歌と小説を乗せて 短編小説

スポンサーリンク

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 >>ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪ >>歌と小説を乗せて 短編小説

歌と小説を乗せて 短編小説

“待て、聡矢!行くな!俺を一人にしないでくれ!”

俺は聡矢に見捨てられた。人は信用できない。人は裏切る。だったら、一人で生きていく。

誰にも頼らない生き方をする。どんなに辛くても一人で乗り越えてみせる。

小林奈留希。小説家。そこそこ売れている。家でできる仕事。文章力もそこそこある。学生のころ真面目に勉強したかいがあった。

それにしても…そろそろ髪の毛がうっとうしい。ずっと部屋で小説に没頭していたから髪がボサボサだ。ヒゲも。

仕方ない。切りに行くか。

数時間後

(斉藤知也)「いらっしゃいませー待ってたよ」

(小林奈留希)「久しぶり知也」

斉藤知也。高校の同級生。今は美容師。サービスしてくれるから切るときはここ。

(斉藤知也)「ずいぶんここまで伸ばしたな、どんな感じにする?パーマとかかけてみる?染めてみる?」

(小林奈留希)「面倒だからおまかせで」

(斉藤知也)「かしこまりましたー。格好よくしてやるよー」

美容師だけあって知也は格好いいな。ゆるふわパーマにベージュの髪。

(斉藤知也)「奈留希、髪サラサラだな、いたんでないし、羨ましい。気分転換にガラッと変えちゃいましょう!パーマもかけちゃおうーっと」

パサ…パサ…

二時間半後

(斉藤知也)「はい、お疲れ様でしたー。」

…お任せしたの失敗したかも…。俺はホストか…?

ヒゲも綺麗に剃られて。

一番なりたくない人種。

まぁまた家に引きこもるだろうし気にしなくてもいいか…。

(小林奈留希)「ありがとう。」

(斉藤知也)「どういたしまして!あ、これトリートメントのサンプル。よかったら使ってみて。」

サンプルを受け取って、美容院を出て家に帰ろうとしたとき、

(三村七海)「奈留希くん?…」

黒髪の巻髪に白のブラウス、淡いピンクのロングスカートの女性が声をかけてきた。

(小林奈留希)「七海ちゃん?…」

来夜聡矢の彼女の三村七海。

(三村七海)「違う人かと思った!ふふ、人違いじゃなくて良かった」

笑い方、学生のころと変わらない。

(小林奈留希)「聡矢どうしてる?」

(三村七海)「記憶がね、あいまいなの…」

来夜聡矢。俺の親友…。唯一、心を許した親友だった。でも、俺の目の前で赤信号の道路の中に吸い込まれるように飛び込んだ。意識不明になって…。

何より俺はおいて行かれたことに絶望を感じた。

(三村七海)「奈留希くんも様子見に来てよ。きっと喜ぶと思うから!」

俺は許せないんだ。聡矢を。俺を捨てたことを。

(小林奈留希)「行けない、あいつは俺を捨てたんだ」

(三村七海)「奈留希くん…そっか、じゃぁ気が向いたらいつでも連絡して?これ名刺」

そう言って彼女はゆっくりこの場を離れていった。

スポンサーリンク

気がつけば辺りは暗くなっていた。その時、一人の女の子が路地で歌っているのに気がついた。まだ十代だろうか。透き通った歌声に脚が止まった。彼女の歌詞に耳をすました。

“私はいつもひとり。そうだれの目にも止まらない。でもそれでいいの。それが私なのだから透明になって空に溶け込むの。
だれか吸う空気になるの。
私はいつもひとりそう、誰も私を求めはしない。
でもそれでいいの。充分幸せだから。
愛してなんてわがまま私は言わない。
側にいてなんて私は言わない。
ただ少しだけ視界に私を映してくれればいいの。いずれ私は空に溶け込んでしまうのだから。”

俺は彼女の歌声と歌詞に興味を持った。

帰宅した後も歌が頭から離れなくなってノートにペンを走らせていた。彼女のことを書いていた。家から出るのを嫌う俺がその日から毎日のように同じ時間に同じ場所に行くようになった。彼女はやはり、俺を引きつける何かをもっていた。

帰宅後

またペンを走らせた。

そんなある日思いもしないことがおこった。

(男)「ねぇ、おじょうちゃん、お金ほしいんでしょ?二万円あげるからおじさんと遊ぼ?」

にやにやときしょく悪い顔で彼女の手を握った。

(細川美沙)「気持ち悪い手で触るんじゃねーよ!」

冷たい目でまっすぐ男に向けた言葉。

(男)「調子に乗るな!大した歌も歌えないくせに、どうせ金がほしいんだろう?二万円やるって言ってんだよ!」

(小林奈留希)「じゃぁ俺は五万払う。」

そう言って財布から五万を取り出し見せつけた。

(男)「?!もういい!こんな女、金払う払う価値もねぇ!」

(小林奈留希)「はい、五万円、歌続けて、それが俺の希望」

(細川美沙)「歌の後、ホテル行くの?」

(小林奈留希)「五万円はやる。でも、ホテルは行かない、飯でも行く?」

びっくりした顔をした後、微笑んで

(細川美沙)「うん、ご飯食べる」と言った。

ファミレス

グラタンをフーフーしながらゆっくり口に運ぶ彼女。まるで子供。いや子供か。

(小林奈留希)「君、高校生?」

(細川美沙)「よく間違えられるけど私、二十歳よ」

…驚いた。

(小林奈留希)「ふだんなにしてるんだ?」

(細川美沙)「フリーター、昼はね。夜はいつもそこで歌ってる。趣味でね。おにーさんは」

(小林奈留希)「俺は作家、今、君のこと書いてる。もっと君のこと知りたい、またこうやって会っても良いか?」

(細川美沙)「私、細川美沙。さっきも言ったけど、二十歳、バイトはパン屋で働いてるの。本名は使わないでね。私もあなたが知りたい」

俺は一人で良いと思っていた。

一人は気楽でいい。傷つけることも傷つけられることもないから。なのに…細川美沙。彼女には惹かれるものがある。

昼は小説に没頭し、夜は彼女の歌に夢中になった。

日数を重ねることに彼女は俺を奈留希と呼ぶようになり、俺も彼女を美沙と呼ぶようになった。

ある日、美沙は帽子を深くかぶり、ギターを弾き歌っていた。

何か違和感を感じた。

俺は彼女が歌い終わるまで待った。歌い終わった後、ファミレスに誘った。

スポンサーリンク

ファミレスの中

(小林奈留希)「何かあっただろ?どうした?」

(細川美沙)「大丈夫、大したことじゃないから」

俺はそっと彼女の頬に手を添えた。

(小林奈留希)「このあざどうした」

(細川美沙)「転んだ」

(小林奈留希)「美沙」

まっすぐ彼女を見つめた。彼女の瞳は揺れた。そして困ったように眉を下げ

(細川美沙)「彼氏に殴られた。奈留希とのこと彼氏の友達が見かけたみたいで、勘違いして。私が悪い」

それ俺が悪いだろ…

(小林奈留希)「彼氏、今から呼んで、弁解する」

(細川美沙)「え?…でも」

(小林奈留希)「いいから、電話して」

彼女は渋々電話して呼び出した。

一時間後

気だるそうにこっちにあるいてきた

(彼氏)「話ってなに?」

(細川美沙)「隣にいる女誰?」

彼氏の腕に腕を絡ませ、べったりくっついている女。

(彼氏)「彼女」

(細川美沙)「浮気してたの?」

(彼氏)「逆、お前は浮気相手。お前みたいの本気になるわけないだろ」

美沙の手は震えていた。怒りで?それとも悲しくて?俺はそっと彼女の手を自分の手で覆った。ピクッと手が動いて涙目が俺を映した。

(小林奈留希)「小さい男だな、美沙の魅力を全然分かってない、だからそんな頭の悪そうな女としかつき合えないんだよ。このくずが。」

(彼氏)「はぁ?いま、何言った!?おい!」

(細川美沙)「やめて!この人は関係ない!」

彼女は必死で胸ぐらをつかんだ手を離そうと手をかける。彼氏はそんな彼女を脚を使ってお腹めがけて蹴り飛ばした。

ガシャン

テーブルがひっくり返り、周りがざわつき、彼女の手からはガラスの破片が刺さり血が流れていた。彼氏と女はそれを見て逃げるように姿を消した。

(店員)「お客様、大丈夫ですか?!」

(小林奈留希)「美沙!」

彼女の側に駆け寄った。手から大量の血が流れてる…。

(小林奈留希)「美沙!美沙!」

(細川美沙)「奈留希、落ち着いて大丈夫だから、ね?少し切れただけ」

おれのせいだ…やっぱり俺は人と関わってはいけないんだ…。人を大切な人を傷つけてしまう。

彼女を病院まで運んだ。そして…彼女が歌う路地には行かなくなった。

スポンサーリンク

1ヶ月後

髪また伸びてきたな。切りに行くか…。電話をして予約を入れた。

(斉藤知也)「いらっしゃいませー。奈留希、1ヶ月ぶり〜」

(小林奈留希)「この前より爽やかに、あれじゃぁホストだ」

(斉藤知也)「あはは、やっぱり?あれわざとだから、また来てくれるように長めにしたの。奈留希全然会ってくれないからさ〜」

わざとか。まぁ思ってたより安かったからサービスしてくれたんだな。あと、あの過去を知ってるから知也なりに心配してくれてるんだろう。

2時間後

(斉藤知也)「お疲れ様でしたー。今回は爽やかにしましたよー。」

サイドに剃りが入っていてトップは軽くパーマがかかっていた。色は茶髪。…きょくたんだ。爽やかって言うんだろうか。

(小林奈留希)「また来るよ」

(斉藤知也)「おう!剃りはすぐ延びるから早めに来てねー。ありがとうございましたー。」

これもまた、知也の作戦か。

美容院のカードをしまおうとしたとき、七海ちゃんの名詞が目にはいた。聡矢…。お前は俺をどう思っていたんだ。俺は…お前が…聡矢が必要だった。

財布から名刺を抜き取った。

施設

(三村七海)「奈留希くん、こっちこっち!」

(小林奈留希)「突然ごめんな」

(三村七海)「ううん!聡矢もきっと喜ぶわ!」

部屋まで案内された。

(三村七海)「ベットの上だけど今起きてるから話しかけてあげて」

こくりとうなずいた。

部屋に入った。

(小林奈留希)「聡矢」

そう言ってしきりのカーテンを開けた。

(来夜聡矢)「奈留希…?何だよ、その髪型!先生に叱られるぞ!俺たちもうすぐ卒業だろ?奈留希は本当に面白いな!」

何言っているんだ。卒業って何年前の話してるんだよ!

(小林奈留希)「お前は俺を残して死のうとしたんだよ!何で…何で忘れてるんだよ!」

(来夜聡矢)「どうした?お前、今日変だぞ?」

やせ細った身体に点滴。でも笑顔だ。

(小林奈留希)「お前はもう俺がいなくても大丈夫なんだな」

(来夜聡矢)「何言ってるんだよ?」

(小林奈留希)「七海ちゃんと一緒で幸せか?」

すると照れたように

(来夜聡矢)「ああ、卒業したら結婚するよ」

(小林奈留希)「そっか、幸せにな」

俺は何に縛られていたのだろう。聡矢に裏切られた。そう思うことで自分を保っていた。

でも、本当は違った。自分を正当化したかっただけだ。そう思ったら彼女に会いたくなった。

もう1ヶ月も会っていない。俺のこと何とも思っていないかもしれない。それでも、あの声を、歌声を聞きたい。体中で感じたい。

スポンサーリンク

夕方

路地

俺は走った。彼女に早く会いたい。ギターを手に歌っている美沙。

“いつの間にか当たり前になっていた日常が急に壊れた。あなたにもう一度会いたい。どうして急に私の側から離れていったの?会えないのは辛いの。もうあなたがいない日常なんて周りがくもって見えるわ。
涙がこぼれて止まらない。どうして私の手を握ってくれないの?私はずっと待っていたのに。
あなたの温もりを求めているのに。
他に愛する人がいるのならはっきりこの目に映してこの耳に届けてから去っていって。
会いたい。会いたい。
その気持ちで涙が溢れるの。
私にはあなたが必要なの”

彼女が歌い終わった後、ゆっくり顔を上げて俺を見て驚いてから涙をこぼした。

(細川美沙)「…奈留希!会いたかった!」

そう言ってギターを放り投げて抱きついてきた。

(小林奈留希)「ギターは放り投げたら駄目だろ?」

愛しい、会いたい。

(細川美沙)「どうして1ヶ月も来てくれなかったの!」

(小林奈留希)「美沙、落ち着いて全部話すから。」

ファミレスでここ1ヶ月のことを全て話した。聡矢のことも。

そしたら、彼女は意外な言葉を話った。

(細川美沙)「奈留希は馬鹿よ、今、聡矢さんは生きてるじゃない。生きてるじゃない、生きてる限り、出来ることは山ほどあるわ、私なら歌うことだったり歌詞だったり、奈留希なら、小説だったり。どんな形でもいいの。この意味奈留希ならわかるよね?」

俺は美沙の目の前で涙を流しながらこくりと大きくうなずいた。>

彼女はわしゃわしゃと俺の頭を撫でた。

二年後

(奈留希)「美沙!荷物は俺が持つって!」

(美沙)「ふふ、このくらい大丈夫よ」

(奈留希)「ああ!美沙!靴はこれ!それは駄目!」

(美沙)「もう、このくらいの高さじゃころばないよ?」

(奈留希)「危ないから駄目!」

車で施設に向かった。

(奈留希)「聡矢」

(来夜聡矢)「おう!奈留希!美沙ちゃんも久しぶり!」

(美沙)「久しぶりです。聡矢さん」

にっこり微笑む美沙。

(来夜聡矢)「奈留希ー。後編読んだぞ。俺あんなに性格悪くないぞ!」

高校時代と現在のことを小説にし、本を出した。それを読んだ聡矢は不思議なことに徐々に記憶が戻っていった。医者も驚いていた。でもまだ完全ではなく、不安定ではあるから施設からまだ出られない。

(来夜聡矢)「美沙ちゃん!こっちこっちきて!お腹触っていい?」

(美沙)「ふふ、いいですよ」

そう言って彼女は聡矢の側までゆっくり距離を縮めた。そっとお腹に手を当てる。

(来夜聡矢)「あ、蹴った!」

(美沙)「ふふ、とっても元気なんです。夜もよく蹴るんですよ?」

(来夜聡矢)「早く生まれないかなぁ」

(奈留希)「言っとくけどお前の子じゃないからな」

(来夜聡矢)「生まれたら一番に連れてきてね!」

(美沙)「ふふ、はい」

(奈留希)「こら、美沙も無理な約束はするな、一番は俺!」

(美沙)「分かってるってば、もう、パパになるんだから落ちついてよ」

困ったように笑った。

パパってどうしたらいいんだ?

でも愛情は沢山そそいであげたい。

スポンサーリンク

■姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定 MENU

姓名判断 画数で占う名前占いの基礎 五格

姓名判断 画数でみる名前の陰陽バランス

姓名判断 名前の画数の五行

姓名判断 名前占いでのひらがな、カタカナ、漢数字、ローマ字・アルファベットの画数の数え方

姓名判断 漢字の画数数え方 漢字の画数候補一覧

姓名判断 画数の意味 吉凶一覧

姓名判断 名前で相性占い 結婚、恋愛、カップル、友達、夫婦、子供、体の相性など

姓名判断 赤ちゃん、子供の名付けで避けたい凶の悪い名前、名付け方気を付けること

姓名判断 金運・財運占い 金運・財運の良い画数

財布で金運アップ・財運アップ 開運効果のいろは

 ┗金運アップ・財運アップする財布

 ┗金運アップの財布の使い方 実践編

パワーストーン・天然石で開運 金運・財運や恋愛運・結婚運、仕事運、健康運アップ

 ┗パワーストーン・天然石の選び方 オーリングテストのやり方

 ┗金運、財運アップに効果ある天然石パワーストーン、組み合わせ

恋愛・結婚コラム 恋活・婚活のお手伝い♪

 ┗愛され上手な女になるって?

 ┗結婚はないな…。と男性に思わせる女性の行動パターン

 ┗彼氏ができない、続かない、どうすれば?

 ┗職場の年下男性の恋の脈ありサインは?

 ┗彼氏ができないアラサーの本当の理由・意外な訳

 ┗気になる人、好きな人に好かれる方法

 ┗男性は女性のここを見ていた!恋する女性は美しくなる

 ┗恋愛ジンクス 彼氏ができる、両思い、復縁など幸せになれる恋のジンクス

 ┗結婚できるジンクス、プロポーズのジンクスなど結婚できる縁結び!

 ┗女性にモテる男はどんな人?モテない男がモテる男になるためにすること

 ┗男の幸せ、男性の幸せとは?

 ┗恋愛結婚、お見合い結婚メリット、デメリット。よくある失敗と後悔

 ┗彼氏が欲しい女子必見!彼氏ができない女の特徴、理由、共通点

 ┗彼氏欲しいけど彼氏いない30代40代女性が高率で彼氏ができる方法

 ┗自分はお見合い派?お見合い結婚のデメリット!離婚・別居、結婚で失敗・後悔しないために

 ┗男の本音

 ┗私の恋とファッション

 ┗本気の男性の見分け方!こんな人なら幸せにしてくれる

 ┗彼女ができない意外な男性の欠点

 ┗男性からのデートの誘い方。やっぱり直接が一番

 ┗男性の結婚相手の決め手 結婚相手と恋人との違い

 ┗婚活女性が語る結婚したいと思う男性、女性の結婚の決め手

 ┗marrish(マリッシュ) 素敵な結婚相手との出会い・婚活、恋人探しお手伝い

 ┗女性の婚活どうすれば?!〜成婚した人が教える5つの秘訣〜

 ┗安心・安全に婚活・恋活ならマッチングアプリ・サイト ペアーズ(Pairs)

美容コラム 綺麗のお手伝い♪

 ┗綺麗になりたい方必見!簡単に美肌になる方法!

 ┗モテる女性の特徴は何といっても色気と美肌

 ┗誰でも簡単にできる老けずに若さを維持できる美容法

 ┗女子力って何?男にもモテる20代女子力アップ方法、アイテム

 ┗美肌になるには?簡単綺麗、美肌になる方法!これでモテる美人女性

 ┗ニキビ跡の治し方 色素沈着、黒ずみ、赤みのおすすめ治療法

 ┗お肌のお悩み解決〜乾燥肌、油肌、ニキビ肌改善し美白肌へ

 ┗スキンケアとは?スキンケアの基本・基礎、やり方(方法)と順番

 ┗お肌の曲がり角の対策とスキンケア

 ┗自宅でできる続けられる無理しないダイエット運動。毎日の習慣で痩せる!

 ┗美容師がおすすめするトリートメント、トリートメントのやり方、使い方

 ┗20代の女磨き!綺麗になる方法、綺麗を保つ秘訣

 ┗美容師が勧めるシャンプーを選ぶ基準とは?年齢で変わるおすすめシャンプー

 ┗効果的なシミ消しクリーム・化粧品の選び方

 ┗洗顔と美白!おすすめ洗顔フォーム。市販のプチプラ洗顔フォームの効果は?

 ┗トリートメントとは?美容師がおすすめするトリートメント オッジィオット(oggiotto)、N、ディーセス ノイドゥーエ

ネット、スマホで読める無料WEB小説 恋愛小説、短編小説、物語など読み物いろいろ♪

 ┗甘酸っぱく

 ┗私色と君色

 ┗可愛い物にあなたと埋もれたい

 ┗詩にのせて

 ┗僕が俺に変わる瞬間

 ┗レンタルイケメン部

 ┗あなたの本音あばきます

 ┗愛ある温もりを

 ┗君が初めて泣いた日

 ┗愛を結ぶビル

 ┗不器用な恋

 ┗目立たない恋

 ┗俺が一番

 ┗恋の形

 ┗傷を持った愛

 ┗マニュアルどおりにならない恋

 ┗頑張れ母ちゃん 読み物

 ┗芸能人とみゃーこ

 ┗恋のカタチはそれぞれ 恋愛小説

 ┗そろそろ食べ頃 恋愛小説

 ┗不器用な人に恋をした

 ┗僕を受け入れてくれた彼氏

 ┗勇太と時宗

 ┗飯テロ

 ┗闇サイトバイト

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた

 ┗不器用な私に恋が舞い降りた2

 ┗ハシラさん〜地方の因習・風習 怖い話

 ┗自惚れと嫉妬 恋愛小説

 ┗約束 小説 読み物・物語

 ┗先輩後輩 恋愛小説

 ┗髪と喫茶店の恋 恋愛小説

 ┗芸能人の彼 恋愛小説

 ┗初恋の彼女 恋愛小説

 ┗ケーキの恋 恋愛小説

 ┗三つ編みの恋 恋愛小説

 ┗天使とたまご 日常小説

 ┗星のうた 恋愛小説

 ┗謎のラーメン屋〜ホラー小説・怖い話

 ┗×××町の幽霊トンネル〜〜ホラー小説・怖い話

 ┗死体を埋めに。間違えて殺してしまった女。

 ┗天秤を祀る神社〜ホラー小説・怖い話

 ┗霊感の強い友人〜ホラー小説・怖い話

 ┗ループ〜ホラー小説・怖い話

 ┗村の呪縛〜日常系小説

 ┗恋愛はお食事の後でもいいですか? 恋愛小説

 ┗メイク変えたらモテた 恋愛小説

 ┗冷たい告白 恋愛小説

 ┗幼なじみの二人 恋愛小説

 ┗不器用な俺の恋愛 恋愛小説

 ┗可愛くない私にあいつは恋してる 恋愛小説

 ┗思わぬ出会い 恋愛小説

 ┗数学と恋愛 恋愛小説

 ┗叶わなかった恋 恋愛小説

 ┗両手から溢れるほどの愛情 恋愛小説

 ┗恋した相手は芸能人 恋愛小説

 ┗いつでも一緒 恋愛小説

 ┗それぞれの思いを胸に

 ┗音楽を通して

 ┗どんな恋がお好きですか

 ┗ホストとルームメイト

 ┗可愛い私を受けとって

 ┗私の恋は不良君にささげます

 ┗訳あり喫茶店

 ┗出会いの喫茶店

 ┗恋に不器用な私

 ┗勇者と魔女の物語

 ┗幼馴染

 ┗気になる男の子

 ┗作家の恋

 ┗想い人は山田くん

 ┗地味な私でも恋したい

 ┗小さなキューピット

 ┗ヨシオ

 ┗転校生

 ┗自由

 ┗霊感少女と猫又

 ┗徒然日和

 ┗にぎやかな町中

 ┗美女の恩返し

 ┗勇者と魔王と人類の本気

 ┗僕の名前を呼ぶあなたが好き

 ┗一人花見

 ┗亀の話

子育てコラム♪

 ┗夢の中のともちゃん

 ┗おばけさんと僕

お金と仕事、自己啓発のコラム♪

 ┗職場のトラブルに効果的に対処する方法

 ┗新しい英語検定・CASEC受験で英語力診断!

 ┗はたらくどっとこむ 女性に人気の稼げる楽しいリゾートバイトがたくさん

 ┗1週間などの短期〜長期までリゾートバイトならはたらくどっとこむ アプリリゾートがおすすめ

 ┗介護職求人サイト かいご畑 介護職の人気求人多数!

 ┗ハーバリウムの認定講師資格ならPBアカデミーの通信教育!ハーバリウム講座資料請求お気軽に

 ┗嵐山 太秦一帯 松尾大社 広隆寺と秦氏

 ┗丸山議員N国民党に入党 失言、経歴、ツイッター発言

 ┗青森県の名物 特産物・特産品、名産物・名産品、郷土料理ご紹介 お土産にも

スポンサーリンク


Copy right©2013

姓名判断 名前の画数で運勢占い・運勢鑑定

All Right Reserved.