんやりとしながら、TVを付けていた。

TVのニュースでは、芸能人が覚せい剤を使っていた事が判明して逮捕されたといった事が報道されていた。

俺はぼんやりと、その芸能人と自分自身を重ねる。けれども、たかが覚せい剤をやったくらいで社会的に死ぬのだろうか?

俺みたいなサラリーマンは社会的に死ぬのかもしれない。けれども、彼ら芸能人にとってはむしろ、名前を売るチャンスになってしまうんじゃないのか。
俺には分からない。

少なくとも、俺の行った事は、覚せい剤をやっていた事とは比べ物にならないくらいに重い、という事だ。殺人の罪は何年だろう?

十年? 十数年?

俺は刑務所にブチ込まれる事になる。今、三十代前半だ。出てくるのは、四十代後半くらいになるのだろうか。いっそ、自首してしまえば、罪は軽くなるのかもしれない。

俺はそんな事が頭の中で渦巻いていた。少なくとも、俺の人生は完全に終わってしまったのだ。

また、一晩悩んだ末に、俺は完全に殺人を隠ぺいする事を決意した。そう、昨日の夜にあの女を山の中に深く埋めた時から、俺は罪を告白する事を止めてしまったのだ。

そう……あの女が悪いのだ。俺を小馬鹿にして、上っ面ばかりで利用したあの女の方が、だ……。

ざわりっ、と、何か風の音が窓の辺りで鳴っていた。

ごん、ごん、と、物音がする。

俺は窓の方を見る。

枯れ葉のようなものが、窓に張り付いていた。

腐葉土の強烈な臭いが、鼻にこびり付いてくる。

気のせいか、気配を感じる。

俺は、アルコールを口にする事にした。

冷蔵庫の中には何本か冷えたビールが入っている筈だ。これを口にして、自分の思考を消し去ろうと思った。

そして、翌日も、何事も無かったかのように出社した。

その日は、余り、仕事でミスをしなかった。いつも通りに仕事を終えた。

書類を書いたり、営業に電話を掛けたりした。同僚とも、気楽な雑談に花を咲かせる事が出来た。

そして夕方になり、仕事が終わった。

スポンサーリンク

今日は残業は無かった。

俺は電車の中で、ぼうっと、昨日の夜の出来事を思い出していた。

窓に張り付いていた枯れ葉。あれは山の中に散らばっていたものだ。

きっと、自分の中で思い出したくない記憶が湧き上がってくるのだろう。俺はなるべく考えないようにした。

窓の外は見ない。決して見てはいけないのだ。俺は自分にそう言い聞かせるようにした。

夜の9時頃くらいだろうか。

ざわりっ、と、何かが玄関の向こう側を迂回していた。

確かに気配のようなものを感じる。一体、それが何なのかは分からない。何なのかは分からないが、確かに強い質量を持って、俺の家の前を徘徊しているのだ。

俺はそっと、玄関の外を覗き穴から覗いてみたくなる衝動に駆られる。幻聴であって欲しい。幻覚であって欲しい。そのような想念を頭の中に抱えていた。決して、そこに存在してはならないものがあるのだ。

俺は覗き穴を見る。

女だ。
あの女だ。

確かに、あの女が無表情な顔で立っている。

俺は腰を抜かした。

もう一度、覗き穴を見る。

誰もいない…………。

やはり、眼の錯覚だったのだろう。

ただ、どうしようもない程に腐葉土の臭いが鼻にこびり付いてきた。

俺はチェーンを外して、玄関を開ける。

周りを見渡す、やはり誰もいない。俺は一息付く。

やはり、俺は大丈夫だ。全ては幻だ。

俺はそうやって、一息付くようにした。

そして、二日、三日、一週間が経過していった。

仕事は順調になっていった。

いつものペースを取り戻している。俺を叱り付けながらも心配していた上司はほっと一息付いたみたいだった。

「田辺さん、少し前は体調が凄く悪そうだったね」
同僚もそんな温かい言葉を掛けてくれた。

スポンサーリンク

俺の人生は順調だ。これから先、どん底に陥る事は無い。確かに山の中へと埋めたのだ。二度とあの女が誰かの眼に晒されないように……。

思えば、あの女が俺に近寄ってきたのはいつ頃だろうか。そうだ、去年の今頃くらいだったと思う。

知り合ったのは、SNSだ。ネットの世界。

顔写真を晒していて、最初は、お、ちょっと可愛いな、と思ったくらいだった。そして、他愛の無いやり取りを重ねていった。

会いましょうか?って、なったのは、ネットで知り合ってから、半年以上経ってからだ。

記憶によれば、そうだ。三、四か月くらい前の事だった。

会ってから、すぐに次に会う日を二人で取り決めた。

それから、あの女が、複数の男と関係を持っていると発覚したのは、一ヶ月くらいが経過した頃だった。……正確な日付は上手く思い出せないが……。

ただ、ひたすらに長い時間が経過していたように思う。あの女を憎み続けている時間だ。

だから、あの夜、思い余って灰皿を手にしてしまったのは、きっと必然的な事なのだ。俺は悪く無い、あの女の方が悪いのだ。

俺はずっと自分にそう言い聞かせながら、山へと向かって死体を埋めて、それから平穏な日常を取り戻そうとしている。

警察にバレたら全てが終わる。俺の顔は日本中に報道されるだろう。親や親戚などもマスコミの餌食になる。

それだけは耐えられない。どうしても耐えられない。何とかして、乗り切らなければならないのだ。

あの日から、俺の思考はグルグルとループしている。平穏を取り戻そうと思っても、取り戻せない。時間を巻き戻そうと思っても、巻き戻せない。

そして、また夜になる。

夜になると、あの女の気配がする。

確かに俺のアパートの周りをうろついている。幽霊だろうか。それとも、俺の心が見せる恐怖心とか罪悪感なのだろうか。

分からない。

ただ、とにかく俺の心は確実に蝕まれていっている。安息の日々なんて無い。いっそ、警察に自首した方がどれだけ楽になれるのだろうか。そんな事ばかりを考えてしまっている。

人を殺してしまうと、普通の日常には決して戻れないのだなあ、と痛感した。

そう、平和だったあの日々が懐かしい。俺は刺激を求めて、出会いの多いSNSに登録を行ったのだ。その結果、今、こんな絶望的な生活を続けている。

仕事の無い休日の日程の方が、辛い。

ずっと、頭の中で、あの女の事がループしているからだ。そして、彼女の存在は強く俺に圧し掛かってくる。

以前は家の外にばかり気配を感じていたのだが、今ではこのアパートの中にまで彼女の存在を感じる。薄気味悪い程に、それは現実感を増しているのだ。

スポンサーリンク

台所。

台所から腐葉土の強い臭いを感じる。

食事を作っていると、ふいに冷蔵庫の中から何か薄気味悪い臭いを感じる。あの山の土の臭いだ。

それから、風呂場。

シャワーを浴びていると、ふいにあの女の気配を感じる。

水面、鏡に、殴打した顔の血塗れのあの女の存在を感じる。

後ろに強い気配を感じて振り返るが、誰もいない。けれども、確かにあの女は、俺の首を締め上げようとしていた事が分かる。

俺は次第にアルコールの量が増えていった。

そして、どうしても確かめたい事があった。

あの女は確かに死んだのだろうか? ちゃんと土の底に埋めた筈なのだが……。

俺は次の休日に、もう一度、あの山へと向かう事にした。

確かに埋めた筈なのだ。もしかすると、あの土の中から甦ってきたのかもしれない。そんな想いに取り付かれて仕方が無い……。

そして、一週間が経過した。休みの日になる。

俺は早朝に、車であの山へと向かった。

自分は何も悪くない、あの女が悪い。実際に、他にもあの女のせいで被害に合っている男性がいるのだ。だから、俺のやった事は正当に違いない。

SNSを開くと、彼女が突然、日記を書かなくなった事を不審に感じている者もいるみたいだった。

彼女と関係を持っていた男の一人が、彼女の悪口を大量に日記に書き込んでいるのも眼にした。

ざまあみろ、と俺は思った。自分のやった事は正しいのだ、と。

正しい…………、けれども、法律の前ではそんなものは関係無い。

俺は刑事ドラマを思い出す。

強面の刑事が俺の前に座って、俺を恫喝する。

そして、俺の顔は世間の前に晒される。

俺は嫌な考えばかりを頭の中によぎらせながら、何とか山の中へと辿り着いた。

心臓は激しく鳴り続けている、俺は確かに犯罪を犯したのだ。人を殺してしまったのだ。この罪はたとえ、警察にバレなかったとしても一生、残るものなのだ。

数時間後、あの場所へと辿り着いた。

確かに女の死体を埋めた場所だ。覚えている。木の形で覚えている。

一体、何処に埋めてしまったのだろうか?

俺は半ばパニックを起こし始めていた。

スポンサーリンク

埋めた場所を忘れてしまった……。正確な場所を……。

そりゃ、真夜中だったから、昼間の今とは違う。俺は途方に暮れてしまった……。

何か気配を感じる。人だろうか?

俺は辺りを見渡す。

木々の囀りから、何か声が聞こえてきた。

あの女の声に聞こえる。

木々の声と、あの女の声が入り混ざり、俺を嘲笑っているかのようだった。

俺の視界の横に、何者かが立っていた。

あの夜、あの女は、目立つ赤色の服を着ていたような気がする。そして、肩まで伸ばした茶色に染めた髪。

ちゃんと覚えている。赤い服を着た、あの女が、木の傍に立って、俺を睨み付けている。

俺は半ば半狂乱になって、スコップを女の立っている傍へと投げ付けた。スコップは見事に木に突き刺さる。我ながら運動神経が良いと思う。

良く見ると誰もいない。赤い服に見えていたのは、遠くに見える赤色の家だった。そう、遥か遠くに見える……。

俺はやはり、おかしくなっている。今日の処はもう、家に帰った方がいいのかもしれない。

俺は車まで戻る事にした。

途中、何者かが、俺の背後に視線を浴びせているような気がした。

きっと、気のせいだろう。罪悪感と未来への恐怖心から湧き出てくる幻覚に違いない。

そう、俺はきっと、どうしようもないくらいの小心者なのだ。

世界中にはとてつもない大胆な犯罪者は幾らでもいる。凶悪殺人を犯して時効を迎えた人間だっていくらでもいる。だから、彼らを見習うしかないのだ。

俺は幸せな人生を生きてやる。……心の中でそう誓っていた。あの女をこの山中に埋めた日から。

車に乗ってエンジンが掛からない。

車のフロントガラスをよく見てみる。……すると。

フロントガラスの一部に手形のようなものが見つかった。

俺は外に出て確かめてみる。手形に見えるだけで、ただの砂埃だ……。

俺は確実に病んでいっている。何もかも、気のせいなのだ。

家に帰って、シャワーを浴びよう。そして薬を飲もう。

この前は睡眠薬を買った。それで少しはよく眠れるようになった。

それから数時間掛けて、家へと戻った。

服を脱いで、シャワーを浴びる。

何か背後に気配のようなものを感じた。

俺はシャンプーをする為に眼を閉じる。

何者かの指先が、俺の首に触れようとする。

スポンサーリンク

俺は眼を開いて、後ろを見る。

……誰もいない。

バスタオルで身体を拭いて、服を着る。

とにかく寒気のようなものがした。俺は眼を開けながらシャンプーをして、シャワーを終わらせた。

部屋中に腐葉土のようなものが蔓延しているような気がした。

今はまだ初春だと言うのに、とにかく寒い。寒いのだ……、そして部屋の中に気配を感じる。

何者かが俺の家の中にいる。このアパートの中にだ。

俺はどうにかして、その気配から逃れたい。とてつもなく気味が悪い。

幽霊なんているのだろうか?

ただ、その気配は確かに強い恨みみたいなものを持って、俺に話し掛けてくるかのようだった。

そういえば、女を殴った灰皿はどうしたのだろうか。

俺は灰皿を咄嗟に押入れの中に放置していた筈だ。

俺は押入れを開いて、灰皿を見てみる。

すると……。

大量の血がこびり付いている……のと同時に、沢山の手形のようなものがこびり付いていた。

俺は思わず悲鳴を上げる。確かにいる。あの女はこのアパートの中に確かにいるのだ……。

除霊をして貰おうか?

いや、そうすれば俺の犯罪が明るみに出る。

警察に自首しようか?

でも、俺は人生を棒に振る事になる。

何もかも煮詰まっていた……。

俺はぼうっと、ふらふらと、アパートの部屋を抜け出す。

靴下をはかず、裸足で靴を履いていた。

このアパートは11階立てだ。俺が住んでいるのは四階。エレベーターの処まで歩く。11階まで上がる。

そして、11階に上がると、俺はぼうっと地面を眺めていた。

いっそ、此処から飛び降りてしまえば、楽になれるだろう。何もかも終わらせられるだろう。

……死後、俺は地獄に行くのだろうか? 人を殺した人間が天国に行けるとは思えない……。分からない、何も分からない。

後ろで、強い何者かの存在を感じる。

俺はとてつもない寒気に襲われていた。

とてつもなく気分が悪い。逃げ出したい。この人生から逃げ出したい。これ以上、生きていたくない。そんな感覚に襲われる。強く……襲われる。

気が付けば、俺は塀をよじ登っていた。

これで、俺は悩みを全て終わらせる事が出来る。全て、楽になる。

地面はコンクリートだ。まず助からない。

俺は塀をよじ登った。気が付けば翼が生えているみたいだった。身体も羽毛のように感じる。俺は飛び降りていた。

真っ逆さまに落下していく中、確かに俺を上から覗いている赤い服の女の姿が見えた。

スポンサーリンク

■姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 MENU

姓名判断 画数で占う名前占いの基礎 五格

姓名判断 画数でみる名前の陰陽バランス

姓名判断 名前の画数の五行

姓名判断 名前占いでのひらがな、カタカナ、漢数字、ローマ字・アルファベットの画数の数え方

姓名判断 漢字の画数数え方 漢字の画数候補一覧

姓名判断 画数の意味 吉凶一覧

姓名判断 名前で相性占い 結婚、恋愛、カップル、友達、夫婦、子供、体の相性など

姓名判断 赤ちゃん、子供の名付けで避けたい凶の悪い名前、名付け方気を付けること

姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

財布で金運アップ・財運アップ 開運効果のいろは

 ┗金運アップ・財運アップする財布

 ┗金運アップの財布の使い方 実践編

パワーストーン・天然石で開運 金運・財運や恋愛運・結婚運、仕事運、健康運アップ

 ┗パワーストーン・天然石の選び方 オーリングテストのやり方

 ┗金運、財運アップに効果ある天然石パワーストーン、組み合わせ

恋愛・結婚コラム 恋活・婚活のお手伝い♪

 ┗愛され上手な女になるって?

 ┗結婚はないな…。と男性に思わせる女性の行動パターン

 ┗彼氏ができない、続かない、どうすれば?

 ┗職場の年下男性の恋の脈ありサインは?

 ┗彼氏ができないアラサーの本当の理由・意外な訳

 ┗気になる人、好きな人に好かれる方法

 ┗男性は女性のここを見ていた!恋する女性は美しくなる

 ┗恋愛ジンクス 彼氏ができる、両思い、復縁など幸せになれる恋のジンクス

 ┗結婚できるジンクス、プロポーズのジンクスなど結婚できる縁結び!

 ┗女性にモテる男はどんな人?モテない男がモテる男になるためにすること

 ┗男の幸せ、男性の幸せとは?

 ┗恋愛結婚、お見合い結婚メリット、デメリット。よくある失敗と後悔

 ┗彼氏が欲しい女子必見!彼氏ができない女の特徴、理由、共通点

 ┗彼氏欲しいけど彼氏いない30代40代女性が高率で彼氏ができる方法

 ┗自分はお見合い派?お見合い結婚のデメリット!離婚・別居、結婚で失敗・後悔しないために

 ┗男の本音

 ┗私の恋とファッション

 ┗本気の男性の見分け方!こんな人なら幸せにしてくれる

 ┗彼女ができない意外な男性の欠点

 ┗男性からのデートの誘い方。やっぱり直接が一番

 ┗男性の結婚相手の決め手 結婚相手と恋人との違い

 ┗婚活女性が語る結婚したいと思う男性、女性の結婚の決め手

 ┗marrish(マリッシュ) 素敵な結婚相手との出会い・婚活、恋人探しお手伝い

 ┗女性の婚活どうすれば?!〜成婚した人が教える5つの秘訣〜

 ┗安心・安全に婚活・恋活ならマッチングアプリ・サイト ペアーズ(Pairs)

美容コラム 綺麗のお手伝い♪

 ┗綺麗になりたい方必見!簡単に美肌になる方法!

 ┗モテる女性の特徴は何といっても色気と美肌

 ┗誰でも簡単にできる老けずに若さを維持できる美容法

 ┗女子力って何?男にもモテる20代女子力アップ方法、アイテム

 ┗美肌になるには?簡単綺麗、美肌になる方法!これでモテる美人女性

 ┗ニキビ跡の治し方 色素沈着、黒ずみ、赤みのおすすめ治療法

 ┗お肌のお悩み解決〜乾燥肌、油肌、ニキビ肌改善し美白肌へ

 ┗スキンケアとは?スキンケアの基本・基礎、やり方(方法)と順番

 ┗お肌の曲がり角の対策とスキンケア

 ┗自宅でできる続けられる無理しないダイエット運動。毎日の習慣で痩せる!

 ┗美容師がおすすめするトリートメント、トリートメントのやり方、使い方

 ┗20代の女磨き!綺麗になる方法、綺麗を保つ秘訣

 ┗美容師が勧めるシャンプーを選ぶ基準とは?年齢で変わるおすすめシャンプー

 ┗効果的なシミ消しクリーム・化粧品の選び方

 ┗洗顔と美白!おすすめ洗顔フォーム。市販のプチプラ洗顔フォームの効果は?

 ┗トリートメントとは?美容師がおすすめするトリートメント オッジィオット(oggiotto)、N、ディーセス ノイドゥーエ

ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪

 ┗甘酸っぱく

 ┗私色と君色

 ┗可愛い物にあなたと埋もれたい

 ┗詩にのせて

 ┗僕が俺に変わる瞬間

 ┗レンタルイケメン部

 ┗あなたの本音あばきます

 ┗愛ある温もりを

 ┗君が初めて泣いた日

 ┗愛を結ぶビル

 ┗不器用な恋

 ┗目立たない恋

 ┗俺が一番

 ┗恋の形

 ┗傷を持った愛

 ┗マニュアルどおりにならない恋

 ┗頑張れ母ちゃん 読み物

 ┗芸能人とみゃーこ

 ┗恋のカタチはそれぞれ 恋愛小説

 ┗そろそろ食べ頃 恋愛小説

 ┗不器用な人に恋をした

 ┗僕を受け入れてくれた彼氏

 ┗勇太と時宗

 ┗飯テロ

 ┗闇サイトバイト

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた2

 ┗ハシラさん〜地方の因習・風習 怖い話

 ┗自惚れと嫉妬 恋愛小説

 ┗約束 小説 読み物・物語

 ┗先輩後輩 恋愛小説

 ┗髪と喫茶店の恋 恋愛小説

 ┗芸能人の彼 恋愛小説

 ┗初恋の彼女 恋愛小説

 ┗ケーキの恋 恋愛小説

 ┗三つ編みの恋 恋愛小説

 ┗天使とたまご 日常小説

 ┗星のうた 恋愛小説

 ┗謎のラーメン屋〜ホラー小説・怖い話

 ┗×××町の幽霊トンネル〜〜ホラー小説・怖い話

 ┗死体を埋めに。間違えて殺してしまった女。

 ┗天秤を祀る神社〜ホラー小説・怖い話

 ┗霊感の強い友人〜ホラー小説・怖い話

 ┗ループ〜ホラー小説・怖い話

子育てコラム♪

 ┗高齢出産のリスク〜高齢出産は怖い?

お金と仕事、自己啓発のコラム♪

 ┗職場のトラブルに効果的に対処する方法

 ┗新しい英語検定・CASEC受験で英語力診断!

 ┗はたらくどっとこむ 女性に人気の稼げる楽しいリゾートバイトがたくさん

 ┗1週間などの短期〜長期までリゾートバイトならはたらくどっとこむ アプリリゾートがおすすめ

 ┗介護職求人サイト かいご畑 介護職の人気求人多数!

 ┗ハーバリウムの認定講師資格ならPBアカデミーの通信教育!ハーバリウム講座資料請求お気軽に

 ┗嵐山 太秦一帯 松尾大社 広隆寺と秦氏

 ┗丸山議員N国民党に入党 失言、経歴、ツイッター発言

 ┗青森県の名物 特産物・特産品、名産物・名産品、郷土料理ご紹介 お土産にも

スポンサーリンク


Copy right©2013

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定

All Right Reserved.